2006年04月25日

ブルネイ王国 潜入記4

2泊3日の予定で、ブルネイに侵攻した。正式名称はNegara Brunei Darussalam(ネガラ・ブルネイ・ダルサラーム)となり、永遠に平和なブルネイという意味があるそうだ。イスラム教の国だ。人口は35万人、在留届の出ている日本人はわずか80人、イスラエル国籍やイスラエルに入国したことがある人は、この国には、入国できない。入国のときパスポートを入念にチェックされる。

戦艦武蔵ブルネイはわが大日本帝国が油田確保のため、1942年〜1945年まで占領しており、ブルネイ湾には連合艦隊が停泊していた。あの栗田艦隊もここで給油して南方に向かった。大東亜戦争(太平洋戦争)後、イギリスの植民地に再びもどり、1984年に独立するまで、保護領として立憲君主制の政治体制をとっていた。現在では、日本がブルネイの天然ガスの99%原油25%を購入している。

ところで、便利なのは、ブルネイドルコーランシンガポールドルと等価とされていて、シンガポールドルがブルネイ国内では、そのまま利用できる。両替する必要がないのだ。紙幣は双方の国で利用できるので、おつりもそのままでいい。(ただし硬貨は利用できない)タクシーはあまりない。空港の往復はトラベル会社に手配したほうがいい。バスがブルネイ国内どこまで走っても、1ドルでバス停以外でも乗り降りできる。観光客はあまり利用していない。この国では、市内観光かホテルライフを楽しむのがよさそうだ。

それから、ブルネイでは、アルコールが禁止されているのだ。でも持ち込み酒持ち込みは可能だ。チャンギ空港で購入する必要がある。一人ワインやウイスキーは2本、ビールは12本までだ。ブルネイで入国したあとで書類に記入して持ち込むことができる。イスラム教徒が飲酒した場合、30万円の罰金と3年の懲役になる。なんだか罰金と懲役が釣り合わない気もするが、重罪だ。

ロイヤルブルネイ航空を興味半分で利用してみた。。出発はターミナル2でシンガポール航空と同じだが、一番奥のゲートにされているので、乗り込むまでに相当歩かなければならない。約2時間の機内食空の旅だ、出発前に機内には『コーラン』(写真上)が流れる。スチュワーデスまで、風呂敷のようなものをかぶっている。夜10時の便だったが、余裕で1時間遅延して、夜11時過ぎに出発した。いきなり、この時間から機内食が出る。それもエコノミークラスだったが、まあまあだった。機内に持ち込んだ、ウィスキーをがぶ飲みだ。なんだか、アル中のおやじみたいで、いやだったので、一番後ろの席に移動して飲んでいた。

ブルネイ国際空港には夜中1時に到The Empire2着だ。迎えの車に乗り込み、ホテルまでは約20分だ。ブルネイで一番高級とされるThe Empire Hotelに宿泊した。至る所に、金の装飾があり、入口付近には バカラの世界で4つしかないという数千万円のガラスのラクダ(左下)が置いてある。昼間は警備員がいるのだが、夜は誰もいない。へんな警備方法だ。部屋も広く豪華だった。部屋からの眺めも最高だ。よる沖に見える明りは、漁業ではなく油田だそうだ。ブルネイは全て海底油田だ。

ブルネイは原油と天然ガスの国で、裕福なため、所得税、住民The Empire税、国民年金等 一切の税金がない医療費もすべて無料だ。しかし、60歳からは年金が毎月200ドル(約1万4千円)支給されるそうだ。これも先代の国王の資産から、、年収は海外労働者や一般的な労働者は3万円くらいで、普通の人で7万〜10万  公務員(教員など)は15万くらいだそうだ。ちなみに国民の3分の2が公務員だ。
公務員は宿舎が用意され、光熱費・水道代などすべてただで住める。兵役もなく志願制で、ネパールあたりから傭兵を雇用しているみたいだ。基本的に金持ちな国なので、なんでも金で解決するのだろバカラう。富裕層は100坪くらいの家に住んでいる、2000万円くらいで購入できる。ということで、 一日目はもう2時もすぎたので、また続きにしたい

ブログをアップするためにインターネットを利用しようとしたが、フロントに電話して、IDとパスワードをもらう必要がある。わざわざボーイが持ってくるのだ。24時間利用分で50ドル(約3500円)だ。しかも速度は10MBくらいで非常に遅い。まあしょうがないか、

ホテル室内ホテル室内2続きはこちら↓

ブルネイ王国 潜入記 2日目 &村上麗奈?
 

 

 

マレーシア・ブルネイ〈2002~2003年版〉



2006年04月24日

シンガポール 手打ち蕎麦・甘味『新ばし』3

新ばしシンガポール 手打ち蕎麦・甘味『新ばし』6735-9882

クリス(日本名:やまかけくりお)と彼の大好物のそばを食べに出掛けた。
場所はオーチャードロードのパラゴンの地下1階だ。

天麩羅柚子きりそば 22.8法別1500円)

そばセットクリオは鴨せいろそば    18.8ドル(約1400円)

量はあまり多くないので、大盛(プラス4.8)にした。

昼飯にしては、高いが、まあまあ日本と同じようにそばを食べることができる。

クリオはまた やまかけそばをメニューで見つけて大笑いしていたクリスが、今回は注文しなかった。またへんなものを想像している。だいたいクリオは、そば屋に行くと、日本人女性がたくさんいるのでナンパするために行きたがる。動機が不純なんだよ!

ヤマカケ クリオ(写真左)は 最近覚えたジャンケンイッキが大好きだ、昨夜もKTVの姉ちゃんのところに とろろ赤貝を買って乱入して ウーロンハイに入れてジャンケンに負けるとイッキ飲み大会をしたらしい。一緒に行ったK君(写真左下)は朝帰りでホテル81からそのまま会社に来たらしく、我々の部屋でどっぷり寝ている。外泊セット(写真右下)も持参だ。そして クリオはお休みだ。

K君外泊セット

 

 

 

 

赤貝K君2



2006年04月23日

シンガポール 北海道魚菜酒処『南天』2

南天北海道料理居酒屋に昼飯を食べにいった。日本の古典的居酒屋スタイルの店だ。昼間から石原裕次郎の曲ががんがん流れている。お客は日本人のおやじばかりだ。とんこつラーメンをたのんだが、まずまずおいしい。ランチセットは量がはんぱじゃなくヘビーだ。しかし、シンガポールの町のあちこちにみかけるのだが、メニューのめちゃくちゃな日本語には驚いた。

 

メニューまこのち弁と ⇒幕の内弁当 のことか
ラメン せット ⇒ ラーメン セット だろうが!何じゃ

しっかりせい!シンガポーリアン

ランチセット14.5ドル
とんこつラーメン 9.8ドル

とんこつラーメンせこいポイントカードを発行していて、10砲韮姥帖。横宛弔燭泙襪函■横悪砲凌券をくれる。

南天 6221-7781
16,Raffles Quay #B-15
Hong Leong Building 048581
営業時間 月〜土 11:00〜2:30 6:00〜23:00

ランチセット

 

*二度と南天に行くなとシンガポール在住らしきあほから脅かしの読者コメントが寄せられましたがまた行きますよ南天さん!



2006年04月22日

シンガポール マッサージ三連発!

シンガポールでは、マッサージによく行くのだが、最近突入した3店についてレポートしよう!残念ながら、ずっぽしスペシャルマッサージの話ではないので、N君をはじめそういうのが好きな人はこちらのサイト⇒地球の遊び方を参考にしていただきたい。

KENKOKENKO(Esplanade 店) 6363-0303
ここは、かなり本格的なマッサージ店だ。店内も清潔で特に足裏マッサージがお薦めだ。気合を入れていかないと、その痛さに耐えられない。でも終了後はすっきりとつかれがとれる。マリーナスクエア店には小泉首相も行ったらしい。名物マッサージ師がいるそうだ。指名すれば、だれでも体験できるそうだ。要予約
1時間 足裏&肩首背中コース 65法別4500円) JCBカードを提示すると15%OFFで55.25法別3900円)だ。他にもコースは多彩だ。支店もいろいろな場所にあるので、ホームページでチェックしていただきたい。個人的には エスプラネード店とマリーナスクエア店がいいと思う。
KENKO 6363-0303
Esplanade Mall,#02−21
営業時間10:00〜22:00

Z FOOT RESORT足裏マッサージ『Z FOOT RESORT』 6333−6528                                リバーバレーのユーイースクエア3Fにある。フットマッサージだ。
店内はとても清潔で、暗めでリラックスできる。まず10分ほど足温浴をしてからマッサージが始まる。そんなに強めではないが、店内のムードをあいまってほどよく気持ちがいい50分間のマッサージだった。38肪傭覆睥豹甘だ。
予約をして出かけたほうがいい。

Z FOOT RESORT内部『Z FOOT RESORT』 6333-6528                                  81 clemenceau avenue #03-19 ue square

 

 

 

マッサージ『L.C Fu Li Hua Foot Reflexology Centre』 6339-0787

リャンコートの明治屋と同じフロアー(B1)にあるマッサージ屋だ。
店内は狭いので、週末などは予約していくほうがいい。

L.C Fu Li Hua

スペシャルパッケージ 足裏40分&肩首背中30分 43法別鵤垣蕷漾
マッサージは強烈だ。膝下まで、入念に指圧してくれる。強めが好きな人にお薦めだ。
いつも、行くワンヤン(萬陽総合保険器材中心)のほうが清潔感はあるが、こちらのほうが、値段的にも安いので納得だ。

料金 足裏 40分 25法  ‘  20分 15
        60分 37法  〜歓函45分 40
         80分 50法      65分 55
                        90分 70
                   肩首背中 30分 25

『L.C Fu Li Hua Foot Reflexology Centre』
6339-0787
営業時間10:00〜10:00
リャンコート 明治屋となりB1 

ついでに、となりの床屋『ミナミ』にも行った。今日はとなりにV字型はげおやじが来ていた。床屋なんか来る必要ないだろう。まあ ジョンよりはましだが、、、
カットのあと頭のマッサージされたいたけど、もう生えないだろう。よけい抜けるぜそんなにいじったら。。なぜか、シンガポールにはハゲが多い。赤道直下の日差しを浴びて、禿げてしまったのか?



2006年04月21日

マレーシア 『ジョホバール日帰り潜入記』

シンガポール国際タクシースタンドビザの延長もかねて、マレーシアジョホバール(通称JB)に行った。シンガポールからは、バス、鉄道、タクシーで行くことができる。一番手軽なタクシーで行くことにした。(1時間〜1時間30分)といってもそのまま、突入はできない。
市内→BAN SAN STREET TAXI KIOSK (JBバスステーションの隣)ここで、国境を越えることができる国際タクシーに乗り換える必要がある。2種類のタクシーがあり、料金はどちらも32法別2200円)黄色がマレーシア車、青色がシンガポール車である。黄色にのれば、マレーシアの最寄の場所まで移動できるが、青色にマレーシアタクシーのると、JBの国際タクシースタンドでまた、マレーシア国内タクシーに乗りかえる必要がある。マレーシアの国内タクシーは赤色
BAN SAN STREET TAXI KIOSK→国境越え→JB国際タクシー乗場
車内で、マレーシアの入国書類を運転手にもらって、記入しておこう。乗車したまま国境を越えることができる。青色のタクシーの場合はJB国際タクシースタンドで、乗換えだ。両替所もある。

インフォメーションセンターここからは、マレーシアタクシーの出番だが、メーターがついていない車両もあるので、行き先を行って値段を聞いてから乗ったほうがよい。たいがい5リンギット〜7リンギットで移動できる。(約200円)それ以上ならぼったくり雲助野郎だ。

まずTOURISM MALAYSIA(写真左)03-2615-8188にいって地図(コピーだったが)をもらった。おまけにどうでもいい、10枚組の絵葉書をくれた。
偽者DVDショップホテルHYATT REGENCYMUTIARA JOHOR BAHRUがいいとされている。MUTIARA JOHOR BAHRUはとなりに、HOLIDAY PLAZAというショッピングセンターがあり、偽物のブランドショップ偽造DVDショップ(写真左)が所狭しと営業している。
偽者のブランドショップは 5000円〜1万円で時計やバックの偽造品が販売されている。韓国の南大門の偽者ショップよりは質が落ちるものの、そこそこの商品はある。
偽造DVDショップは 1枚7リンギット(約210円)でたくさん販売している。インターネットで注文もできる。日本のDVDを探しているとマッサージ言うと、店の奥にある秘密の部屋に案内される。意外に日本語で鑑賞できる映画の商品はすくなく、邦画もホラー物が多い。過去の日本のテレビドラマは豊富だ。                                  

MUTIARA JOHOR BAHRUの左奥の2Fにあるマッサージ(MUTIARA Fitness Centre )6-07-332-3800を試してみた。
75リンギット(約2300円)で1時間 全身のオイルマッサージだ。かなり強めで、念入りなマッサージを受けることができるのでお薦めマッサージ内部だ。
全室個室でシャワーも完備だ。男性諸君には手コキサービス(手ずっぽし50リンギット(約1500円)支払えば可能だ。街中のマッサージ店は以前突入したことああるが30リンギも払えば、1時間くらいマッサージをしてくれるが、とても不潔だった。。あとで、身体全体がかゆくなってきた記憶がある。

 

イタリアン

全身すっきりしたあとで、ホテル1Fの左奥にあるイタリア料理『CAPRI』に行ってみた。
客より店員のほうが多いのだが、サービスはいまいちだ。食事はまあまあで、ロブスターも、定番のクラムチャウダーもうまかった。値段も安いので、納得か。客もいないのに、生演奏まであった。
ワインをボトル(150リンギット)で入れて、二人で370リンギットだ。(約1万2千円) 

ロブスター帰りが問題だ。ホテルで黄色の国際タクシーを呼んでもらえば、シンガポールのBAN SAN STREET TAXI KIOSKまで 40リンギット(約1200円)なぜか帰りのほうが安い。で帰れる。ところが、週末や、夕刻はまずタクシーがつかまらない。

とりあえず、国際タクシースタンドまで移動した。そこには、白タクがいる。
シンガポールまで60ドルとふっかけてくる。断ると今度は、相乗りで特製クラムチャウダーどうかと30ドルで、これなら、普通のタクシーより安い。ああいいかと、乗り込むと運悪く、とんでもないデブのばばあ2人と相乗りになった。車が傾いている。そのばばあは大阪に行ったことがあると話しかけてきったが、大きなお世話だ。大阪に行って貧乏くさいお好み焼きでも食べてろ!とりあえず、白タクなのに、シンガポール入国書類は持っている狭い車内で記入した。渋滞で2時間はたっぷりかかった。白タクなので自宅まであと10ドル払って送ってもらった。

とにかく、国境付近で大渋滞があるので、片道1時間30分〜2時間はかかる。

MALAYSIA TOURISM   03-2615-8188
17th Floor,Menara Dato'Onn,Putra WORLD TRADE Centre,45,Jalan Tun Ismail

偽造DVD屋
『CD VISION』
LG20 Ground Floor, Holiday Plaza,J.B +670-331-0897
Username:rod  Password:welcome

『GLOBLA ENTERPRISE』
  LG82,Holiday Plaza,J.B  07-3355-413  

MUTIARA HOTEL   6-07-332-3800 
Jalan Dato Sulaiman Taman Century K.B.No779

ガイドブック D19 マレーシア

 



ビットコイン
ビットコインのお財布を無料で作成しましょう! 簡単安心!ビットコイン取引所 coincheckbitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
ベラージオのクチコミ
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ