<$OGP$>

2006年03月16日

キリスト教式幼稚園と特攻隊3

02d87512.jpgおやじは、もう7年以上前に癌で死んでしまったが、

元陸軍特別攻撃隊(いわゆる特攻隊)の生き残りだった。

15歳で志願したばりばりの軍人である。 
 




隼そして ばりばりの江戸っ子である。




アメリカ嫌い 隣の国ぎらい 大阪人嫌い 東北人嫌い 海軍嫌い


アメ公 毛唐(けとう)チョ○ジン チャ○コロ ゼイロク(大阪人のこと) 


いなかっぺ などの差別用語言葉が飛び交っていた。


日本は東京だけからできていると考えていたようだ。


死ぬまで、北方領土竹島どころか、朝鮮半島満州(中国東北部)、


北は、サハリンまで日本の固有の領土と言っていた。


私が、13年前香港で1年ほど働いていた時、


馬鹿野郎、このすっとこどっこい、パスポートなんかもってきやがって、


おれは、鉄砲はかついで、満州に行ったことはあるが、


パスポートなんてわけの分からないものは、もって行かなかったぞ、


しっかり働いて、占領して来い』と送り出された。


まるで、出征兵士のようだった


小さいころから、家の中は軍隊だった。


朝から航空体操、酔っ払って帰ってくると 手旗信号である。

昨年 映画『亡国のイージスを見に行って 


ラストで主人公の真田広之が 手旗信号をしていたのを見た時、


昔のおやじを思い出した。

軍国教育をさせられたにもかかわらず。なぜか、キリスト教幼稚園 

(いまでは、当たり前だが、その当時 埼玉県のいなかでは、めずらしかった)


に通園させられた。おかげでいまでも 賛美歌を歌うことができる。。


たしか こひつじ幼稚園といった なんともなさけない名前である

日曜日は礼拝ということで、土曜日が休みのへんな幼稚園だった。

私は、おやじに子守唄代りに教えられた 『軍歌』を お遊戯の時間に歌って


先生から苦情が来たそうである。

いつも  『アメ公は敵だ』 『鬼畜米英』  と教えられていたので、


幼稚園に1人いた外人を仲間を引き連れて、いじめていた。 


ある日、そのアメ公が、 うんこを漏らしながら、


滑り台をすべっているではないか!?? 短パンからものが


はみ出ている。滑り台に線のような くそのあとがついているではないか!


これは、たいへんだと そのアメ公をこてんぱんにしてやった。。


その後、そのアメ公は二度と幼稚園には来なかった。


子供ながらに『日本の平和を守った。』と思った。まさしく専守防衛である。


おやじのかたきを取った。米国に勝った!!

後日 当然のことながら、先生におやじが呼び出された。


おやじからは、 『よくやった』とめずらしくほめられた。  

ところが、幼稚園からおやじが、帰ってくると、


いきなり『ばか野郎、あれは、オーストラリア人だ、よく見て攻撃しろ』


とどなられ、パンチを食らった。そんな区別が子供にできるはずない。 


追伸  私は人生で2度 『うんこ事件』 


(皆さん、ちょっと汚くて申し訳ないが)に遭遇している。


もう一回は、30年後にやってくる。


その時の主人公は家庭には仕事とSEXを持ち込まないK君である


これについては、ちと長くなるので 後日ご報告しよう。



2006年03月15日

シンガポール床屋事情2

たまには、シンガポールの話をしよう

シンガポール床屋事情といっても上海や昔のソウルのようにスペシャルサービス付きの床屋ではない、ノーマルな床屋の話である。

リャンコートの明治屋の隣りにある『ミナミ』(63382217)という床屋に行った。 

シンガポールは常夏ということなのか、刈上げがはやっている。
ローカルの床屋にいくと、黙っているとたいへんなことになることもある。仕事とSEXは家庭に持ち帰らないK君は、シンガポールに来たばかりのころ、ローカルな床屋で日ごろのKTVの疲れが出て、すっかり寝こんでしまった。目をさますと、頭のてっぺ
んしか髪の毛が残っていなかったらしい。 (スーパー刈上げだ)ただでさえ、
外人と間違えられるK君だ、その後、シンガポーリアンとしばらく間違われていたらしい


ということで、シンガポールの床屋に言ったときは、 『ノー 刈上げ』へんな言語だが、十分通じる(これも シングリッシュか)といわないといけない。。。。

フルコース(シャンプー&髭剃り付)で42ドル(約3000円)だ。。

街中の床屋で3ドルくらいでできるところもあるようだが、恐ろしくていけない。

ところで『ミナミ』にいくと アメ公がなぜかかみさんと一緒に、来ていた。床屋くらいひとりでこいっつうの。だいたい、頭のてっぺん はげ散らかしやがって、お前なんて床屋に来る必要ないだろう。このあほ!



ある日 桜金造ことジョン 
写真

一緒に床屋に行こう! といったら、
悲しそうな顔で『ノー ニード』 (おれは、必要ないよ)と言われた。

ごめん ジョン あなたは、はげだった!!!許してくれ、
今度、紫電改を買ってくるから(もう手遅れか!?)

紫電改
じゃあ カツラ(ヅラ)はどうだ!!!

MIXIで ジョンクリスがページを持っている、彼らは、自分の写真を貼っているが、クリスには日本女性からたくさんメールがくるが、はげのジョンには男が何人かくるぐらいだ。



2006年03月14日

N君失踪事件(中ちゃん)

 失踪事件といっても 若人あきらでも、北朝鮮に拉致されためぐみさんの話ではない。

今日の主人公はN君(写真左)である。N&K

N君は、東京で ナイトシフト(20時〜6時)で働いていた
でも ヘルメットをかぶって道路で交通整理をしていたわけではない。

ロンドン・ニューヨークのマーケットを見て、お客さまに的確な情報を
提供し、ディーリングをしていただくための重要な仕事だ。(一応)

ほとんどの同僚が、朝から仕事していて、飲みに行く時間から始まるのが、ナイトシフトの仕事だ。

でも N君はナイトシフトでなくても、連日連夜、仕事終了後、錦糸町(六本木でないところがいい)キャバクラで飲み会だから、帰宅時間は同じナイトシフトに移動してずいぶん 蓄財したようである。

ある日、ニューーヨークが休場で12時過ぎに仕事が終わっしまったらしい。朝6時までN君はすることがない。さっそく ひさしぶりということで六本木のキャバクラにこっそり、出撃したようだ。そして6時までに会社に帰還すればばれない。それが彼の飛行計画だったようだ。(会社の鍵を閉めて) ところが、 日ごろの欲求がたまって、N君は野獣状態。。。。
そのまま キャバクラ嬢をテイクアウト!!!!!!!

しかし、キャバクラ嬢と自宅で寝過ごしてしまった。。

当然会社は、開かない、私は、そのころ非常用に会社の鍵を所有していた。
朝6時、携帯電話に一報、『会社の鍵がキーボックスにありません。朝当番の社員が入れませんと。。。。。。。』 私は、飛び起きてタクシーに飛び乗り会社に向った。

会社につくともう20人くらいの社員が、ドアの前で待っている。あわてて開錠したが、みんな 私が、寝坊したような目で見ている。

  『おいおいふざけんなよ。』  むかついてきて、何回もN君に電話したが、出ない。。

その日の夕方、何食わぬ顔をしてN君が出社してきた。そして、私に『会社前の道路に 鍵が落ちてました。盗まれたらたいへんでしたね』とすっとぼけてやってきた。

 N君にパンチと延髄蹴りをくらわせたのはいうまでもない。

*後日談   六本木のそのキャバクラに私もその後 接待で行ったとき、たまたまN君と一夜をともにしたキャバクラ嬢が隣りにきて、そういえば、しばらく来ないけどN君は元気にしてるかと、、、前来た時、朝まで一緒だったんだけど、 朝から携帯電話が鳴りまくりで、、 『大丈夫なの』と N君にいうと、『いいんだよ』といって電源を切ったそうである。 どうりで、何回電話をしても出ないはずだ。

翌日 もう一発 N君の後頭部に延髄蹴りをくらわせた

錦糸町のキャバクラと いまN君ご用達のKTV の違いを今度、じっくり N君に聞いてみたい。

 



2006年03月13日

シンガポール マッサージ事情

シンガポール マッサージ事情

マッサージといっても、N君(写真)N氏のよく行く 元気が出るスペシャルマッサージではない。いわゆる 『足裏&肩マッサージ』

シンガポールでは10年ほど前には、日本人相手の足裏マッサージが町にあふれていた。いまでは、かなり数が減ってきているが、でもいろいろなところに、マッサージ屋がある。足裏ばかりでなく、全身マッサージも増えてきてるようだ。

私は個人的には、リャンコートの地下にあるマッサージ屋
オーチャードの高島屋の5F(6733−9188)にある 
萬陽総合保険器材中心
というマッサージ屋が、好きだ。 非常に強めで私には、ぴったりである。
あまり痛いのが好きでない人はだめかもしれない。
(下は高島屋店である)街中にあるマッサージ屋と違って清潔なのもいい。

足裏マッサージ

萬陽総合保険器材中心はチェーンで他にも12箇所くらいある。
家の近くの、ハーバーフロントの2F(6376−0555)にもある。

料金は、足裏 40分で40SIN$(約2800円)
     
肩・首・腰 20分 36SIN$(約2500円)
                
1時間で合計76SIN$(約5300円)
これだと、日本と同じ値段なので高いと思われる人もあると思う。
ただ、旅行で疲れた時など、ショッピングの間に1時間ほどで
疲れも
すっきり、目もぱっちり かなり、気持ちがいい。

シンガポール滞在者なら、回数券を買うのが、お薦めだ、
足裏 40分     10+2=12   310SIN$
肩・首・腰 20分  10+2=12   280SIN$
1回あたり 約3500円程度で これなら安いだろう。

足裏は、かなり強烈で、とくにかかとあたりが、痛かったが、
マッサージの兄ちゃんが、腰が悪いからという。
最近使ってないのにおかしいな?????

*一応予約をしてから行ったほうが待たされずにすむと思う。



2006年03月12日

首なしスカイライン2

首なしスカイライン 今日はお化けの話ではない。

以前 K君&N君(下はN君こと中ちゃん)と働いていた、N氏

その会社にジョニーというバングラデッシュ人がいた。日本の大学を卒業していて、日本語ペラペラ、スポーツ新聞を毎日読んでいた。夏でも冬でも年中 まっろけ
お兄さんもやはり日本で働いていた。

二人が喧嘩をするときは、なぜか日本語だ、

時々 里帰りをするジョニーだが、バングラディシュの
水が合わなくて、よく腹を壊すようだ、、

,茲彼とも飲みに言ったが、みんな酔っ払ってくると、ウーロンハイの
ことを、 『ジョニーハイ おかわり!』とか 皆が叫びだす。
会社の近くに住んでいたジョニーはよく夜に愛車のスカイラインを乗り回す。会社の同僚が、夜、運転手がいないスカイラインが会社の近辺を走行していたと、もしかしたら、ジョニー黒いから夜は、見えないのかも 
首なしスカイラインだ!!!!!!  
ジョニーが残業していると、 『おおもう外が暗くなるぞ、早く帰らないと
見えなくなっちゃうぞ!!!!あぶねえだろう』

時々 言い過ぎて本人が怒って帰ることもしばしば、でも いいやつである。。いまは何をしているやら。



仮想通貨取引所口座開設
仮想通貨取引所 BXONE
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
ベラージオのクチコミ
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ