2006年05月23日

シンガポール シーフードレストラン『JUMBO SEAFOOD』4

JUMBO SEAFOOD 日暮れ前日本から友人が遊びに来たので、さっそく、シーフード料理を食べに行くことにした。宿泊先のフラトンホテルで待ち合わせて、クラークキーのリバーサイドポイントの一角にある、Jumbo Seafood』6532−3435 まで観光がてら徒歩で向かった。

ちょっと雨のあとで、むしむししたが、店外のシンガポールリバーサイドの席をチョイスした。

シーフードプラターチリクラブカキを含めたシーフードプラター(56SINドル)はボリューム満点だ。チリクラブラックペッパークラブ(それぞれ39.6SINドル)も注文した。ちょっと奮発して、あわびも食べてみた。4人だったのでワインも3本も飲んでしまった。夕暮れ時から、夜にかけて綺麗なので6時30分すぎには、到着したい。時おり、ブラックペッパークラブシンガポールリバーを難民船のような小型観光船通るのがいただけないが、シーフードの味はグッドだった。

4人でたらふく食べて、330SINドル(約2万3,000円)そんな馬鹿飲みしなければ一人5000円弱だ。

イーストコーストなどに6店舗ある。要予約。下記のHPでチェックしてほしい。

JUMBO SEAFOOD 夕暮れ後JUMBO SEAFOOD』(RIVERSIDE) 6532-3435
30,Merchant Road, #01-01/02 Riverside Point
ランチ 12:00−14:30
ディナー 18:00−24:00

 

 

TAPAS TREEすぐ手前のリード橋を渡ると、こちらにも沢山、レストランやバーが並んでいる。ボートキーの周辺よりは小奇麗な店が多い。暑かったので、橋のすぐ右側にある スペイン料理&ワインの店『The Tapas Tree』6837-2938 に突入した。

店は角地に立っているので狭いが、店内は暗めで、、インテリアはしゃれている。もう、料理も美味しそうだったが、もう食べられないので、ワインだけ飲むことにした。

The Tapas Tree』6837-2938 
River Valley Road #01-08 Clarke Quay -Blk 3D
営業時間 11:00-01:00(金・土02:00まで)

その後、UE Square にある Coffee Bar K』6720−5040 にも徒歩で行った。 3件のはしごで、すっかり飲みすぎてしまった。 もうすこしで、げろげろで、マーライオン状態になるところだった。

海外生活奮闘記(シンガポール・香港)創刊!購読者には素敵なプレゼント!があるかも。。

たらふくまんぷくシンガポール



2006年05月22日

バリ島vo5 帰国編

朝食フルーツ翌日、7時からメインレストランでの朝食を選択した、前日と同じアメリカンブレックファーストを注文したが、すがすがしい景色をみながらの朝食は気持ちがよく最高だった。部屋で食べるのとメニューは同じなのだが、こちらで食べたほうが、なぜか美味しかった。

9時からはラストのマッサージ2時間だ。あっという間に時間は過ぎた。帰りのフライトが2時10分なので11時半ぎりぎりのチェックアウトで出発した。

マイバトラーお世話になった。マイバトラーのウインドウさん(写真左)ともお別れだ。28歳独身の好青年だった。。

ホテルの車で空港まで1時間の道のりだ。夜はあまり気づかなかったが、バイクは3人乗りが普通で4人乗っている人もいる。すごい。事故も多いそうだ。実際滞在中に1回事故を見かけた。17歳からバイクの免許を取ることができるらしいが、10歳くらいの子供が無免許で運転している。なんでもありの国だ。
ヘルメットを着用が義務付けられているが、半数以上はノーヘルバイク3人乗りだ。2年位前から、バイクの価格が引き下げられ、5年ローンで購入できるようになってから、急激に増加したそうだ。

空港に着くと、いきなり、飛行機は1時間遅延になっている。出国手続きを早々に済ませようと、カウンターに向ったが、出国税10万インドネシアルピア(約1200円)が必要だ。ルピアの持ち合わせがなく、あせったが、すぐ手前の両替所で、10万ルピア分だけ両替して支払いをした。ここでもインドネシアはぼろもうけだ。

ラウンジ入口内部には、お土産屋マッサージ屋がたくさんある。日本食レストランまであった。偽物ブランドショップもどうどうと営業している。カナダ兄弟に金玉高原いや『キンタマーニ高原』のお土産を買っていこうと、探したがどこにも無かった。しまいに、店員に『ドゥ ユー ライク キンタマ〜?』???そんなもの好きじゃねえよ! 購入をあきらめて、ラウンジで休憩した。結局2時間遅延だ。のんびりしている。

帰りも、昼なのに、機内食がでた、なぜか、行きより帰りのほうが、美味しかった。なんでだ????  行きに一緒だった黒んぼも乗っている。今度は大人しかった。しかし機内食は二人分しっかり食べていた。

あっという間の3泊4日のバリ侵攻だった。SPAとマッサージの国という感じだ。フォーシーズンホテルも人気があるようだが、大規模ホテルは日本人でごったがえして、SPAというか、行列で病院状態になっているようで、今回のような、小規模のホテルのほうが、落ち着いて滞在できそうだ。

今回の旅行はシンガポールのグリーンホリデーを利用した。ホームページも充実していて対応も親切だ。バリ島のホテルの情報も日本語で満載だ。 『THE CHEDI CLUB』についても詳細(日本語)はコチラ。  

そういえば、K君情報なのだが、バリ島にも当然『ずっぽしマッサージ』も至る所にあるそうだ。しかも、1回 700円〜1000円だそうだ。しかし、シャワーも無いので、いきなり『ずっぽし』するそうだ。その後ホースを利用し水であそこを洗って退却するそうだが、、さすがのK君も、ちょっとお薦めできないと行っていた。あの『キンタマーニ高原』でおみやげを売っていたあどけない少女も、あと数年で、、 『ずっぽしマッサージ』に転職してくるのだろうか???

男性諸君は、地球の遊び方インドネシア風俗体験記!と言うコーナーがある。
こちらを参考にしてほしい。

るるぶバリ島 (’06)



2006年05月21日

バリ島vo4 『キンタマーニ高原』編5

民芸品屋今日は、朝7時から、部屋で朝食をとり、9時にモーニングマッサージをして、
10時からは、5時間の予定で、日本語ツアーガイドと車を貸切観光に出かけた。なんと 行き先は! 『キンタマーニ高原』だ。金玉高原!??なんだろう、猿の金玉でもぶる下がってしるのかと思うが、ちがう、れっきとした高原なのだ。前日、日本語で、キンタマーニに行きたいとガイドに言うのが、すこし恥ずかしかった。

貸切の車でホテルをあとにした。途中で、地元のお土産屋に立ち寄キンタマーニ高原キンタマーニ高原2る。これは市内観光の定番だ。でも、ついつい購入してしまうのが日本人だ。原産ですとか、直売ですとかいう言葉に弱い。。。地元の経済おこしのためにしょうがないか!

 

約2時間くらいの行程で12時すぎに待望の『金玉高原』ではなくて『キンタマーニ高原』についた手前物売り少女車の中まで販売の駐車場のようなところで、入場税を一人4000ルピアとられた。といっても40円

駐車場で車を降りると、ちんけなお土産を持った子供たちに囲まれた。子供たちは口々に『全部で千円』(じぇんぶでしぇんえん)とオウムのように繰り返す。どこまで歩いても追っかけてくる。中には可愛い子もいる。それこそ誘拐しようかと思った。ついついお金をあげキンタマーニ犬たくなるが、一人にあげると群がってきてたいへんなことになるそうだ。平均月収が8000円のバリで1000円は相当な大金だ。 車の中まで進入してくる。

キンタマーニ高原は名前に反して、かなり綺麗な高原だ、湖もきれいだ。ウブドより、涼しく湿気も少ない。湖畔には原住民がいまでも居住しているようだ。キンタマーニ犬(写真左)という可愛い犬がそこらじゅうで売買されている。白い小型犬だ。町では1万円くらいだが、ここでは、3,000円も出せば購入できるようだ。でもそう簡LAKE VIEWビュッフェスタイルの昼食単に国外には持ち出せないだろう。キンタマー二といぐらいだから、全部 オス犬だろう?。。。友人のバース犬より数段可愛い。。

 

それはともかく、高原を見渡せるレストラン『LAKEVIEW』で昼食だ。景色は最高だ。ビュッフェスタイルの昼食だ。味は、、、ごく普通だ。バレストランからのキンタマーニリ産のライスワインを飲んだが、これは最低だった。まずい! ほんまに!! ここでは、テラスの席で景色を堪能しながら食事するのがお薦めだ。ランチは17万ルピア(約2千円)だ。

エレファントサファリというのもあるらしいが、時間の関係で割愛した。数ヶ月前にタイでエレファントに乗ったばかりなので、どうでもよかった。

モンキーフォーレスト(猿の森)にも立ち寄った。野生の小型の猿モンキーフォレスト入口がたくさん木の上にいる。油断していると眼鏡をとられたりするらしい。20分くらいで歩けるコースは猿だらけらしい。というか時間が無かったので入口から中を覗いたのだが、数十匹の猿が見えた。無料で見学してしまった。

近所には、ちんけなお土産屋が立ち並ぶ町がある。どうでもいい木彫りのお土産や、穴が開きそうなTシャツなどの店が多い。さびれた軽井沢のような感じか、両側にこれでもかと、店が立ち並んでいる。よほど売れないのか、日に当たるところに置いてあるお土産お土産屋は、くすんでいる。

4時からマッサージがまた1時間30分があるので、買い物はそこそこにしてひきあげた。

5時間 車をチャーターして日本語ガイドがついて6200円だ。
要予約(前日)クンタン・バリ・トランスポート
         0812−380−2427 湯本さん
とても感じのいい、12年バリ在住の日本人女性だった。希望を言えば、その通りに案内してくれる。

ロマンティックディナーシェフ登場!7時からは、ホテル自慢のロマンティックディナーを予約した。(一人55USドル)期待していたのだが、メインのレストランでの食事ではなく、二人だけのプライベートディナーと言われたのだが、よく見ると、ゲゲゲの鬼太郎の家みたいな、出来損ないの小屋での夕食だ。。ふざけんなよ。。。なんじゃいこりゃ! 

前菜インドネシアン料理でも むかついたが、 がたくさん飛んでいる。。。幻想的だった。まあこれならいいかと我慢した。料理は伝統的なインドネシアン料理を注文した。シャンパン&ワインはグラスでサーブされるが、無料だ。

途中で、ちびくろさんぼみたいな、シェフも闇夜の中から登場だ。 

トーチカのような所での夕食だった。隣接するメインレストランで普通にディナーを食べたほうが、いいかもしれない。どうせ、そっちでもほとんど貸切状態なので、しかもこのトーチカはウエィターから離れているので、いろいろ細かいオーダーができないので不便だ。

こうして、3日目も終り、明日はシンガポールに帰国?だ。。 続く、、、、、、、



2006年05月20日

バリ島vo3 二日目ホテル滞在5

ヨガ教室昨日夜、さっそく、部屋のサウナバスを利用し遅くなったが、、朝のヨガ教室(無料)8時〜9時半に参加してしまった。。ヨガというからには、オウム教麻原祥晃のようなジジィが空中でも飛ぶのかと期待してきたが、小柄な筋肉質の先生が出たきた。ヨガ初体験だったのだが、普段の運動不足で、30分もすると汗だくくたくたになった。おまけに身体が固くて、ぜんぜんヨガにならない。むきになってやりすぎた。あとで、自慢の腰が腰痛になり起き上がることも困難になった。逆効果だった。

朝食フルーツインドネシアン朝食10時から30分のモーニングマッサージ(無料)を部屋専用のマッサージルームで受けた。オイルマッサージなのだが、あまりの心地よさに寝てしまうほどだ。

 

プールドリンクそのあと、10時30分から部屋に朝食を運んでもらった。初日ということで、インドネシアンブレックファーストを注文した。ウオーターメロンジュースはシンガポールと比べて、甘みが少なく、みずっぽい。マンゴのスムージー美味しかった。

お昼ごろから、のんびり、プールサプールサイドイドで日光浴だ。プールサイドのチェアーに座ると、ボーイが冷たいおしぼりと日焼け止めクリーム、水をさりげなく運んでくる。もちろん無料だ。カクテル(無料)を注文した。そんなに大きくはないプールだが、客は一組しか利用していなかったので、まるでプライベートプールのようだ。心地よい日差しを浴びて昼寝してしまった。。とにかくお客より、ホテルの従業員のほうが、多い、広大な敷地を歩いていても誰にも遭遇しない。

 

プールサイド23時半からは、また部屋でマッサージだ。今度は1時間30分だ。
メニューは、オイルマッサージ、指圧、フェイシャル、火山灰スクラブ、フットマッサージなど、いろいろなものを組み合わせて、自分の好きなマッサージをチョイスすることができる。わたしは、オイルマッサージとフェイシャルを選択した。こちらも極楽だった。 

 

BEBEK BENGIL入口BEBEK BENGILとにかく ホテルのファシリティが完備されているので、あまり外出をしないでホテルライフを楽しむほうがここではよさそうだ。でも夕食は ホテルのバトラーもお薦めのダック料理の店に出かけた。夕暮れ時がいいというので、6時に予約して出かけた。往復はレストランの車が無料でしてくれる。

BEBEK BENGIL店内前菜『BEBEK BENGIL』drity duck diner  975-489
夕日で景色のいい席に案内された。隣には、バリ人らしき若い二人の男性が食事をしていた。どうみてもホモだ。お互い料理を取り分けて、仲良く食事をしている。
料理はアラカルトで注文した。クリスビーダック(写真左下)がこのクリスビーダック店の一番のお薦めだ。

からっと揚げられていてなかなかおいしい。食べたことがない味だ。バリワインの赤を注文した。こちらも軽めだが、まあまあのワインだった。ウブド近辺に滞在している人は訪ねてみてもいいレストランだ。日が暮れると、席から、ちょうど夜空の満月が綺麗に見えた。

このレストランにも、農協の百姓一連隊が来て、わけのわからない方言で騒いで、雰囲気を台無しにしていた。しかし、奥のほうに隔離されていたので、なんとかなった。てめえら、早く帰って米でもつくってろっつうの。

料金のほうは、二人で(ワイン1本込)450,000ルピア(約5000円)だ。

帰りもレストランの車で、ホテルまで送ってくれた。部屋でカクテル(無料)をオーダーして、のんびりとすごした。飲み放題といってもそうそう飲めるものではない。明日は観光もあるので、早めに就寝した。

『BEBEK BENGIL』 DIRTY DUCK DINER  975-489  PADANG TEGAL ROAD UBUD

いよいよ明日はキン○○観光だ、、、、続く、、、、、

 



2006年05月19日

バリ島vo2 ホテル編『THE CHEDI CLUB』5

コテージ今回滞在したホテルは、『THE CHEDI CLUB』 だ、2004年にオープンしたばかりで20棟しかなく、設備やサービスが充実している。3タイプの部屋があるが、毎日2時間のマッサージが付くスパヴィラがお薦めだ。

ホテルでチェックインすると、驚いたことに、滞在中専用のバトラーがつく、いろいろなリクエストを朝から晩まで聞いてくれる。ウエルカムドリンクのあとで、早速部屋に案内された。コテージだ。20棟しかないので充実したサービスが受けられそうだ。

部屋寝室

 

部屋には、バスサウナ水風呂、専用のマッサージルームまで完備されている。
専用のプールが付いている部屋もある。(プールヴィラ)

サウナバス

宿泊客の7割が日本人だそうだ。カタコトの、日本語を話す従業員もいる。こういうホテルは、観光で外出せずに、終日ホテル内ですごすのがお薦めだ。

 

宿泊者特典がこれまた、いろいろある。
空港の無料送迎
朝食無料(部屋食可能)
アフタヌーンティ&スナック無料
ミニバーミニバーの飲み物すべて無料(ウイスキー、ジン、ウオッカなんでもある)以前、ミニバー事件を体験しているのでこれは、うれしい。
カクテルやトロピカルジュースなどドリンク類の24時間ルームサービス無料
ウブド近辺の送迎無料
朝30分、午後90分 合計2時間のマッサージが無料
プールサイドのバーで飲み物無料。
ランドリーサービス無料
インターネットは無料 。肝心のインターネットの速度は、特に速いというわけではないが、ストレスを感じないほどの十分なキャパがあった。あまり期待していなかっただけにOKだ。
これでもかとサービスが付いている。

バリ島一口メモ

日本との時差は1時間(日本は8時ならバリ島は7時だ)南半球にある。
ヒンズー教徒が90%以上いる。(イスラム教のように、戒律が厳しくないのでいい)三重県と同じくらいの面積がある。もちろんシンガポールより広い。人口は約300万人 オーストラリアや日本からの観光客が多い、観光の島だ。サーフィン、スキューバーダイビング客も多い。

55歳以上で簡単に取得できるリタイアビザで生活している日本人日本人妻も相当いる。
平均月収は8,000円、家賃は3,000円くらいだそうだ。100万円くらいで、家が購入できるみたいだ。 5万円くらい家賃を払うと、一軒家でかなり広い物件に住めるようなので、老後をバリ島で暮らす人が急増しているらしい。

昨年、市内の繁華街でイスラム教徒の爆弾テロで200人以上が死傷した事件以後、警備が厳しくなり、ホテルは24時間ガードマンがいて、入場する車を爆発物感知センサーでくまなくチェックしている。ホテルで滞在している限り、全く安全だ。
バリ島は2期作、場所によっては3期作、米がふんだんに収穫できる。

デヴィ夫人そいうえば、ここも 昔はわが大日本帝国の領土だったのだ!その前はオランダの植民地だった。軍隊口調で日本語を話す島の老人がいまでもいるそうだ。

戦後のインドネシアの初代大統領はスカルノ大統領だ。その第3夫人が あのデヴィ夫人だ。もともと赤坂の高級クラブのホステスで、日商岩井が商売のために、スカルノに彼女を夜の接待役としてプレゼントしたらしいが、、、あまりテレビで見たくない顔だ

続く、、、、、、、、



ビットコイン
ビットコインのお財布を無料で作成しましょう! 簡単安心!ビットコイン取引所 coincheckbitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
おすすめ海外旅行保険
損保ジャパン日本興亜 新・海外旅行保険OFF!
Profile
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
Twitter・MIXI始めました
カテゴリー
ベラージオのクチコミ
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ