2006年03月23日

シンガポール すし屋『まるい』3

ad957984.JPG

たまにはシンガポールの話もしないと怒られるかもしれない。なにせ、ブログの題名が『シンガポール奮闘記』なのだから、今日は、シンガポールのすし屋の話だ。また すし屋?!と思う人もいるかもしれないが、確かに、日本にいたときよりすし屋に行っている気がする。なにせ、わたしの周りには、すし好きが多い

銀座鮨処『まるい』 カッページプラザの4Fにある。
電話 6738-6048
 感じのよさそうな、日本人の板さんが一人で握っている。のれんの内側にドアがあり内部がみれないので、一瞬ひくが、普通の店なので安心して入ってください。

日本酒の種類がたくさんある。久保田 八海山などが
半升で飲める。しかも値段も手ごろだ。

予算は二人で 150ドル−200ドルだ(1万−万5千円)

店内はせまい。カウンターは6人 テーブル3席なので予約してから
行ったほうがよさそうだ。

カッページにあるので、N君(中ちゃんのようにちょっと1杯飲んだあとに、スペシャルKTVでスッキリする前に行く人はいいのではないか??
この店では、いつも飲みきってしまうので、ボトルのキープはしてない。 ちなみに、私は、同じビルの3Fのオカマのマスターのいる『クレセント上海のKTV、それに香港のバーには、ボトルをキープしている。しかし、上海香港に行く予定はない。

 そうだ、中ちゃんは、ボートキーの京ダイニング『つばきあん』にボトルを入れている。皆さん、その店に行ったときは、中ちゃんの名前を言って飲んでしまいましょう。。彼は、意外にずぼらなので、あれ?飲んじゃったかなとまたニューボトルを入れるはずです。この前もK君といって飲んじゃいました。ごめんね!ごちそうさま!またニューボトル入れといてね!



2006年03月22日

レッドホットカフェ事件3

kitaお約束通りに今日は『レッドホットカフェ事件』について語ろう!

池袋にあった、ノーパンノーブラパブである。

前回(大橋巨泉 池袋武勇伝)も書いたが、地下1Fにあるこのパブ。入店すると
いらっしゃいませと席に通されるが、ホステスが、全員最初から
スッポンポンである。女性は隣に座る時、なぜか、ソファーに小さいタオルを引いてから座る。『なぜ?』と聞いたら、 『濡れちゃう娘がいるから』と最初から飛ばしている。店の奥には、カーテンで仕切られただけの個室がある。希望の女の子がいる場合は、そこに連れて行って、5000円〜1万円支払うと、最後までOKだそうだ

巨泉姉歯2最初の開拓者は、私だが、そのあとは、K君(左上)と巨泉(写真右)に引継ぎした。
姉歯さんこと(○井氏)は こういうところにきても、まじめに仕事の話をしている。

姉歯さんは巨泉の直属の上司だ。うちわ話で申し訳ない。

 

topgun,△詁、巨泉T君(田○君)とこのパブに出かけた。巨泉とT君は年が同じだが、T君は身長が150cmくらいしかなく童顔だ、あまり遊びもしていない。レッドホットカフェのあまり可愛くないホステスがT君の隣についたが、それでも上機嫌で自分まで脱ぎだしている。しばらくすると そのホステスが水割りの氷を 自分のあそこに入れているではないか!? そしてそれを取り出して、あ〜〜〜んと子供のように口を開けているT君の口の中に!?、T君はニコニコしながら食べてしまった。。。唖然である。
取りあえず翌日から T君『アイスマン』と呼ぶようになった。
会社の外人は、不思議そうな顔をして『なんでTがアイスマン』なんだ。 『アイスマン』というのは、トム・クルーズの『トップガン』にも出てくるが、クール(かっこいい)人のニックームだ、とうてい T君には似ても似つかわない愛称だ。でもこの話を聞いて、笑い転げていた。

                                        △△詁寝ていると携帯がなった。出てみると、レッドホットカフェの店員だという。店の入り口に 黒い人が来て入店させろと騒いでると。私の名前を出して、『入れないと今度から誰も来ないようにしてやる』と暴れていると。。。名前を聞かなくても 色でわかる。 (あの首なしスカイラインの)ジョニーだ!店員によると外人はトラブルになるとややこしいのでお断りしているとのこと。 しょうがないので、『何とか、黒いやつですけど 心は、真っ白なのでお願いします。』とは言ってないが、なにかあったら責任を取るということで、『なんで おれがこんな店の保証人に しかも チョコボール・ジョニーの保証人に なるんだよ〜〜〜』  でも眠いのでその場を収めた。

巨泉さんが、5,6人の仲間を引き連れて、レッドホットカフェに突入した。早い時間から高い酒を入れて飲みまくっていたようである。会計が、30万くらいになったようだ、でもそれくらい飲んで触って、やりたいほうだい、遊んでいたわけだが、突如 巨泉さんが、ふざけんなと店長に パンチを食らわせて、暴れて撤退したようだ。(店がどれくらい壊れていたかは 定かではない)
翌日、K君の携帯に店からの苦情の電話(K君に引き継いでおいてよかった)その後、会社ごと 出入り禁止になったのは当然の結末だ。。


そんな おもしろい店だったが、いまは、あるのだろうか? わからない。



2006年03月21日

日本世界一 WBC よくやったぞ!10-65

松坂&黒よくやった松坂 気合入っていたな

昨年 西武球場で松坂のかみさん(柴田倫世アナ)にあったが綺麗だったね。しかも巨乳だ!妊娠していたけど。感じのいい人だったな。そんなことはどうでもいい。

監督以下、純潔日本人のすくない日本代表だったけどしょうがないか、純潔日本人だけで代表チームつくったら、9人集まらないかもしれないからな。

 

柴田アナしかし キューバ全員まっくろけで、しかもナイター、、球場には黒い影しか見えないのに、よく日本はがんばったな。時々 歯を出すんだけど、これが、白くてよく目立つ。入れ歯が飛んでるようだ。この入れ歯に向って投げれば、なんとかなるか?

キューバ黒

 

でも 試合中に SKYPEでアメリカ在住の友人と話したが、アメリカではだれも注目していないそうだWBC。 NYではヤンキースの練習風景のほうが報道されている。放映もスポーツ専門チャンネル(ESPN)だけだ。まあ 騒いでるのは日本とチョンジンだけか。

3月16日こら〜WBC&トリノオリンピック日本惨敗!!! の時はごめんよめちゃくちゃかきすぎてな!

とりあえず、世界一だ

日本は春分の日で休日らしいが、シンガポールは平日だ。残念ながら、会社だったので      ソニーのロケーションフリーテレビでは、観戦できなかった。



シンガポール チキンパイ3

今日はWBCのために 昼飯も食いにいけなかった。インターネットに張り付きだ

チキンパイジョン(写真下)が Mホテルの有名なチキンパイを買ってきてくれた。なかなかうまい。3ドル(約200円)くらいだそうだ。おごってくれたので、正確な値段がわからない。
以前紹介した。CAFE2000の店前で販売している。

しかし 先日、ジョン15年前の写真だといって見せてもらった。
どうして、こんなに禿げるのか!!驚きだ!手の施しようがない。。

  『現在のジョンさん↓』     『15年前のジョンさん↓』     

ジョン(2006・3・20)JOHN16しかし、ふさふさの髪が、たった、15年で桜金造のような ツルッパゲだから怖い。髪は、大切にしよう。。

そういえば、前の会社にも 約1名はげちょびん がいたっけな。



我が家の38度線3

おやじが陸軍特別攻撃隊いわゆる『特攻隊』の生き残りというのは話した。           (キリスト教式幼稚園と特攻隊参照
ところが、兄貴(10歳年上の)は、ばりばりの左翼だ、安保闘争(新宿騒乱)で逮捕されたくらいだ。実家では、2階に上がるとなぜか、左側が兄貴の部屋 右側が、おやじの部屋である

特攻隊右側の部屋には『嗚呼! 少年飛行兵』とか『ラバウル航空隊』
『軍歌大全集』
なるレコードなど 戦前戦中のような本棚だ!
とにかく、おやじは、横文字が嫌いだ
パイロットは飛行機乗り、エアポートは飛行場
ソ連人はロスケ、 外人は毛唐、アメリカ人はアメ公 
正露丸は征露丸(昔は、ロシアを征服するために満州で 下痢をした時に飲む薬だそうだ。戦後、まずいので漢字を変えたそうだ)
長嶋茂雄みたいにへんな 横文字を会話に入れたりしたら それこそたいへんだ!
その影響でわたしは、英語がぜんぜんだめだ。 小さいころから、『読み・書き・ソロバン』であった。英語の教科書を声を出して読もうものなら、パンチが飛んでくる。
『アメ公のマネするんじゃね〜〜〜〜〜〜〜〜〜』
 

マルクス安保左側の部屋には、 マルクスレーニン』『共産党宣言など
左翼の本が満載だ。

 

 

 

植木等

 

おやじと兄貴は、いつも喧嘩していた。いつも ゴルフのアイアンで
兄貴を追い掛け回していた。そのころまだ、わたしは、5歳くらいでなんだかわからず。家庭内朝鮮戦争のさなか、クレージーキャッツ植木等の『息子の言うこと信じなさい〜それ 信じなさい〜』題名は覚えていないが、のんきに歌っておやじに『ふざけるな!』と怒られたそうである。(しかし 古い話だ)

私は中立だった。???
おやじと兄貴の間に挟まれて、38度線のような中立地帯をキープしていた。。。というか恐ろしくて地下壕に身を潜めていた。。

兄貴とは同じ、中学校高校に通ったしかし、10年も年の差があるので
一緒に通学してはいない。私立だったが、その当時、身内だと下駄を履かせてくれたらしい。   そうでなければ、わたしが合格したはずがない。
いまは、あるかないかわからないが、兄貴は小学4年生から四谷大塚進学教室の会員(試験あり)だったが、わたしは、小学校のころから野球ばかりしていて、受からず、6年から、一般会員で日曜の模擬テストだけ受けていた落ちこぼれだったので、、、、

兄貴は中高でも成績優秀、物理部だか化学部の部長だったようである。
しかし、わたしは、中学1年の時、野球部に入ろうとして、先生にお前、本当に弟かといわれた。 物理部や化学部がいいんじゃないかと、大きなお世話だ!成績もいつも真ん中くらいだった。

確か中学2年の時、授業をサボって途中からこっそり、部屋に入ると、いきなり背後からパンチをくらった。兄貴ではないか!???なんでだ〜、兄貴が教育実習生で来ていたのだ。そのあと 呼び出されて、こっぴどく叱られた。おまけに、わたしの情けない成績を見て、ちゃんと勉強しろと言われた(それこそ、おおきなお世話だ!)

ただ身体だけは、頑丈だった。6ヵ年皆勤賞もとった。でも、7ヵ年皆勤賞をとったやつもいるそうだ。落第してるのに一回も休んでいないわけだ。さすがだ!というか毎日来て落第するんだから相当馬鹿なんだろう。しかし皆勤賞をとるやつは、たいがい優等賞(学年で10人弱)もとっている。私は、当然のこのながら、身体ひとつでとることができる皆勤賞だけだった。兄貴は優等賞をもらっていたようだ。兄弟で両方受賞したんだからいいだろう。

兄貴は、結局 右翼のおやじとあわなくて、家を出て行ってしまった。おやじも むかついて、勘当してしまった。戸籍から抹消してしまったのだ(現代でもそういうことができるのだ) そこまでするか自分の息子に!?ということで、私は、戸籍上は一人っ子だ。



ビットコイン
ビットコインのお財布を無料で作成しましょう! 簡単安心!ビットコイン取引所 coincheckbitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
ベラージオのクチコミ
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ