<$OGP$>

2006年09月27日

香港 マカオ(澳門)日帰り潜入記 part33

またまた、週末にマカオに行くことになった。毎週のようにマカオに進入している。しかし、今回は日中に行くことになった。いままで何回となくマカオに突入しているが、昼間訪れるのははじめてだ。

あやしい旅行社10時にマカオフェリー乗り場クリス&ジョンと待ち合わせをしたが、金曜日朝7時半まで飲んでいたというクリスは、当然、寝坊だ。電話をすると家で寝ていた。10時35分のフェリーのチケットを購入していたが、クリスが二日酔いで真っ青な顔をしてあらわれたのは10時45分すぎだった。その間、ジョンと、マカオフェリーチケット売場の周りにある。あやしい旅行社の撮影に成功した。

呼び込みのおじさんがいるので、コッソリ撮影した。

怪しげな広告しかし、「マッサージ+ ほんばん」の看板には笑ってしまった。ジョンになんでおかしいのかと聞かれて、英語で説明するのもばかばかしかった。しかし、2人の日本人のおじさんが、真剣な顔をして客引にいろいろ質問している姿も滑稽だった。。

 

 

ターボジェットチケットそれはともかく、クリス&ジョンと10時35分のフェリーチケットを持って強引にフェリー乗り場にむかった。週末はどの船も満席なので、一瞬まずいかと思ったが、なんとかどさくさにまぎれて11時のフェリーに乗船することができた。⇒ターボジェット詳細

乗船する直前に、チケットに赤いシールのようなものを貼られるがこれが、船内の座席番号だ。

e-Channelところで、2006年9月12日からちょっと、スマートIDカードを所有していると出入国が便利になった。e-Channel』というサービスが始った。香港出入国の際に、用紙に記入しなくても、専用の出入り口にIDカードを通して、指紋を機械にかざすだけだ。週末などはマカオの出入国は観光客で非常に混雑しているが、これなら、並ばなくてすぐにイミグレーションを通過できる。

天気が、悪く船が相当揺れた。1時間でマカオに到着すると、お決まりのポルトガルレストラン『フェルナンドス』にタクシーで向った。タクシーのオヤジは、英語がまったく通じなかったのでジョンが中国語で場所を説明してやっと出発だ。マカオタクシー詳細

このタクシーのおやじよく見ると、相当なジジィだ。制限速度以下の40k前後でとろとろ走っている。しかも、2車線の道路の真ん中を!!しかも遠回りしていつもと違う橋を渡っている。むかついたので、蹴りをいれようかと思ったが、アクセルを踏む足が震えている。。。完全にモウロクしているようだ。あまりプレッシャーをかけて、心臓麻痺で死なれた困るので止めておいた。

マカオの海クリス&ジョンも乗車中は黙っていたが、下車したとたんに、日本語で「おじ〜〜いさん ノーグッド!too slow ! 馬鹿やろ〜」と叫んでいた。まだ私が料金を支払っているのに、

なんとか『フェルナンド』に到着した。右手をみると海がひろがっているではないか、しかし、天気が悪く、水も汚くにごっていて景色も最悪だった。天気のいい日の夕方は綺麗らしい。。

丸焼きの豚店先のバー夜も行列の店だが、昼も行列だった。脇のバーでサングリアを飲みながら、順番が来るのをまった。

暇だったので厨房に忍び込み、豚の丸焼きを撮影してきた。結構グロテスクだ。

料理はいつものを注文したので前回を参考にしてほしい。。詳細⇒こちら

フェルナンデス 入口ポルトガル料理『フェルナンド』RESTAURANTE FERNANDO
電話番号 882264 予約不可
営業時間 12:00−21:30
Praia de Hac Sa No.9 Coioane, Macau
澳門路環黒沙海灘9號



2006年09月26日

香港 ライブハウス『Mr.Moonlight』  銅鑼灣3

Henry Houseビル香港マスターのCCMさんの、紹介で、銅鑼灣にあるライブハウス『Mr.Moonlight』に行った。MTRの銅鑼灣駅のF出口からすぐの、恩平道(Yun Ping Rd.)を左折して50MほどのところにあるHenry House(亨利中心)というビルの12Fだ。

 

 

Mr.Moonlight 入口ライブ演奏比較的綺麗な新しいビルだが、店内はオールディな感じだ。ビートルズのナンバーだけを流していたいたらしいが、最近では、いろいろレパートリーを増やしているようだ。

 

月1回、ライブも開催されており、行った日がまさにライブの日だった。

9時ころに入店したが、席はすでに満杯だった。かなり年配の人で一杯だ。なかなかオールディで雰囲気のいい店だ。店長自ら演奏もしている。 時々 香港マスターのCCMさんも演奏に参加しているらしい。笑福亭鶴べい直伝の落語はまだ披露していないようだが、、、

ライブは1時間おきくらいに3回開催されていた。お客はほとんど身内のような感じだが、異様に盛り上がっている人もいる。8時から深夜2時までの営業だが、最初から通しで来店している人がほとんどだ。

エルビス石川さん途中からは、エルビス石川さん(写真左中央)という、エルビスプレスリーの曲をそっくりに歌うひとが出てきて、店はがぜん盛り上がってきた。どの国にも必ず一人はいるものだ。。

タイムスリップしたい人にはお薦めの店だ。。。バンドのボーカルの人がなんとなく、堺正章に似ていた。

今日のマイタンは 男は300HKドル(約4500円) 女は200HKドル(約3,000円)
月1回のライブ開催日は上記の料金で飲み放題だ。簡単なお通しがでるが、食事はない。。

ライブハウス『Mr.Moonlight』2881-0199
12/F, Henry House, 40-42 Yun Ping Road, Causeway Bay, HK
香港銅鑼湾恩平道40-42号亨利中心12楼
営業時間 : 20:00〜翌2:00
休日 : 日曜祝日休業



2006年09月25日

香港 中華料理『翡翠拉麺小籠包』 時代廣場店 銅鑼灣3

今日は、辛い麺でも食べに行こうかと、 銅鑼灣の時代廣場(タイムズスクエアー)地下2Fにある『翡翠拉麺小籠包』という店にいった。

月餅コーナー10月1日の国慶節がちかいので、デパートでは、日本でいうところの月餅が販売されている。時代廣場の地下1階では、かなり広いスペースでコーナーができていた。

昨年シンガポールで朝から、月餅を食べさせられた記憶がある。そうたくさん食べれるものではないが、おめでたいからといってその時は5個以上食べさせられた。

翡翠拉麺小籠包週末の時代廣場は家族連れで大混雑している。20時をすぎているのに、地下2階レストランコーナーは、どの店も順番待ちの人がたくさんいた。『翡翠拉麺小籠包』は、日本の銀行のように番号札を渡していた。

10組以上待たされたが、基本的に麺の店なので、回転がいい店なので、15分ほどで入店できた。

翡翠拉麺小籠包 店内メニューは広東語、英語、そして日本語で写真付きなので選びやすい。

5人から10人のグループ客がい多い。

 

 

上海小籠包お薦めは、上海小籠包(22HKドル)だ。あつあつでいきなり食べるとやけどするので、注意が必要だ。

 

 

酸辣湯拉麺

炸醤拉麺酸辣湯拉麺(38HKドル)(写真左) これは、見た目より辛い。。太麺の坦坦麺のようだ。

炸醤拉麺(30HKドル)(写真右)こちらは、そんなに辛くない。汁がないので、ちと食べにくい。

雪菜毛豆百葉雪菜毛豆百葉(48HKドル)見た目はきしめんのようだが、少しぱさぱさしていて、独特の味だ。

今日のマイタンは158HKドル(約2千円)だ。

『翡翠拉麺小籠包』 時代廣場店 2506-0080
Crystal Jade La Main Xiao Long Bao
Shop B224, Times Square,Causeway Bay, HongKong
香港銅鑼灣時代廣場B224号店

香港に5店舗展開している。

ロリコン?クリス&ジョンが週末に旺角に買い物に出かけたようだ。誘われたが、先週行ったばかりだったので、遠慮させてもらった。朝会社に行くと、机の上にへんてこりんなフィギュアのが並べてある。旺角のお土産だそうだ。秋葉原の萌え族ではあるまいし、ロリコンではないのでやめてほしい。 完全な変態向けの人形だ。

 

最近女性が一人、仲間に加わったので会社で下ネタ禁止令が発動されていたが、3日と持たなかった。いまでは、彼女もかぶりものをきもいさんとするようになった。香港人の彼女は日本語がすこし話せるが、一言『へんな会社〜〜〜』と言っていた。困ったものだ。↓



2006年09月23日

香港 山頂(ピーク)・ピークトラム&バー『penthouse sky lounge』灣仔3

今日は、フランスから客人が来ていた。『謬酒家』(ヨンキーレストランでディナーしたあとで、香港ははじめてだと言うので、ビクトリアピーク(山頂)に観光に連れて行くことになった。

しかし、とんでもないデブなオバサンで、スリーサイズは100−100−100と言う感じだ。体重は100kg以上だ。しかも頭が爆発したようなパーマをかけている。行きにケーブルカー(ピークトラム)にのったら、山頂まで上がらないといけないと思って、行きはタクシーで行くことにした。中環から60HKドルくらいだ。「山頂(サンディェン)」と言えば行ってくれる。しかしタクシーがパンクしそうだった。

ピーク夜景1山頂は天気が良く、夜景が綺麗だった。100万ドルの夜景を見ることができた。ピークトラムの山頂駅から、徒歩で、3分くらいのところに朱塗りの門がある獅子亭までの左手に見える夜景が最高だ。

細い道なので週末だと混み合って身動きがとれないほどだ。

 

しばらくすると、100名以上の団体客が押し寄せてきた。日本人のツアー客だ。、どこかの農協のドン百姓の集団だ。どの顔をみても、相当のいなかっぺだ。話している言葉もなまっている。せっかくの夜景も台無しだ。

フランス人のビックママも、驚いていた。でもフランスのルイブィトンショップでも同じように100Mくらい日本人の列で驚くと言われた。 フランス野郎にそんなこと言われたくはなかった。

山頂駅しかし、このどん百姓の集団が帰る前にケーブルカーで中環に降りないとたいへんなことになると思って、山頂駅(写真左)にすぐに引き返すことにした。まったくいなかっぺは、日本でも海外で迷惑な存在だ。

土日の夜は特に混み合い、ケーブルカーに乗るのに100M以上の列に並ばなければならない。でも金曜日で、並ばずに乗ることができた。

オクトパスカードケーブルカーの料金片道20HKドルだ。(往復30ドル) オクトパスカードでも支払いはできる。

しかし4人分いっぺんに支払おうとすると、一人一人オクトパスカードで支払うように言われた。

 

山頂駅内部

ピークトラムピークトラム(ケーブルカー)15分おきに運行している。(運航時間は7:00〜24:00)下り方向、左3人がけ、右は2人がけになっている。夜景が見やすい左側に座ったほうがいい。

 

山麓駅かなりの急勾配で、しかも下りは背中向きで、だんだん下るにしたがって、傾斜が急になるので、景色が斜めになりちょっとスリルを味わえる。

中環の山麓駅につくと駅を出るとタクシーがたくさん客待ちをしている。

 

リッツカルトン バーとりあえず。フランス人のビックママの宿泊しているリッツカルトンまでタクシーで行くことにした。バーで飲んで行かないかと言われて、止む無く行くことにした。オバサンでもデブせんでもなんでもいいクリスは喜んでいたが、、、、、

ホテルの1Fにあるバーに行った。レトロなムードのいい感じのバーだった。スコッチは1杯、だいたい85HKドルだ。

ピアノの演奏とチャイナドレスの女性の歌もある。

クリス!これでお開きかを思ったが、またまた会社の社員の誕生日パーティが前回と同じ、『penthohouse sky lounge』 で10時から開催されていると言われて、突入した。60人以上の参加者で、店の半分以上を貸切にしている。日本でいうディスコ、今で言う、クラブのような感じだ。あちらこちらで、ダイスの賭け事と、一気飲みだ。


 

バースディケーキ香港人は誕生日が大好きだ。ケーキを前に記念撮影までしている。
今回は人が多すぎて、クリスは自慢の歌が歌えない。とりあえず、踊って憂さを晴らしている。ちょっとものたりなそうだ。

 

 

バー&クラブ『penthouse sky lounge』2833-9992
29/F,The Sun's Group Centre,200 Gloucester Road, Wan Chai,HK
香港灣仔告士打道200号新銀集團中心29棲



2006年09月21日

香港 社内カラオケ?? ポッカイ野郎!!!(役立つ広東語)1

最近、会社の中で、午後になると、へんてこりな香港の歌謡曲が両サイドの部屋から流れてくる。昼間からカラオケ状態で、力が抜けてくる。

そういう時は大声で
「ディウ・レイ・ロウ・モウ」
「ポッカイ ハムカァ〜チャ」
「ネイ セック シー ァ」
「チャオーハイ」  『ゲイロー!』 『オンガウ ガウ』

などと、叫んでやると、静かになる。広東語ではとんでもない言葉らしい。一発でケンカになると香港人に言われた。

神風ジョンジョンも怒って部屋で神風のハチマキをしていた。意外に似合っている。

しかし、それでも止まらないこともたびたびある。そういう時は、やはり攻撃は最大の防御だ。

 

日本の軍歌をがんがん大きなボリュームで流してやると。ぴたりと止まる。いつも軍艦行進曲月月火水木金金だが、ワンパターンなので今日は海鷲だよりで責めて見た。効果てきめん、すぐに静かになった。ざまあみろ! ↓

しかし、香港の会社はどこも、昼間からカラオケボックスのように音楽が流れているのだろうか???

ほかにも、ホモには『ゲイロー』 レズには『ゲイポー』、むかつく馬鹿女には『セイバーポー』と叫んでおけばいい。。



仮想通貨取引所口座開設
仮想通貨取引所 BXONE
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
ベラージオのクチコミ
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ