<$OGP$>

2006年05月19日

バリ島vo2 ホテル編『THE CHEDI CLUB』5

コテージ今回滞在したホテルは、『THE CHEDI CLUB』 だ、2004年にオープンしたばかりで20棟しかなく、設備やサービスが充実している。3タイプの部屋があるが、毎日2時間のマッサージが付くスパヴィラがお薦めだ。

ホテルでチェックインすると、驚いたことに、滞在中専用のバトラーがつく、いろいろなリクエストを朝から晩まで聞いてくれる。ウエルカムドリンクのあとで、早速部屋に案内された。コテージだ。20棟しかないので充実したサービスが受けられそうだ。

部屋寝室

 

部屋には、バスサウナ水風呂、専用のマッサージルームまで完備されている。
専用のプールが付いている部屋もある。(プールヴィラ)

サウナバス

宿泊客の7割が日本人だそうだ。カタコトの、日本語を話す従業員もいる。こういうホテルは、観光で外出せずに、終日ホテル内ですごすのがお薦めだ。

 

宿泊者特典がこれまた、いろいろある。
空港の無料送迎
朝食無料(部屋食可能)
アフタヌーンティ&スナック無料
ミニバーミニバーの飲み物すべて無料(ウイスキー、ジン、ウオッカなんでもある)以前、ミニバー事件を体験しているのでこれは、うれしい。
カクテルやトロピカルジュースなどドリンク類の24時間ルームサービス無料
ウブド近辺の送迎無料
朝30分、午後90分 合計2時間のマッサージが無料
プールサイドのバーで飲み物無料。
ランドリーサービス無料
インターネットは無料 。肝心のインターネットの速度は、特に速いというわけではないが、ストレスを感じないほどの十分なキャパがあった。あまり期待していなかっただけにOKだ。
これでもかとサービスが付いている。

バリ島一口メモ

日本との時差は1時間(日本は8時ならバリ島は7時だ)南半球にある。
ヒンズー教徒が90%以上いる。(イスラム教のように、戒律が厳しくないのでいい)三重県と同じくらいの面積がある。もちろんシンガポールより広い。人口は約300万人 オーストラリアや日本からの観光客が多い、観光の島だ。サーフィン、スキューバーダイビング客も多い。

55歳以上で簡単に取得できるリタイアビザで生活している日本人日本人妻も相当いる。
平均月収は8,000円、家賃は3,000円くらいだそうだ。100万円くらいで、家が購入できるみたいだ。 5万円くらい家賃を払うと、一軒家でかなり広い物件に住めるようなので、老後をバリ島で暮らす人が急増しているらしい。

昨年、市内の繁華街でイスラム教徒の爆弾テロで200人以上が死傷した事件以後、警備が厳しくなり、ホテルは24時間ガードマンがいて、入場する車を爆発物感知センサーでくまなくチェックしている。ホテルで滞在している限り、全く安全だ。
バリ島は2期作、場所によっては3期作、米がふんだんに収穫できる。

デヴィ夫人そいうえば、ここも 昔はわが大日本帝国の領土だったのだ!その前はオランダの植民地だった。軍隊口調で日本語を話す島の老人がいまでもいるそうだ。

戦後のインドネシアの初代大統領はスカルノ大統領だ。その第3夫人が あのデヴィ夫人だ。もともと赤坂の高級クラブのホステスで、日商岩井が商売のために、スカルノに彼女を夜の接待役としてプレゼントしたらしいが、、、あまりテレビで見たくない顔だ

続く、、、、、、、、



2006年05月18日

バリ島3泊4日の旅vo1『ガルーダインドネシア航空』5

チェックインカウンターガルーダインドネシア航空シンガポールの休日と利用してバリ島に出かけた。シンガポールとバリとの時差はないガルーダインドネシア航空を利用した。300SINドル(約2万円)でビジネスクラスを利用できるというので試してみた。シンガポール航空だと1200SINドル(約8万円)もとられるので、考えてしまう。2時間30分のフライトだ。ビジネスラウンジ機内食チャンギ空港は、ターミナル1だ。しかも一番奥の14番にチェックインカウンターがある。

ラウンジも利用してみたが、キャセイなどと共用ではあるが、開放感があり料理(デザートやフルーツも)やワインもふんだんに置いてある。やや小型な飛行機に乗り込み、ビジネスといっても14席くらいしかない。18時の便だったので夕食も出てきた。あまり味のほうは良くなかった。
左斜め前方に、バリ人らしき黒んぼが2人で搭乗していたが、ビーフORフィッシュのところを、両方ゲットしてぺロリと平らげていた。食後のアイスも二つ食べていた。ずうずうしんだよ!機内のテレビでは、イギリス版どっきりカメラのようなくだらない番組が放映されていたが、その黒んぼの二人が、腹を抱えて、でかい声で笑っている、シートが壊れそうだ。なにが面白いのか全然わからない。。

VISAそうこうしているうちにデンパサール空港に、到着だ、入国の前に、入国ビザを申請する、ひとりUS10ドル(円でもシンガポールドルでもOK)で申請するというよりパスポートを見せて購入するという感じだ。記入する書類もない。こんなことで、インドネシアは儲けているんだな。しかし、ビンタン島に行った時もそうでしたが、パスポート1ページ分そのビザが占領する。何回もいったらスペースが無くなるだろうが!

 

BALI WALKER入国審査所では、驚いたことに、日本語の観光パンフが所狭しと置いてある。
手提げ袋に一式入れてあった。 入国審査官からも日本語のパンフを手渡された。でも無料なので、一応全部もらっておいたほうがいい。特に バリウォカー全編カラーで40ページほどで情報満載だ。 日本からの直行便も多数出ており、相当日本人勧告客が多いと見た。ゴールデンウィーク中は、一日に8機の直行便が日本から到着していたようだ。

両替屋両替屋も所狭しと並んでいる。中からこちらへどうぞ、と一生懸命客引きをしている。とりあえず、1万円ほど両替したが、インフレ通貨のため、いったいいくらなのか、よくわからない。感覚としては、100分の1にすればいい
1000インドネシアルピアで約10円だ。チップは基本的に1万ルピア〜2万ルピアを渡せばいいようだ。到着当初、よくわからず、ホテルのボーイに1000ルピア渡したが、10円だった。どうりであまり喜んだ顔をしていなかった。

正確には、1000インドネシアルピア=12.16円(2006年5月18日現在)

出国すると出口でホテルの迎えが100人くらいいる。自分の迎えが誰なのか、発見するのがたいへんだ。ウガンダに似た、ひときわ目立つデブが私の出迎え人だった。
そこから 車でホテルに直行だ。車内で冷たいおしぼりや飲み物が出される。ホテルはウブドの田園にある、1時間の行程だ。吉幾三ではないが、信号がほとんどない 電灯もない野良犬がたくさんいるバイクが多い道路が狭い、これが、バリ島の第一印象だ。22 時ころにやっとホテルに到着した。

続く、、、、、、、、

楽園の達人がガイドするバリ島完全移住



2006年05月17日

シンガポール 回転寿司『SAKAE SUSHI』1

SAKAE SUSHI 入口回転寿司に行こうとジョンに誘われて、気は進まなかったが、OUB CentreのB1にあるSAKAE SUSHIに行ってしまった。

外人で外まで列ができるほどの賑わいだ。その行列に並んで日本でも10年以上行ってない回転寿司に突入した。かなりの速度で回転している。ぼやぼやしていると、どんどん寿司が流れていく。しかし、なんだか見たことのないネタばかりが通過する。まずそうな干からびた寿司ばかりがどんどん出てくる。

SAKAE SUSHI 店内適当に手をだして、ネタをとったが、どれもあまり美味しくない。奇妙なものには手を出したくない。一応 赤の皿が6.5ドル(約500円) そのほかが、1.9ドル(約140円)だ。マグロや、アナゴなどは、赤皿だ。へんてこりんな、タコも取ってしまった。しかも赤皿だ。刺身もあるが、小さい冷凍パックの上に乗っかって出てくる。でもわまりの外人はどんどんこの、奇妙な寿司を旨そうに食べている。納豆手巻きなどを食べてお腹を膨らまして、早々に立ち去った。二人で40ドル(約2800円)まずい割には、結構高いランチだ。こんなSAKAE SUSHI』がシンガポール中に28店舗もある。信じられない。

冷凍パックの上のネタ奇妙なネタ中国、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイにも展開している。さすがに日本には展開していないようだ。世界の人にこれが寿司だと思われたら困るぜ!

レストランカードには、一応、GOOD PLACE  VERY GOOD SUSHI と書いてある。確かにいい場所にはえび回転する寿司あるが、寿司の味はどうもいただけない。

回転寿司と言えば、親戚の子供が、いつも回転寿司に連れて行かれていて、たまには、ちゃんとした寿司屋に行こうということで、連れて行ったら、寿司が回転してないと泣き出したそうだ。板さんにむっとされてたいへんだったようだが、、、、

てっちゃん私は、子供のころ、親父が回転寿司なんて寿司じゃない!とまったく連れて行ってくれなかった。社会人になってはじめて回転寿司デビューした。その後、あのプロレスラーのてっちゃん(写真左)と神田の回転寿司によく出かけた。

てっちゃんは食う食う、一人で20皿くらいはぺロリだ。食った皿を、こっそりリフトに返却したり、隣の客の皿にちょいと重ねたりしているのを、何回か目撃した。てっちゃん曰く『ええやん、ぎょうさんくっとるんだから、となりのおっさんも、よっぱらっとるし』と、、、、そういうものか、、、

てっちゃんとは、以前、仕事の合間に赤坂の『ジョン万次郎』に出かけた。いまはあるのかどうだかわからないが、6時から8時の短時間で食べて飲んで会社に戻ってくる毎日だった。短時間でもてっちゃんはよく食う、そして飲む。ある日そろそろ時間だということで、伝票を持って会計するとやけに安い、二人で1000円ちょっとだ。てっちゃんは平然とお会計をして、出てきた。『ほんま、万次郎はやすいなあ、今日は、セールや わしのおごりやねん』と。。どうやら、隣の席に来たばかりの団体さんのお勘定と取り替えて出てきたようだ。。おそらく隣の団体に1万円以上は余計についていると思う。でも10人で割れば、1000円ちょっとだれも気づかないか。。。てっちゃん伝説はまだまだあるが、またの機会に、書こう。。

先日、てっちゃんと 15年くらい前にグアムに行ったとき、シャワーから出てきた全裸のてっちゃんを撮影した写真が出てきたので、これをブログに使用してもいいかと聞くと、『ええけど、股間は、おおきゅう消しといてんな。わしのぽこちん、ちいこいと勘違いされたら あかんからな』と言われた。もう一度写真を確認してみたけど、それほどでかくなかった。。

それから、てっちゃんが、最近久しぶりに、かたぎの会社に就職したと風の便りに聞いたので、お祝いに『てっちゃん、就職おめでとう』とメッセージ入りで胡蝶蘭を贈っておいたのだが、早くも会社で、あの人、銀座のクラブで用心棒してたとか、へんな噂がたって誰も話をしてくれないそうです。ごめんね!てっちゃん。

注・・てっちゃんから『わしは、犯罪者やないから、目線だけは、やめといてな』と言われているので目線なしの写真を掲載しています。



2006年05月16日

壮絶 『うんこ事件』1

そろそろ、あの 『うんこ事件』についても語らなくてはいけない時期がきた。あまり書きたくない話題だが、読者のリクエストがあまりにも多かったので、やむなく書くことにした。

登場人物は、シンガポールのK君くろんぼジョニー、そして、あの伝説の巨泉さん、そして、三原のさんしん亭だ!。

途中からブログ読者になった方は、まず、基礎知識として下記をお読みになってから、続きを読んでほしい。

巨泉さん関連ブログ、 恐怖のさんしん亭くろんぼジョニーシンガポールK君

さんしん亭では、時折、スーパーコンパニオンを呼んで、宴会を開催していた。


まず、高校時代の同級生がその仲介をしているのだが、3,4人のコンパニオンを呼ぶ、そして、最初は普通に飲んでいるのだが、途中から野球拳をやりはじめて、最後には、スッポンポンになって、場合によっては、女体盛りわかめ酒まですることもある。さんしん亭はガラス張りの店なので、道路から丸見えだ。その時は、作務衣を来た三原が、カレンダーなどを使ってそとから見えないように、細工していた。



土曜日の5時ころ、そのスッポンポンパーティに10人以上の仲間が集合した。しばらくすると、スーパーコンパニオンの登場だ。がぜん盛り上がる。野球拳がはじまった。なさけない、参加した男がとにかくジャンケンが弱い、つぎつぎと、裸にされていく。男の裸を見に来たわけではない。新顔を投入して、なんとか、コンパニオンを全裸にすることができた。ここからは、巨泉さんの独壇場だ。裸のコンパニオンを隣に座らせて、イッキのみさせるは、へんなところに指を入れるは、したい放題だ。

女性はさすがに嫌がっていたが、おかまいなしだ。一人のコンパニオンは巨泉さんにつぶされて、全裸のまま横たわっている。そろそろお開きだということで、その意識不明の女性のためにタクシーを呼んだ。



ところが、誰が送っていくかで、巨泉さんと、ジョニーがもめ出した。ジョニーは、その女性を裸のまま抱きかかえて、店を出ようとした。そこへ、巨泉さんが体当たりだ。女性が危ないので、K君ジョニーからその全裸の女性を変わりに抱きかかえた。巨泉さんジョニーは、がちんこでけんかしている。結局、K君が、その全裸の女性をコートにくるんでタクシーに乗せた。その醜い戦いに勝利した巨泉さんが、そのタクシーに乗り込んだ!。その日、バーバリーの白いセーターをきていたK君が外からもどると、なにかがへんだ。かなり汚れている。よく見ると、茶色&赤色ような、なんというか いい臭いもしている。。。まさか〜〜〜〜


あのコンパニオンが泥酔して、もらしてしまったのだ、しかも生理中だったようで、K君の高そうなバーバリーの白いセーターは茶色赤色2色に染まっている。私は、とりあえず。なるべく離れた所に退避した。さんしん亭の三原はヤクザから仕入れているであろうおしぼりを持ってきて、K君のセーターを拭いている。意外に親切だ。

巨泉さんは、そのうんこまみれ&血だらけの彼女をお持ち帰りだ。さすがだ!タクシーの白いシートもたいへんなことになっていたようだ。そのあとの、行為については、本人しか知らない。たぶんずっぽししてしまったのだろう。

キャバクラ嬢あまりの『うんこ事件』にさきほどまであれほど盛り上がっていた場がしらけ切っている。まずい、よしの見直しだということで、六本木のキャバクラ『スマイル』に向かった。  

もちろんK君は、そのままでは行けないので、月島に住んでいる後輩の家に着替えに退却した。うんこまみれのバーバリーのセーターは窓から捨てたそうだ。キャバクラでは、『うんこ事件』について話して盛り上がっていた。しばらくすると、K君が登場した。キャバクラ嬢は『うんち君』と呼んで客なのに、引きまくっている。しかもK君ジャージで突入してきた。後輩がジャージしかもっていなかったからだ。K君は178CMくらい、後輩は160CMくらいだ。K君六本木つんつるてんのジャージで登場したのだった。すねまで見えている。上着の丈も短い、こんな格好で六本木のキャバクラに突入してくるやつはいない。キャバクラのねえちゃんは、客だが、K君のとなりに座るのを避けていた。もう ウンチはついてないのだが、数時間前までうんこまみれだったと思うと、近寄りたくないようだ。結局、K君はそのみそぼらしい、つんつるてんジャージで家に帰り、奥さんには、後輩にゲロ吐かれて、セーターをだめにしてたいへんだったということにしたらしい。

人生で2度目の『うんこ事件』は終った。参考⇒一度目の『うんこ事件』

今日は本当に汚い話題だった。でもご安心ください。これ以上汚い話題は今後ありませんので。。。。。。

 



2006年05月15日

シンガポール マッサージ&スパ『Spring Spa』3

spring spa 入口シンガポール Spring Spa』6533-6288
アポロセンター
の地下1階にある『Spring Spa』に行った。
清潔感のあるSPAだ。

大浴場に、ミストサウナ、ちょっと小さめだが、ドライサウナもある。あかすりもたのむ事ができる。30分〜40分で40法福椒船奪廝隠悪法法

spring spa バス

待合室では、飲み物食べ物が無料でサービスされる。自家製ラクサがお薦め。日本人客も多いようだ。書棚に週刊ポストがたくさん置いてあった。さっそく手にとって読んでみたが、なにかがおかしい。秋吉久美子ヘアヌード!
????なんと2003年のものだ。3年も前の週刊誌がいっぱいある。せめて2,3ヶ月前のにしろよ!

マッサージは、1時間コースと1時間30分コースがあり、それぞれ、80ドル、100ドルだ。オイルを使用して入念に行われる。

秋吉久美子N君のダイスキな、スペシャルサービスもあるようだ。手ずっぽし(手コキ)で、80ドルだそうだ。N君はゴールド会員だそうだ。さすが夜の帝王


Spring Spa』6533-6288
2Havelock Road Apollo Centre
営業時間11時〜23時

どうも、最近シンガポールはずっぽしマッサージが多いというか、正統派マッサージも次々とずっぽしマッサージに転向しているようだ。また、シンガポールで気をつけたほうがいいのは、チャレンジャーな女性が以前チャイナタウンあたりの安いマッサージに果敢に突入したらしいのだが、マッサージは最悪で、となりの部屋から、おやじのへんな声が聞こえてきたそうです。それは、まさしくスペシャルズッポシマッサージだ! 女性の行くところではありません。女性はやっぱり、一流ホテルのエステに行くことをお薦めします。

海外生活奮闘記(シンガポール・香港)創刊!購読者には素敵なプレゼント!があるかも。。


 



仮想通貨取引所口座開設
仮想通貨取引所 BXONE
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
ベラージオのクチコミ
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ