<$OGP$>

2006年06月04日

シンガポール 携帯電話事情3

SIMカードシンガポールで携帯電話を購入するには、ビザ&銀行口座が必要だ。だが、簡単に携帯電話を購入することもできる。いわゆるプリペイドカード式携帯電話だ。

安売りの電気街で、携帯電話SIMカードを購入する。SIMカードはスターハブSINGTELLM1と 3つのキャリアがあるが、スターハブが一番安いらしい。日本では、SIMカードということばはあまり聞かない。携帯の内部にセッティングする小さいチップ(写真左TOP UP CARD上)のことだ、海外ではこれを携帯電話に装着することによって利用できる。出張が多い外人などは、各国のSIMカードを所有して滞在国のSIMカードを携帯に付け替えて利用している。(携帯電話は同じものを利用)

携帯電話はピンからキリまである。50ドル〜150ドル、最新式のものでも、300ドル(約21000円)くらいだ。日本にくらべて、薄型、軽量のものが人気だ。NOKIA、モトローラ製が多い。

スターハブSIMカードこれは、38ドル(約3,000円)で購入できる。これに電話番号も記載してある。国際ローミングも可能(しかし実際利用しようとしたが、うまくいかなかったが)で、重宝する。通話料はセブンイレブンで販売しているGREEN TOP-UP CARD』というのを購入する必要がある。自分のキャリアの名前を行って簡単に購入できる。通常18ドルで販売している。だいたい40分くらい会話できる。これは日本と違うところは、電話をかけたときもかかってきたときも課金されるところだ。操作はいたって簡単で、9850-0000に電話して2を押下し、カードの裏にある10桁の『TPO-UP Crad No.』と『YOUR PIN』を入力すれば完了だ。使用していて5ドルを切ると、使用するとき、自動音声で、オペレーターが、TOP-UPして下さい。とアナウンスが流れる。

ただ現在では、このプリペイド式携帯電話はたぶん犯罪防止のため、購入後2,3週間以内に、キャリアの支店かセブンイレブンにパスポートを持っていって、登録をしなければ、利用できなくなる。ただ、パスポートと携帯電話を持っていけばいいので簡単だが、ちなみに、ヘビーに使用する人は、正規に契約したほうが断然やすい。月々3,000円前後の利用料金で、200時間くらいの国内の無料通話がサービスですいてくる上に、電話の購入代金も1,2年と長期間契約(途中解約の場合違約金あり)の場合かなり割安に買える。ただし、就労ビザ銀行口座が必要になる。

Eagle I-call Backあと国際電話をかける場合は、Eagle I-call Back』(写真左)という国際電話用のカードをやはりセブンイレブンで購入する必要がある。(10ドル)だ。ちなみに、日本までは、相手が固定電話なら185分 携帯電話なら36分話すことが出来る。
電話をするとき、いったん、センターに電話して、購入したカードの番号を入力したりするので、かなり面倒くさいが。。

シンガポールでも、日本同様、携帯電話を持っていない人はまずいない。こういうものが、世界に普及するのはとてつもなく早い。。



2006年06月03日

シンガポール 『ファイブスター ハイナニーズチキンライス』3

ファイブスターガイドブックには『ブントンキー』のチキンライスがおいしいと書いてあるが、地元のタクシー運転手にきくと、リババレー『ファイブスター ハイナニーズチキンライス』(五星  海南鶏飯)が一番だという人が多い。しょせんチキンライスだから、どちらでもいいのだが、野郎ばかり3人だったので、暑い真昼間から冷房も効いていないこの店に突入した。五つ星という名前から高級店を想像してしまうかもしれないが、なんてことはない、地元の食堂のような店構えだ。

 

チキン昼時とあって、労働者がテイクアウトでチキンライスを購入している。こきたない店内の一番涼しそうな、席を陣取り、ホテルなら、チキンライスといえば、胸肉か足の部分(ちょっと骨があり食べにくい)か聞かれるのだが、こういう店では、一羽丸ごと出てきて、3人でシェアーすればと言われて、おすすめ通りに注文した。

ビールを頼むと、そんなものはないと無下に断られ、チャイニーズティにすると、このくそ暑いのにホットであつあつのお茶が出てきた。飲めるはずねぇっうの

ライス汗だくでチキンライスをほおばる。ホテルのチキンライスの味になれてるせいか、なんとも微妙な味だ。でもこれが、本場のチキンライスなんだろう。1人前は3.5ドルだ。3人で飲み物や青菜を注文しても20ドル(約1400円)くらいだった。ちょっとブルーカラーなチキンライスだが、ローカル色を期待する人はぜひためしてみるといい。もちろん予約なのできない、11時から朝5時くらいまで営業している。

参考までに、ホテルのチキンライス情報はこちら⇒ 『チャーターボックス』



2006年06月02日

シンガポール 寿司屋『中せい』4

中せいひさしぶりに、N君と食事に出かけた。ネットでも評判のいい、カッページプラザのとなりのホリディインパークビューの中にある寿司屋『中せい』6734−6144に行った。店内は20名くらいはらくらく座れるカウンターが印象的だ。板さんが、高い位置にあり、若干圧迫感があるが、古典的は寿司屋のスタイルだ。お客は常連が多そうだ。

とりあえず、刺身の盛り合わせを注文したが、東京でもなかなかお目にかかれない、生ほたるいかが出てきた。関さば北海道産の大きなボタンえびなど、新鮮でうまい。築地から仕入れているそ刺身の盛り合わせうだ。焼き物にも登場だ。

日本酒、焼酎などのラインナップもかなりのものだ。八海山をぐぐぐいと飲み干して、焼酎もボトルで注文したが、ぺロリと呑んでしまった。ちょっとお勘定が心配になったが、うまい寿司についつい呑みすぎてしまった。

『中せい』は、シンガポールでお薦めの寿司屋だ。日本が恋しくなった時など訪れてはどうだろうか。。
3人で約600ドル、1人あたり、1万5千円くらいか。。

中せい』 6734−6144
11 Cavenagh Road #01-13/16 Horiday Inn Park View Singapore

中ちゃんところで、N君は 最近、日本の友人から突然電話があり、いきなり『N君、ドラゴンスパに連れて行って』と言われてびっくりしたそうだ。グーグルでN君と検索すると、上位にN君関連のブログが登場するらしい。N君もネット界の有名人になったと喜んでいた。今日は、撮影に備えて、カフスまでして似合わないおしゃれをしてきている。困ったものだ。
最近K君ネタが多く、登場回数の少ないN君がへそを曲げていたのには驚いた。生まれつきの目立ちたがり屋のようだ。毎日のように、ゲーランドラゴンスパ家庭外発射をしているN君だが、最近二人目の子供だ出来たようだ。家でもやることはやるさすが、昔から自慢の下半身はいまでも健在だ。
食後、ますます元気のでたN君の目がきらりとひかり、得意のドラゴンスパに行きたそうだったが、正統派おかまKTVで我慢してもらった。ここでも、カメラ目線を意識しながら気持ちよさそうに、歌っていた。どこまでもノー天気なN君だ。



2006年06月01日

シンガポール イタリア料理『Il Lido』3

Il Lido入口最近、東京からの知人がどかどかやってくる。おかげで外食続き、苦手なローカルフードの食べすぎか、どでかい口内炎ができて、毎日高熱にうなされている。
消毒して薬をぬっても拡大するばかりだ。それはともかく、 週末の昼食に、ちょっとリッチなイタリアン、今年2月にオープンしたばかりの 『Il LIDO』(イル リド) にでかけた。

場所はセントーサ島のセントーサゴルフクラブ内の豪華なクラブハウスにある。タクシーを降りて、すぐ右側の通路を歩いていくと突きレストランからの景色当たりにある。すばらしい眺望のレストランだ。海に浮かぶタンカーや、ゴルフ場が眼下に一望だ。

オープンしたばかりだが、ディナーはなかなか予約をとるのも難しい。ウィークディなら、30ドルのランチセットがおすすめ、ウイークエンドは設定がないので、アラカルト80ドルまたは、150ドルのコースからチョイスすることになる。

レストラン店内店内のインテリアや、テーブル、椅子もおしゃれにコーディネートされている。店外もいいが、昼間は暑そうだ。窓際の席がお薦めだ。

前菜、パスタ、そして昼から ワイン(白&赤)を注文した。東京からの大事な客人と一緒だったので、奮発してみた。

料理の味もグッド、 デザートにティラミスを注文したが、これもなかなかOKだった。 よ〜しと 食後酒もたのんだ。。。と、、 『そのパン前菜時、歴史は動いた!!』じゃなくて、、ウェィトレスがいきなり、グラスを飛ばしてきて、デザートワインを2杯分 しっかり、あびてしまった。。シンガポールジェットボート状態だ。。。ドッキリカメラかと思った。。
ウェィトレスが結構、へらへらしているのには、むかついたが、マネージャーが出てきて、びびって謝罪してパスタティラミスきた。。。
同行者の某有名ブランドバックも被害を受けたが、これもなんとか修理か弁償をしてくれるそうだ。途中、外人と対等に渡り合うために、喧嘩好きのK君に電話に出てもらい攻撃してもらったが、状況がよくわからないだけに、ちょっぴり不完全燃焼だったようだ。

ワイン付きバック代金はサービスすると、、、言われて
内心、ニッコリ、これだけ食べて飲んで、いくらしたのかわからないが無料だった。たぶん600ドル(約4万円)は超えていたと思う。こんなことなら、もっと高いワインを注文しとくんだった。

ということで、景色も料理も最高のイタリアンレストランでしたが、正確な料金は不明です。。たまには、ゴージャスにいいのでは、、、シンガポールジェットボートの帰りに行けば、ワインを浴びてもOK! うまく浴びれれば、料金無料です。

Il LIdo(イル・リド)
27 Bukit Manis RD.Sentosa Golf Club 6866−1977
営業時間  11:00−24:00 無休



2006年05月31日

新入社員奮闘記 vo33

銀行カウンター前回の新入社員奮闘記・支店編だった。今回も支店編part2だ、銀行というのは、女性ばかりの職場だった。ハイカウンター(窓口係)はたいがい、支店の一番美人が座る。2列目以降はあまり、見せたくない女性、はっきりいってブスな女性を配備している。あからさまな人事だ。しょうがないな。当然、ハイカウンターの女性に支店内でも人気が高い。

ある日、飲み会があった。だいたい銀行の飲み会はやたらに盛り上がることが多い、普段、鬱積しているものがあるのだろう。その日もそうだった。その支店のアイドルも、がんがん飲んでいた、結局、送っていけと言われて(内心、ラッキー)、、同じ方向だったので、タクシーに乗り込んだ。それがまずかったのだ。。。。

ラブホテルしばらくすると、気持ち悪いと、、、言い始めた、タクシーの運転手に車をとめてもらった。どうしていいかわからない。そんな美人がもどしているのだ。。また、車を発進してもらったが、また気持ち悪いからと、もうしょうがないから、途中で降りようと、運転手に『適当なところで止めてください。』と頼んだ。なにを勘違いしたのか、運転手はわかりましたと、気がつくと、ラブホテルに侵入しているではないか。。彼女は車から降りると部屋に入ったいった。後に続いて成り行きで、ラブホに入ってしまった。。なんだか、田舎の一軒家風のラブホだ。よーしと?はやる気持ちを抑えて部屋に突入した。

彼女は気持ち悪いと、部屋に入るなり寝込んでしまった。ちょっとはだけている。いいながめだ、、なんて言っていいる場合ではない。しばらく金縛りにあったように、呆然としていた。まだこのころは、うぶだった。。。とりあえず相手は寝ているが、こちらは、トイレにも行けない。。そんなことをしているうちに朝になってしまった。支店でイチバンの美女を手篭めにする千載一遇のチャンスを失ってしまった。彼女は突然起き出し、帰らなくちゃと、なれた手つきでフロントに電話をしてタクシーを呼んでいる。。。。。また唖然とした。。。おれより上手だ。

銀行金庫翌朝、金庫内ではしごにのりながら、開店のための作業をしていると彼女が金庫に入ってきて、『昨日はごめんなさいね!朝になっちゃって!』と  ところが、金庫内にはたくさんの女子行員がいる。みんな耳がダンボ状態だ。はしごから落ちそうになったぜ、なんだかわからない新入社員時代だった。

だんだん支店内に噂がひろがっていった。、当然、私がずっぽししたということで、、当時付き合っていた彼女に、実はこういうことがあってと報告したのだが、やはり、ずっぽししたと勘違いされて、泣かれてしまった。

一方でラブホまで行ったのに何もしなかったという噂も流れて、『口ほどにも無い人ね』と言われたりした。

いまだに、そのころの関係者と会うことがあるが、私が彼女とずっぽししたと確信している人がほとんどだ。結局、彼女は支店の先輩と結婚したのだが、その先輩からも1度くらいしょうがないよなと、お前とは兄弟だな。と、いまでも、言われる。困ったものだ。そんなことなら、ずっぽししとけばよかった。

関連ブログ⇒就活・新入社員日記



仮想通貨取引所口座開設
仮想通貨取引所 BXONE
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
ベラージオのクチコミ
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ