<$OGP$>

2007年03月01日

ニュージーランド ルビコンバレー(ジェットボート・羊の毛刈り)3

ロールストン山トランツアルパイン号アーサーズ・パス駅で下車して、マイクロバスに再び乗車した。

峠をバスはどんどん上って行く、ロールストン山(Mt. Rolleston Viewpoint)で下車して記念撮影だ。

 

デスコーナー2デスコーナー次は、デスコーナーと呼ばれる以前は事故も多発した危険な峠道を訪れた。いまでは、橋も出来て通行することはなくなったようだ。

 

 

ケアここでは、ケアというニュージーランドの鳥を身近に見ることが出来た。とても悪戯好きな鳥らしいが、近年、絶滅しそうなために保護されている。

 

 

U字谷ルピナスその後、氷河で侵食されたU字谷を見学した。

日本では、のぼりフジと呼ばれるルピナス(マメ科)が綺麗に咲き乱れる場所で記念撮影だ。

 

ピアソン湖2ピアソン湖ピアソン湖で休憩だ。

その日は風もな無く、山々が湖に反射して幻想的だった。

 

 

フロック・ヒルバイキング12時にフロック・ヒルに到着だ。ここで、バイキング形式の昼食だ。

デザートはなかなか美味しかった。

 

 

デザート

中庭

昼食後は、広い中庭を散歩すると気持ちがいい。  

 

 

 

ブロークン川・ケーブストリーム2ブロークン川・ケーブストリーム13時に出発した。15分ほどで、ブロークン川・ケーブストリームでまたまた記念撮影だ。

足元の草原の下は鍾乳洞になっていて、それなりの装備があれば、水中を探検することができる。

バスジェットボート14時にルビコンバレーに到着した。。

まず、ポンコツのバスに乗り換えて、ワイマカリリ渓谷ジェットボート乗場に移動だ。

 

いざスタート!今日は天気も快晴でジェットボート日和だ。特別に会社のオーナーが操縦することになった。

ジェットボートはニュージーランドが発祥の地だ。私はシンガポールで体験したことがあるが、渓谷が間近で、水深の浅い川で乗るのははじめてだった。

乗車完了すると、ジェットボートはいきなり高速で発進だ!

パイロットの合図のあと、360度スピンの開始だ。次から次へとスピンが行われる。今日はオーナーがパイロットだったのでサービスで何回もスピンが行われた。。。。20分〜30分だったが非常に長く感じた。後方の座席に座った人はかなりびしょびしょになっていた。しかし、ニュージーランドは乾燥しているのですぐ乾くから問題ない。

牧羊犬川岸からまたポンコツのバスで今度は牧場に移動して牧羊犬の活躍を見学した。この牧場の羊も餌付けができる

牧羊犬は羊を移動するのに必要だ。訓練期間は2年間で、10年ほど働くそうだ。牧羊犬は主人の命令しか聞かない。飼われている主人の命令で羊を追う。。複数の羊飼いがいても混乱しないのだ。主人意外から名前を呼ばれてもびくとも動かない。本当に賢い犬だ。

餌付け怯える羊羊は臆病なので、牧羊犬に追い立てられると、全速力で群れで走りまくる。

 

 

 

アルパカアルパカも見ることが出来た。アルパカの毛は高級で1キロ30NZドル(羊の10倍)だ。ラノリンが出ないので毛がさらさらだ。1年に一回毛刈りをする。1頭オスは900NZドル メスは9000NZドル(約77万円)で取引されているそうだ。この牧場には22頭のアルパカがいるそうだ。

 

さて、羊の毛刈り見学だ。

羊は、1年に下あごに2本の歯がはえるので、歯の本数を数えれば年がわかるそうだ。5年もたつと歯は生えなくなりあとは、毎日草を食べるために歯が磨耗してなくなり、最後は餌を食べることができなくなり餓死するそうだ。 もっとも、羊は9月ごろ出産(毎年1〜2頭)し、6ヶ月以内にオスは、ラム肉として出荷されて食べられてしまう。残ったメスは、毎年3月と8月に羊毛を刈り取られ、4年もたつと、家畜の餌として殺されてしまうそうだ。

一部のオスは繁殖用にメスとは違う場所でのんびり飼育され、繁殖時期になると、1頭で200頭くらいの相手をさせられるそうだ。一日に12頭もお相手するそうだ。 さすがのカナダ兄弟のクリスもそこまではできないだろう。オスのお腹にペンキを塗っておいて、繁殖行為が終了したメスにはそのペンキがつくので、終了かどうか見分けるそうだ。

また羊は、食べた草を体内に蓄積することができないので、1日16時間食べ続けなければならない。そして8時間寝る。。喰っちゃ寝ているということだ。 

羊の毛刈り牧場主の毛刈りがはじまった。まず電動で毛刈りを見せてもらったあと、専用のはさみを利用しての毛刈りだ。

1頭あたり、1.5NZドルが毛刈り職人に支払われる。8時間で電動の場合は250頭、手刈りの場合は160頭刈ることができるそうだ。
毛刈り職人はニュージーランド、オーストラリア、ヨーロッパの各地を転々として毛刈りを行うようだ。1ヶ月で80万ほどになる計算だが、
若いうちにお金を貯めて、牧場経営者になる人も少なくないようだ。

毛刈り体験羊毛は、1キロ3NZドルメリノという羊毛は1キロ10ドルほどで、売買されている。

ここでは、毛刈り見学のほか、手動の毛刈りによる、羊の毛刈りも体験できた。

 

ティータイム毛刈り見学のあと、、牧場主の奥さんが作った美味しい菓子をいただきながら、ティータイムだ。


16時にルビコンバレーを出発して、クライストチャーチに向かった。17時には大聖堂前に到着できた。

 

まだまだ、町は明るい。。。



2007年02月28日

ニュージーランド トランツアルパイン号ツアー(クライストチャーチ)3

トランツアルパイン号いよいよ、長かったニュージーランド旅行もあと1日を残すだけになった。

最後の観光は、テレビ朝日世界の車窓からという番組にも登場したことのある人気のトランツアルパイン号ツアーだ。世界6大景観列車のひとつだ。

 

7:25 クライストチャーチのホテル出発(マイクロバスにて)  カンタベリー平野を移動
9:15 スプリングフィールド駅高原列車トランツアルパイン号に乗車
    列車から渓谷などを見学

10:30 アーサーズ・パス駅下車 マイクロバスに乗り換え、アーサーズ・パス(峠)を越えてオティラ渓谷を下り、ロールストン山が見える展望台やデスコーナーで、撮影のために停車

12:00 フロック・ヒルのレストランで昼食

13:00 フロック・ヒルを出発

14:00 ルビコンバレーに到着
    ワイマカリリ渓谷にてジェットボート体験(約20分間)
    羊の毛刈り・牧羊犬のショー

16:00 ルビコンバレー出発

17:00 クライストチャーチ到着

JCBプラザ(オークランド)で、予約手配をしたが、一名300NZドルのところ、10%割引で270NZドル(約2万3千円)だった。

マイクロバス盛りだくさんなツアーだ。
7時25分にホテルにお迎えのマイクロバスが到着した。日本人ばかりの4組(8名)のツアーだった。

まず、クライストチャーチの町を通り抜け、カンタベリー平野を突き進む。両側はまた羊の群れだ。

 

バスニュージーランドでは、ブタ以外の家畜は放牧している。羊などは、身体からラノリンという油を出して保湿保温が出来るが、ブタは体毛がないので寒さに弱いそうだ。

このカンタベリー平野では、ニュージーランドの農作物の80%を生産している。

 

最近では、かぼちゃやアボガドが日本へたくさん輸出されているそうだ。

カンタベリー平野は降水量が650ミリと(東京は1500ミリ)少ないので、巨大なスクリンプラーが所々に設置してある。また風が強いのでユーカリやポプラの防風林もたくさんある。

オーストリッチ最初の目的地、スプリングフィールド駅へ向かう途中で、オーストリッチ(ダチョウ)を見学した。鶏の卵の20個分も卵が1個分だ。オーストリッチの卵から目玉焼きはいくつ出来るか?などとくだらないジョークを飛ばしながら、目的地に向かった。答えはひとつだ。

 

 

8時50分、、ちょいとはやめにスプリングフィールド駅にマイクロバスは到着した。まだ列車到着まで時間があるので、線路に下りて雪山をバックに記念撮影をした。この時期(1月)はニュージーランドは夏なので通常、山には雪は残っていないようだが、異常気象で夏であるにもかかわらず雪が降って山には綺麗に雪があり撮影にはちょうどよかった。

スプリングフィールド駅車内駅にはどんどん観光バスが到着し駅は観光客で混み合ってきた。9時10分ころトランツアルパイン号は駅に到着した。

全席指定で夏の時期は予約で満席だそうだ。ガイドの人に案内されて指定席に座った。

カフェ展望車5分ほどで列車は出発した。ここで、のんびりしてはいけない。列車中央部にある展望車移動したほうがよい。(展望車は狭いのですぐ満杯になる)途中の車両にはカフェもあり、飲み物や軽食を買うこともできる。

 

ワイマカリリ川渓谷スプリングフィールド駅から出発してしばらく進行方向右手の景色が絶景だ。展望車の右手に陣取るのがお薦めだ。

ワイマカリリ川の渓谷の景色は天気もよかったので綺麗だった。

 

 

列車と風景列車が右手にカーブするので景色と列車を合わせて撮影することができる。

トンネルをいくつも通過するので、あまり展望列車から首を出しすぎると、危険だ。

 

渓谷しかしここ(展望列車)にも、ちゃんころがたくさんいるので割り込みには注意したい。というかぐいぐい割り込んできたのでぶん殴ってやろうかと思った。

9時40分ころになると、景色は進行方向左手のほうがよくなる。しかし、景色も満喫したので、自分の座席に戻ることにした。

 

アーサーズ・パス駅10時40分すぎに、アーサーズ・パス駅到着した。しっかり記念撮影したあと、駅前方の地下道を通り左手の出口に向かった。ここで、先回りしていたマイクロバスに乗車した。

 

 

つづく!!!



2007年02月27日

ニュージーランド イタリア料理『ペスカトーレ』(クライストチャーチ)4

ジョージホテルクライストチャーチで一番人気の高級ホテルジョージホテルの中にある、イタリア料理『ペスカトーレ』に行くことにした。

最初はクライストチャーチでは、『ジョージホテル』に宿泊しようとしたが、値段が高い上に市内からタクシーで移動しなければならないので、レストランだけでもと訪れることにした。

 

バーカウンタークライストチャーチの市街地からタクシーで6.8NZドル(約600円)5分のところにある。

ジョージホテルのエントランスはシンプルだが、洒落ている。入口の左手のは、カウンターバーもある。

 

ハグレー公園ペスカトーレ左手の階段を上がると、そこには、こじんまりとした『ペスカトーレ』の入口がある。

レストランからは、エイボン川ハグレー公園の景色が綺麗に見える。

 

料理1料理218時30分に予約したが、西日が射し込んでまぶしい。

4〜6種類の料理が楽しめるデギュスタシオン(5種類)にした。ワインは料理に合わせてグラスでサーブされる。

料理3料理4料理は1品1品、丁寧に作られていて、見た目も味もいい。

 

 

 

ラムワインしかし、メインのラムが出てくるまで、一品毎に出てくるグラスワインを飲みすぎて、ちょいと酔っ払ってしまった。

 

 

店内デザート店内のお客の8割が日本人なのには驚いた。。

今日のマイタンは345NZドル(約3万円)だった。

 

人気店なので予約しておいたほうがいい。

イタリア料理『ペスカトーレ』
所在地:50 Park Tce, The George Hotel
電話番号:03-371-0257
営業時間:6:00PM〜10:00PM
定休日: なし



2007年02月26日

ニュージーランド アカロア日帰り観光(クライストチャーチ)3

クライストチャーチでも人気のアカロア観光に出かけることにした。

基本的にバスで移動するだけなので、あえて日本語のツアーでなく、現地ツアーに参加した。

3種類あって、
1.アカロア往復 数箇所、写真撮影&休憩 チーズ工場見学 40NZドル(約3400円)
2.アカロアの往復だけ 30NZドル
3.アカロア観光&ランチ付き 95NZドル

チケットアカロアシャトル』 0800-500-929
観光案内所前 8:30 10:00 15:30
アカロア発  10:30 15:35 16:30

1.のツアーを事前に観光案内所(I site)で申し込んでいた。
日本語のツアーの場合はJTBの場合で、205NZドルもかかる。

 

帰りのバスチケットチケットを持って集合場所の大聖堂前(観光案内所前)に10時に行った。チケットと引き換えに帰りのシャトルバスのチケットをもらう。帰りは15:3516:30の時間を選択できるが、わたしは、15:35にした。

バスは小さめだが、前後の間隔はまあまあゆったりしていた。

 

アカロアシャトルバンクス半島にある港町アカロアはフランス人により開拓された町だ。そのため、フランスの面影の残る町になっている。車またはバスでクライストチャーチからは1時間30分ほどのところにある。とても小さな町なので1時間ほどで、散策はできてしまう。イルカなどを見ることが出来る『ハーバー・クルーズ』にぜひ参加したい。しかし、私は偶然キャンセルがあったので現地で乗船できたが、事前に予約しておいたほうがいい。

 

LAKE ELLESMEREバスはクライストチャーチを出発して50分ほどで、LAKE ELLESMEREに到着だ。大きすぎて海に見えるが湖のほとりで停車した。

 

 

リトルリバーリトルリバー次は、75号線沿いにあるリトルリバーという小さな町の駅(現在は使用されていない)でトイレ休憩だ。

 

 

 

ヒルトップ羊ここから、ヒルトップという小高い丘に向けて坂道をバスはくねくね登り始める。アカロアハーバーも見えてきた。

道の両側には、羊がたくさん放牧されていた。絵に描いたような景色が眼下に広がる。

桟橋12時すぎにアカロアに到着した。出発は15:35だ。3時間以上もある。

クルーズに参加しようと、桟橋にあるアカロア・ハーバー・クルーズに駆け込んだが、満席だと断られた。

 

アカロア・ドルフィンズもう一軒ビーチロード沿いのアカロア・ドルフィンズを訪ねたがここも満席だった。しかし、もしかするとキャンセルが出るかもしれないと言われ待っていると、運よく2名キャンセルが出たので12:45に乗船できた。
この会社のクルーズ船は小型で16人乗りだ。料金は55NZドル(約4600円)

 

アカロア・ドルフィンズさっそく乗場に急いだ。ちなみに『アカロア・ハーバー・クルーズ』52NZドルとちと安い。

クルーズはアカロア湾から外洋まで一周で2時間のコースだ。

 

 

 

 

外洋に向けて断崖意外に高速な船は、どんどん外洋に向けて走り出した。アカロア湾は両サイドが断崖になっているが、小型船のため断崖の近くを航行する。

 

 

海鳥ブルーペンギン海鳥が間近に登場だ。羊も断崖で餌を食べている。

ブルーペンギン(写真右)も絶壁で休憩だ。

 

断崖2快晴だったので、断崖が綺麗に観察することが出来た。

外洋が近づくと船は木の葉のように揺れ始めた。船に弱い人はだめかもしれない。

 

 

しかし、ここからが人気の、ドルフィンウオッチングの始まりだ。世界最小のへクターズドルフィン鑑賞だ。

アザラシ船はエンジンを止めて、イルカの出現を待った。待つこと5分!でた〜〜
確かに小さい、しかし、イルカだ。15分ほど、外洋でドルフィンウォッチングを満喫したあと、船は船着場に向けて発進した。

途中で運よく、アザラシにも会えた。

 

サーモンの養殖池カモメサーモンの養殖池の前を通り、14時45分 無事船は、到着した。

桟橋にはたくさんのカモメが人間を恐れずに日向ぼっこをしていた。

 

アカロア フィッシュショップバスの出発までまだ50分ほどあったので、のんびりビーチロードを散歩した。

飛び込みで『アカロア フィッシュショップ』に立ち寄った。イギリス人の大好きなFISH&CHIPSの店だ。

 

アカロア観光案内所FISHためしにFISHだけ注文してみた。2.8NZドル(約230円)だったが、パリッとしていて美味しかった。

あっという間に時間が過ぎ、アカロア観光案内所(写真左)で帰りのバスを待つことにした。

バリーズ・ベイ・チーズ工場チーズテイスティング15:35にクライストチャーチに向けてバスは出発した。

20分ほどで、『バリーズ・ベイ・チーズ工場』に到着だ。

 

 

チーズ製造過程各種チーズのテイスティングと購入が可能だ。チーズの製造過程も見学できるそうだが、私が訪れた日は作業は行われていなかった。街中より安い値段でチーズが販売されていたので購入した。味はかなりいい。。

 

クライストチャーチには、17時30分に到着した。



2007年02月25日

香港 バー『dragon-i』 ランカイフォン3

dragon-iランカイフォンのバーはどこも、狭いか、そうでなくても店内に人があふれていて、落ち着いて飲むことができない店が多い。

そんな喧騒から徒歩数分のところに、比較的、ゆったりしたバー&レストランがある。 場所はあのロシア料理『バラライカのあるビルを階段で上がっていくともう一つ上の道に出ることができるのだが、

中央廣場大鳥かごその道路を横断すると目の前に中央廣場というビルがある。そのビルのエスカレーターで2Fにあがると入口だ。

 

 

店内小鳥店の入り口にどデカイ鳥かごがあり実際に小鳥がいる。店内にもいたるところに、鳥かごが吊るしてある。衛生的にはどんなものか、と思う。鳥インフルエンザが流行していたときもあったのだろうか

 

屋外テーブルドリンクだけの場合は店外(屋根はあるが)に案内される。

飲み物は、70HKドル〜90HKドルくらいのものが多い。

今日のマイタンは3名で480HKドルだった。

 

それと、この店にはテーブル手品をする人がいて、暇そうにしているとテーブルマジックをしてくれる。あまりの手際のよさに写真を撮り損ねてしまった。

バー『dragon-i』3110−1222
UG/F,The Centrium 60 wyndham street central hongkong
営業時間 12:00−15:00 
     18:00−23:00
     日曜休み



オンラインウォレット口座開設
仮想通貨取引所 BXONE
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ