<$OGP$>

2006年07月27日

香港 飲茶『譽滿坊』DIM SUM (ハッピーバレー)4

譽滿坊飲茶といえば、ローカルの店にいけば、安上がりに食べることができる定番の中華料理だが、この日は、東京から客人が来ていたといこともあり、ハッピーバレーにある高級飲茶『譽滿坊』2834-8893に突入した。中環銅鑼灣からタクシーで10分ほどのところにある。

 

店内10年以上前に行ったことがあるのだが、全く同じ店構えで営業していた。12時30分ころに行ったのだが、運よく並ばずに入店できた。店内は、そんなに広くないので、昼時や週末は並ばなければならない人気店だ。小奇麗ということもあって、欧米人の利用者も多い。電話で事前に予約していけば並ばずに座れる。

 

 

注文票メニューは、写真入りで日本語のメニューもあるので、注文するのは、そんなに困らない。ローカルの飲茶の店と違い、おばちゃんがワゴンで運んでくるスタイルではない。テーブルにある注文票に印をつけて注文する。

月曜日だったが、ここ数日、香港は蒸暑く日差しも強かったので、昼間からビールもグイグイ飲んでしまった。

飲茶1チキンフット次から次へと出される飲茶、でた〜〜〜、あのチキンフット(鶏の足)おそるおそる食べてみたが、やはりあまり美味しくはない、以前 西貢で出てきた、白い鶏の足よりはましだった。指つめしたヤクザでもあるまいし、3本足は、いただけない。

 

飲茶2飲茶3すべて、上品に調理されているので、香港らしい飲茶を期待している人には向かないかもしれない。金粉付きの小籠包のようなものも出てきた。

ちょっと調子に乗りすぎて、注文しすぎたということもあり、4人で850HKドル(約1万2000円)もした。普通に注文すれば、そんなにしないだろう。1皿あたり、25HKドル〜60HKドル(約400円〜900円)のものが多い。

譽滿坊』DIM SUM 2834-8893
G/F,63 Shing Woo Road, Happy Valley, Hong Kong
営業時間 月−金 11:00−16:30 18:00−23:00
     土日・祝日 10:30−16:30 18:00−23:00

竹の足場足場香港は近代的な高層ビルが立ち並ぶが、ビルの修繕などのときに、組まれる足場は、10F〜20Fの建物でも、竹が基本だ。見ていて、こっちが恐ろしくなる。

 

鉄パイプより安上がりなんだろうが、いかにも香港らしい。しかし、先日、中環マンダリンオリエンタルホテルの改装工事を見ると、足場が鉄パイプだった。そんな光景に思わず立ち止まっている自分がいた。



FX6000009 at 09:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!香港 飲茶 

2006年07月26日

香港 北京料理『鹿鳴春』Spring Deer Restaurant(尖沙咀)3

鹿鳴春旅行雑誌には必ず、紹介される北京料理の有名店『鹿鳴春』2366−4012に客人と行って見た。場所は九龍サイドの尖沙咀を下車してホリディインゴールデン・マイルホテルの前のMody.RDを200Mほど行った右側にある。1Fには、ださいお土産屋があり、その奥の階段を上がった2Fにある。細長い店内は、まだ時間が早かったせいか誰もいなかった。

 

コース料理コース料理2がらがらでちょっと心配になったが、日本語のメニューもある。本語を話す店員もいる。4人だったが、アラカルトで注文するほどまだ、香港に精通していないので、JCBカードを提示すると、手ごろな料金でコース(3人前コース約500HKドル、4人でも十分の量だ)を提供してくれる特典を利用した。

北京ダック北京ダック2もちろん、北京ダックも含まれる。日本では、北京ダックを5切れほどで、5千円〜1万円もする店もあるが、香港では、1匹丸ごとでてきてもそんな高い値段はしない。どこでも、300HKドル以下だ。(4000円前後)また、皮の部分だけでなく肉の部分も食するのが、香港式北京ダックだ。

店内あっという間に店内は満杯になった。不思議なことに、全部、香港人で日本人は
いなかった。とにかく騒がしい、こちらもがんばってでかい声で話さないとかき消されそうだった

白ワインを注文したが、常温で生ぬるく、あまり美味しくなかった。料理はまずまず、久しぶりの北京ダックだったが旨かった。

入口値段はワインを3本も頼んだが、4人で1000HKドルだ。(約1万5千円)だ。かなり安上がりだ。ガイドブックによく載っているので、いかにも高級な北京料理の店と思いきや、入口からして、へんてこりんなお土産屋を通り過ぎていかねばならず、店内もシンプルで一見してローカルっぽい店だった。

『鹿鳴春』Spring Deer Restaurant 2366−4012
営業時間 12:00−15:00 18:00−23:00 無休



2006年07月25日

靖国神社 参拝 5

靖国神社しかし、最近、時期が時期だけに毎日、参拝するのしないのと、また馬鹿なマスコミや、似非平和主義者が騒いでいるが、お前ら、靖国神社には、心ならずも戦死した250万人の英霊が祭られているのを忘れてないか!7人のA級戦犯の合祀のために、行かないとかなんとか言っているやつはあほうじゃないか!馬鹿野郎。政治の道具にするな!いまごろ、急にわけのわからない資料をタイミングよく、出してきて参拝させないように仕組んでいる。経済界日本経済新聞はあほか!どうせ中国大陸での金儲けのためだろうが!

小泉首相別に行きたくないやつは行かなければいい。小泉首相が参拝しようがしまいが、個人の自由だ。たとえ総理大臣であっても。ましてや、ちゃんころ(中国)やちょんじん(朝鮮人)にがたがた言われる筋合いはない。まったくの内政干渉だ。いいかげんにしろ!

靖国神社に参拝するとすぐに軍国主義の復活とかなんとか騒いでいるが、あほか!中国軍は 200万人以上の軍隊、北朝鮮は120万人、韓国は70万人だ、自衛隊は20万人余り お前らのほうが、よっぽど軍国主義だろうが、このあほんだら!

 

てめえらの軍隊のほうがよっぽど脅威なんだよ。おまけに、中国北朝鮮は核兵器まで持っているんだぜ、マスコミも靖国、靖国とくだらんこと言う前に、ちゃんころや、ちょんじんのほうが、軍国主義でアジアの平和に脅威を与えていると報道しないんだ。教科書だって、ちゃんころやちょんじんのほうが、どれだけ自分の国に都合のいいことしか書いてないか、そういうことをちゃんと報道しろよ!しかも、尖閣列島、竹島を不法占拠されて、ロケットまで連射されても、黙っていて、欽ちゃんが球団を解散するしないに浮かれている。こんな馬鹿な独立国はない。

魂250万人の戦死者の中にも終戦後まで生きていたら、A級戦犯になっていた人だっているだろう。そんなこといったら、一人一人、再調査して確認しなければならないだろうが! 日本には、死んだ人、魂を敬うという伝統と風習があるんだよ。ちゃんころやちょんじんのように、死んだらそこらの穴に埋めたり、洪水で遺骨がなくなっても平気な野蛮人とは民族が違うんだよ!あほんだら!

 

靖国神社 参拝ところで、7年位前に8月15日に靖国神社を公式?!参拝したのだが、神社の付近は騒然としていた。神社周辺では、へんてこりんな物売りやいかがわしい宗教の勧誘、馬鹿野郎左翼と、右翼の宣伝カーの拡声器による応酬!!!  神社の中も、軍服を着た老人の一連隊が日章旗を持って行進していたり、馬鹿そうな国士舘の学生らしき学ランの集団が高下駄を履いて歩き回ったり、異様なムードがただよっている。

ゼロ戦時間の針が逆回転したような感じだ。しかし当日は参拝者がたくさんで、1時間以上炎天下で待たされた。参拝する前に日射病で倒れるかと思った。

この馬鹿騒ぎ、250万人の英霊はどんな顔をして天国から見ているのだろうか?

 

靖国神社』3261-8326
東京都千代田区九段北3-1-1 
東西線九段下下車徒歩5分

靖国神社について正論を聞こう



FX6000009 at 10:49|PermalinkComments(2)TrackBack(1)clip!社会ネタ 

2006年07月24日

欽ちゃんゴールデンゴールズ「なんでそーなるの!」1

山本圭一淫行だかなんだかしらんけど、どうせ北海道の田舎者の馬鹿女が、芸能人と浮かれて飲んで、Hしたあげくに、垂れ込んだだけだろうが、山本圭一を擁護する気はさらさらないが、、そのあほ女も、いいかげんにしろっつうの!どうせ普段からやりまくっているんだろうが!

それから、吉本が山本圭一を解雇するのは、いいけど、欽ちゃんが『ゴールデンゴールズ』なんだか金玉みたいなチーム名だが、解散するのしないのと、なにやってんのよ!個人の道楽ではじめたチームだから、こういう風に、すぐに辞めるととか言えるのだろう。しかし、野球を真剣に愛して参加している選手に失礼だ。そんな軽い気持ちで野球チームを運営してほしくない。やはり、あなたは、コント55号で野球拳でもやっているのがいい。こんな馬鹿馬鹿しいニュースを連日マスコミが追っかけて報道している。平和な日本だ。

そういえば『とびます!とびます!』次郎さんは、どうしているのだろうか?しかし今日は、あまりにもギャグが古すぎてわからない人が多いだろう。すんまへん!

萩本欽一あともう一言、高校野球もそうだけど、補欠の部員が、煙草をすったとかで出場辞退する高校があとを絶たないが、すぐに全体責任、戦前の軍隊でもあるまいし、関係ない野球部員は、その曲がった思いを一生心に持ち続けることになって、ゆがんだ人生を歩むことになるだけだ。

校則違反をした生徒を野球部から退部させる、あるいは、退学処分にすれば、いいだけの話だ。全体責任は前近代的で全体主義の国のすることだ。夏の高校野球を主催している、偏向朝日新聞の大好きな、中国やロシアみたいだ。



2006年07月23日

マカオ(澳門)日帰り潜入記  ターボジェット4

ターボジェットカジノも含めいろいろな意味で、マカオ(澳門)観光は、人気のスポットだ。今回は仕事で訪問したので、観光はできなかったが、マカオの往復だけレポートしよう。

まず、マカオへは、フェリーで行くことになった。香港島の地下鉄MRTで終点(といっても中環(セントラル)から一駅だ)の上環(ションワン)で下車すると、地下通路でつながっていて、徒歩5分くらいで、マカオフェリーターミナルに到着する。ここから、ターボジェットという高速フェリーでマカオへ約1時間の旅だ。

ターボジェットは15分〜30分おきに、24時間運行されている。チケット売り場で、まずチケットを購入する。週末などは、混み合っているので、事前に購入しないと、待たされる。電話予約2921-6688できるようだ。

料金は 7時〜18時まで平日は138HKドル(240HKドル)
    7時〜18時まで土日祝日は150HKドル(256HKドル)
    18時15分〜朝6時まで 172HKドル(271HKドル)
カッコ内はスーパークラスだ。下船するとき優先的に降りれるほか、シートが若干広めだ。上記は片道料金で、香港⇒マカオの料金だ。マカオ⇒香港の料金は、すべて4HKドル高い 1HKドル=約15円

ターボジェット チケットカウンター東橋(EAST BRIDGE)10箇所くらいあるチケット窓口には、その上部に乗船可能な時間が表示されているので、すみやかにチケットを購入しよう。、その右側の東橋(EAST BRIDGE)から進入して、しばらく歩くと、イミグレーションがある。香港に入国した時にもらった出国カードにサインして通関する。

イミグレーションフェリーに乗る左手前に、係員がいるので、そこで、普通席の場合は小さい数字の書いてあるシールを、チケットの半券と交換でもらう。これが、座席の番号だ。友人と一緒の場合は、チケットを一緒に渡せば、隣同士にしてもらえる。
ちょいと早めに行ったほうが、好きな座席をゲットできる。なるべく窓際のほうが、景色はいい。

 

普通席普通席は、飛行機でいうとエコノミー席のようにせまい。

座席も倒すこともできない。通路側の席のほうが窮屈でなくていい。

 

 

スーパークラススーパークラスは、前方にあり、座席もゆるりとしていて、眺めもいい。
100HKドル(約1500円)高いので、どちらがいいかは、財布と相談してきめるしかない。

船内では、売店もあるので、ビールやジュース、おつまみなど購入することもできる。カップめんを注文して食っているやつが多かった。

景色船内でマカオへの入国カードが配られるが、ボールペンなどはないので、持っていったほうがいい。

昼間で快晴だったので、マカオまでの景色も最高だった。しかし、単調な景色が続くのですぐに寝てしまった。あっという間の1時間だ。

下船すると、入国カウンターで手続きをするが、これが意外に長蛇の列だ。のんびりスタンプを押しているので時間がかかる。とっととマカオ入国下船してカウンターに急いだほうが、時間を節約できる。HONG KONG RESIDENTS(香港居住者)VISITORSの カウンターがあるが、VISITORSから入国する。

実は、マカオは13年ぶりでその当時5回ほど訪問したが、いつも夜ばかりだったので、昼間に入国するのははじめてだ。昼はこういう景色だったのかと、あらためて堪能した。一緒に行った香港人が、13年前とは、全然違うだろうと言われたが、夜のネオンしか知らなターミナルロビーいので、なんとも答えられなかった。

マカオは中国に返還されたはずなのだが、通貨はパタカ(Pts)という、なさけない名前の紙幣が流通している。でも香港ドルと同価値(1パタカ=1HKドル)で、HKドルがそのまま利用できるので、両替する必要はない。ただし、パタカを香港ドルに両替しにくいので、使い切って出国するようにしたい。おみやげにするなら別だが、、、、

フレンドシップ・ブリッジ入国すると、ロビーでタクシーの客引きが、ひつこく付きまとってくるが、これはたぶん ぼったくりの運ちゃんなので、無視したほうがいいだろう。

ターミナルを出ると左側に、マカオに3つある大きな橋の一つ、フレンドシップ・ブリッジだ。ふゅにゃふゅにゃした橋だ。真っ白の橋で、フェリーからもよく見える。

歓楽街

200mくらいあるくと、ヤオハンデパートが左手にある。そしてその先は、有名な歓楽街だ、昼間のため、ぱっとしないが、確か夜になると、ネオンがぎらぎらだ!記憶が正しければ、上から下まですっぽしマッサージ&サウナの建物だ。

とりあえず、今回のマカオレポートは残念ながらここまでだ。

 

海老!そのあと会議をして、7時ころにマカオフェリーターミナルに戻ったが、フェリーが結構満杯で、1時間近く待たされた。することもないので、ターミナル内の中華料理屋で海老をつまみにビールをのんで出航を待った。

帰りも1時間、同じように、マカオでの出国手続き、そして香港での入国手続きを済ませて、移動時間のほうが長いマカオ2時間滞在の旅は終了した。


マカオ裏情報!!
香港のマカオ行きのフェリーターミナルがあるビルの上のほうには、○○○旅行社、という看板を出した旅行会社が、乱立しているしかしよく見ると、どうもいかがわしい女性の写真がウインドウに張り出されている。香港人に聞くと、マカオでのズッポシマッサージのチケットを販売しているそうだ。そして購入すると、なんとマカオ往復のチケットを無料でもらえるそうです。元気のある人はぜひトライしてもらいたい。一人=1500HKドル(約2万2千円) 

マカオ風俗情報はこちらに詳細があります。⇒マカオ風俗体験記!

ヘリコプターで16分の旅!                                           ヘリ・エクスプレス!そして、金はあるが、時間のない人に、お薦めなのが、ヘリコプター(12人乗り)でマカオに突入する方法だ。マカオフェリーチケットカウンターの右隣でチケットを販売している。30分おきに飛行している。マカオフェリーの屋上から発着する。マカオ側もフェリー乗り場の横だ。

マカオまでは、16分だ。金額は片道1800HKドル(約2万7千円) ちと高い!
9時30分〜22時59分まで運行
インターネットからの予約も可能だ。
ヘリ・エクスプレス』2108-9898

 参考⇒ マカオ タクシー事情 

      ポルトガル料理『フェルナンドス』   カジノ 『サンド・カジノ』 金沙娯楽場



オンラインウォレット口座開設
仮想通貨取引所 BXONE
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
ベラージオのクチコミ
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ