<$OGP$>

2006年04月17日

新入社員奮闘記3

研修新入社員として銀行に入社(20年以上前の話だが)すると、くだらない1ヶ月研修というのがあった。
1ヶ月間泊り込みで研修だ。自衛隊じゃあるまいし。
毎日 行歌を歌わされて、ラジオ体操までしている。朝から晩まで研修だ。酒も禁止だ。
研修中にジュースを飲んでいて、怒られて、前に立たされて、お前なんか支店に帰れと言われて、帰りたくありませんと泣いていたあほもいた。どうしているだろう。神田君!
共産党とりあえず。威張りまくっている人事部のやつが気に食わなかった。
夜とりあえず。窓から抜け出して。近くの酒屋で酒を調達してきた。そして気の合うやつで飲みまくり。よっぱらって『ちょんちょんちょんがらりんの朝鮮人』『ぶんぶんぶらぶら部落民とかわけのわからないのりで大声で騒いでいると、人事部の人間に見つかって、立たされた。真夜中に1時間以上も。。。支店長に報告すると脅かされたけど、こんなくだらないことどうやって報告するんだよ このあほ。勝手にしろ〜〜〜
自由研修と言う時間があった。各チームにわかれて、地元を取材して、報告会を行うという企画だった。みんなつまらない企画をしていた。
私は、地元の所沢に行こうといって、取材先を学生時代に地元のソフトボールチームで知り合いだった、共産党の市議会議員(私にも左翼の知り合いはいる)に連絡した。そして銀行がどれだけ大企業と結託して、地元零細企業に圧迫をしてきたかとうことをテーマに取材した。報告会では、地元の商店街が座り込み銀行に1円預銀行窓口をして業務を妨げたことなど。私も1円預金をしたことがあると。などを報告して、おおいにうけた。しかし、人事部の人間に呼び出されて、『いいかげんにしろ』と怒られたのはいうまでもない。しかし、つまらない研修だった。途中で、実地研修ということで、平井支店というところに1日配属された。下町だから元気にいくかと『へい いらっしゃいませ!』と来店客があるたびに 大声で叫んでいたら、すぐに次長に呼ばれて、ここは八百屋ではないから、もっと上品にしてくれと怒られた。どうせ、田舎銀行のくせになにいってんだい。だいたい、ぞうりの裏みたいなくしゃくしゃな顔したおやじが、何が上品にだ、むかついたが だまって静かにした。とにかく堅苦しい会社だった。 関連ブログ→就職戦線異常あり


新入社員のオキテ―入社3年目までの「キャリア」と人間関係

あなたも一流新入社員になろう!



2006年04月16日

シンガポール カイロプラクティック『Tamara Chiropractic』4

オッパイ先生シンガポールにもカイロプラクティックがある。左肩がしびれていたので、ひさしぶりに行ってみた。我々は、親しみをこめて『オッパイ先生』(Dr.Tamara Wong)と呼んでいる。ときどき治療のときに窒息しそうになる。。それがよくて通っている人もいるそうだ。オッパイ星人U君がそうだ。

最初に患部を電気マッサージしたあとに、背骨や肩のゆがみを 専用の治療ベッドでぼきっと治してくれる。約20分〜30分の治療時

カイロ治療台間だ。料金は75法別鵤毅娃娃葦漾僕徑縮 6735-1618

技術は天才長瀬先生にはかなわないが、なかなかフレンドリーないい先生(写真左上)だ。マッサージなどでとれない痛みやコリには有効だ。

場所は、オーチャードビルディングのオフィス棟の6Fだ。同じビルに駿台シンガポール校がある。私も昔、御茶ノ水まで通っていたオーチャードビルディングのでなつかしい。しかしシンガポール校のがきは 馬鹿そうな面したやつがおおい。治療時間が通学時間に重なるとたいへんだ。エレベーターは難民船状態だ、この前あまり、むかつくからぶん殴ってやろうかと思ったが、最近はおやじ狩りもあるのでやめといた。特に関西弁だったのが、よけいにむかついた。おまえら、チョンコウにでも行け〜あほ野郎〜〜〜

オーチャードビルディングは1Fに有名なカリフォルニア・フィットネスセンターがある。いつも大賑わいだが、外からランニングしているやつが丸見えなのだが、よくみると、内股で走ってるオカマや、百貫デブのババアがランニングマシーンがぶっ壊れそうになりながら突進していることが多い、やめてくれ〜。

TamaraChiropractic   1 Grange Road #06-01 Orchard Building  tel 6735-1618

大間違いの整体・カイロプラクティック選び



2006年04月15日

シンガポール やき鳥 『南蛮亭』4

南蛮亭シンガポールで20年以上営業している老舗『南蛮亭』K君といった。
グランドハイアット横のファーイーストプラザ5Fにあるのだが、ワンフロアーにたくさん店があるので、場所がわかりにくい。店内は日本のやきとりチェーンの南蛮亭とかわらない。
子供連れもいた。煙い焼き鳥屋で夕飯がわりに焼き鳥なんかくわしてんじゃねえよ。馬鹿野郎〜

セットメニューは12本くらいのやきと南蛮亭お皿りセットで34ドル、デザートやライスもついているので、お薦めだ。

われわれは、飲みに来たので、やきとりを適当にオーダーした。カウンターのセンターに陣取った。お通しの野菜スティックは南蛮亭の定番だが、なぜか干乾びていた。。次から次にでてくる焼き鳥はおいしかった。K君とウーロン杯を次々とオーダーして話しも盛り上がってきた。わたしが出された、椎茸焼きを食べるとK君『おれたち、オーダーしていないよね〜〜』でももう 食べてしまった。目の前には、オーダーしていない焼き鳥が満載だ。どうやら、カウン南蛮亭マスターターセンターなので、焼きあがった焼き鳥が間違えて、置かれているようだ。とりあえず、せっかくだから食べちゃおうぜ。といいうことで、全部食べてしまった。となりのおやじが、大根サラダしか出てこないとクレームしている。そりゃそうだよね、俺たちが全部食っちゃったんだから。。。無料ただ)の焼き鳥も結構うまかった。

見つかる前に、出ようということで、そそくさと会計をした。しめて110法別鵤沓沓娃葦漾 安い!! ありがとう南蛮亭!
予約していかないと、入れないことが多いと思う
。、そして、席はカウンターセンターがお薦めだ、あなたも他人のオーダーした焼き鳥を食べることができるかもしれない。

南蛮亭
6733-5666

14、Scotts Road #05-132
Far East Plaza Singapore 228213
ランチ 12:00〜14:30
ディナー 18:00〜22:30

るるぶシンガポール (’06~’07)



2006年04月14日

シンガポール日本大使館&チャンギエアポート&『鞭打ち刑』3

日本大使館シンガポール日本大使館に行った。署名証明をもらうためだ。最近ブログのために出かけるときは、デジカメは必須だ。今日も充電よろしく出陣だ。大使館前で撮影すると、入口にいる黒っぽいガードマンが、撮影禁止だと制止してきた。ざまーみろ、撮影しちまったよ〜〜馬鹿野郎。。。
と言うことで大使館に潜入した。入口で首からへんなものをぶら下げろといわれた。ダサい。これもちゃっかり撮影した。なんだか月末だったからかもしれないが、若干混んでいる。だいたい、田舎の郵便局じゃあるまし、昼休みまでとっている。ふざけんなよ〜〜
ビジターしかも、とろい大阪弁のおやじが前にいたので、署名証明を取るのに30分以上もかかった。しかも26法別鵤隠牽娃葦漾もとられた。ぼりずぎじゃねぇか?むかつく〜〜

そのあと、高島屋のお気に入りの萬陽マッサージにいった。スペシャルではなくてノーマルだ。高島屋の3F紀伊国屋にもいった。ここは、リャンコートより巨大だ。でかすぎてなんだかかわからない。日本書のセクションは左奥だが、下手な田舎の本屋よりでかい。頭の悪そうな、日本人のがきが 漫画の立ち読みをしている。ブログの本を一冊購入してすぐにひきあげた。本屋にはあまりいい思い出がない。でも今日はクリスがいないので、ゆっくり本を選べた。

チャンギその後、チャンギエアポートにいった。市内からはタクシーで30分弱、20ドル(約1400円)だ。以前、もっと安い方法はないのかと、日本から来る馬鹿者に聞かれたことがあるが、20ドルくらい払えないなら、シンガポールなんかにくるんじゃねぇよ、この貧乏人!!
空港では、至る所で、農協(百姓)の海外旅行でもあるまいし、車座ができている。いずれも帰国する日本人を万歳!とかいって送り出している。みっもないからやめろよ、だいだい、こちらの人間は、シンガポールに来ることを、来星、日本に帰ることを、離星といってチャンギ出国いるやつがいる。へんてこりんな日本語つかうんじゃねぇよ!星に行くなんて、死んだやつだろうが、縁起でもない。馬鹿野郎! じゃ〜香港はシンガポールより近いから、来月とか離月とか言わせようか、このすっとこどっこい! 来星(ライセ〜〜〜) 北朝鮮のキムジョンイルじゃあるまし。マンセ〜〜と同じだろうが、

よく日本から暇人なやつがシンガポールに遊びに来る。いつも迎えに行くのだが、23時〜24時に飛行機が到着する。ここで気をつけなくてはいけなのが、手荷物だ、成田空港で買ったと思われるANAてっちゃんやJALの袋を不用意にぶるさげていると、チェックされる。私もN君に頼まれて、高い焼酎を3本買ってきていきなり捕まった。無税で持ち込めるのは、1本までだ。2本分は課税される。でもいいかげんで、いくらしたか聞かれて、本当は1本5000円くらいしたのだが、1本1000円というと、50%税金とられるので、2本で1000円とられた。 いいかげんだ。それにしてもN君は、いつも焼酎やら、レトルト食品を買ってきてくれとたいへんだ。K君が日本からきたときは、スーツケースの半分以上N君のレトルト食品だ。なんだかよくわからない。どこでも売っているだろうが、、あと日本から、元プロレスラーのてっちゃん(写真左)という大柄なおっさんが遊びに来た時も、一発で捕まった。タバコを山ほど持ち込もうとしたのだ。というより、明らかに密貿易人のような、格好をしていた。でも税関に連行される途中で、係員の目を盗んで、隣のドアからでかい身体で抜け出してきた。本当の脱税行為だ。この国はなんでもありだ。ただし捕まると鞭打ちだ〜〜気をつけよう。ちなみにシンガポールはタバコの持ち込みはできません。街中で購入することはできますが。

鞭打ちところで、シンガポール鞭打ち刑はハンパじゃないそうです。鞭といっても、実際は棒に釘が刺さっているようなもので、2,3回で、お尻の骨までこなごなになるそうです。途中で気絶すると、残りは後日に延期されるそうです。以前、車に落書きしたアメリカ人の子供が鞭打ち刑になったようです。てっちゃんやばいですぞ。刑罰を受けた人はほとんど歩けなくなり車椅子生活だそうです。パラリンピックにでも出場するか!


アンメルシンブラスター DX (20枚×3箱)
鞭打ちの後にすっきり 冷湿布はいかがですか!!



2006年04月13日

就職戦線異常あり4

リクルートスーツ昔(20年以上前だが)は、売り手市場で就職の時は、学生がいい思いができた。でも とりあえず、春ころから真剣勝負だ、私は、金融志望だった。特に証券会社が希望だった、でも おやじは 『株屋』(かぶや)といって嫌っていた。商品先物会社なんぞは『豆屋』(まめや)といって論外だった。人間の勤めるところではないといっていた。 だいたいそのころはやっと 『銀行よさようなら証券よこんにちわ』と  やっと証券会社が市民権を得てきたところだ。商品先物会社などエテ公(猿野郎)以下だろう。でもいまでも日本ユ○コ○やら、オ○エ○ト貿易だの『豆屋』に勤めている馬鹿がいるのにはあきれる。たぶんチョンジン人間のくずだろう。そういう会社に限って、鎌倉の大仏じゃあるまいしパンチパーマや、総カツラ総入れ歯役員までいるのがあきれる。娘もあほだから浪人までして、会社の経費で大学まで通ってる。まいるぜ。犯罪行為だね。なんとかどっとコムとかいう会社だったな。

それはともかく、そのころの就職のシステムは 大学のOBを訪ねていって、それが第一回面接、その後、さらに上の先輩へ、と6段階くらいで、めでたく採用になる。その時代は携帯電話はないので、ひたすら、夜、次の面接の電話を待つ毎日だ、電話があれば、合格なければ、そこでパンチパーマ失格という簡単な方法だ。
私は、5,6社を面接を受けていた、N村証券もそのひとつだった。ところが、N村証券の人事部からの電話におやじがでてしまった。『うちの息子は、そんな 株屋なんか受けるはずないだろ。馬鹿野郎!このすっとこどっこい』といって電話をたたききった。当然、おしまいである。 とんでもないおやじだ!!!。結局 なんとか銀行から内定をもらい、あまり行きたくなかった銀行に行くことになる。内定をもらった瞬間に拘束が始まる。ほかの企業の面接を受けられなくするためだ。
翌日から毎日 銀行の本店に集合だ、そしてバスに乗せられる。そして、ガイドが今日は那須高原に行きますとか。朝行き先を告げられる。ミステリーツアーのはじまりだ。昼飯からビールもでてやりたい放題だ。1泊2日のこともある。私は学習塾のバイトをしていたのバスで、電話をして、早めに休みの連絡をしなければならない。その時代は携帯電話もない。しかし、サービスエリアでは、電話ボックスに人事部の人間が張り付いて電話もできない。でも強引に電話をしようとすると、まず番号を教えて、人事部の人が電話をして、学習塾であることを確認してから話ができた。『すみません。今日、○○銀行に拉致されているんで行けないんですけど』でも 人事部の辛気臭い野郎から、『こら、拘束されているなんて言うな』と怒られた。事実拉致してんじゃねえかよ〜〜その当時、『内定蹴り』(企業が学生に内定を断られること)されると、人事部の人間は減点されるので必死だ。N村証券の内定を断りにわざわざ会社まで行った馬鹿学生が、コーヒーをぶっ掛けられて、クリーニング代といって5000円を投げつけられたという話も聞いたことがある。                 

                                                          そんなことが1ヶ月も続いた。来る日も来る日も飲み会だ。。後で聞いたが、一人あたり、50万〜100万かかるそうだ。預金者が知ったら怒るだろうが。そのころ 10月1日が就職解禁と 馬鹿なマスコミも報道していたが、その日は、遠くの温泉までいっていた。その日に会社の前に並んでいるやつは相当のあほだ。入社できるはずがない。

N村證券の、3Sは有名だった。内定した学生に ステーキ 寿司 ソープランド、いわゆる3Sをご馳走する。10月1日前後は、東大生はハワイで拘束していた。という話も聞いたことがある。

サッポロビールの面接で、面接官が何を聞いても、答えず、最後に『男は、黙ってサッポロビール』といって採用されたとか
三船敏郎が昔、サッポロビールの宣伝で、最後にいつもこの一言でビシッと決めていた。)
セブンイレブンの面接で、面接会場に入るなり『開いててよかった!?』と叫んで採用されたとか、本当ようなのうその話がいっぱいあった。

関連ブログ⇒新入社員奮闘記



仮想通貨取引所口座開設
仮想通貨取引所 BXONE
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
ベラージオのクチコミ
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ