<$OGP$>

2006年05月03日

シンガポール 『ナイトサファリ』 潜入記3

ナイトサファリ入口シンガポールのナイトサファリに行った。1994年に完成して、いまでは、シンガポールのオプショナルツアーの定番だ。 併設のシンガポールズー8:30〜6:00まで開園している。大人15ドル、子供7.5ドル
ナイトサファリ18時から24時まで夜のみの開園だ。トラムは日没後の7時15分から5分おきに出発する。大人28ナイトサファリ園内マップ

市内でタクシーでナイトサファリといえば、30分くらいで15ドルチケットカウンター(約1000円)で到着だ。タクシーを降りて、シンガポールズー(昼間の普通の動物園)を左手にまっすぐ進んで、100メートルほど歩くと、ナイトサファリのチケットカウンターが出現する。ここで、入園券&トラムのチケットを購入する。ここで英語ツアーのほかに、日本語ツアーもある。日本語ツアーはトラム内では、日本語による解説があるが、イーストロッジで途中下車はできない。イーストロッジで下車して、徒歩で動物を観察したければ、英語ツアーに参加する必要がある。また、日本語トラムは、本数が1時間に2本くらいしかないので、専用カウンターで予約する必要がある。英語ツアーは5分おきに出るトラムの乗車場で並んでのればいいので予約の必要はない。

ボンゴバーガー6時ころに来た人はトラムが動き出す時間(7時15分)まで、2箇所あるレストランで食事するのがいいだろう。左手前にあるのは、ボンゴバーガーという店で、食事しながら、半裸の土人が火を吹きながら踊るショーを見ることができる。
右奥には、ビュッフェスタイルのサファリレストランもある。テラスの席からは、アフリカアンコールウシを見ながら、食事することもできる。でも目の前のウシは食べることはできない。

とりあえず、さっさと英語の3両連結のトラムに乗り込んだ。全長トラム3.2KM45分間のトラムライドだ。予想に反して、意外に近くに動物たちを観察できる。フラッシュの撮影は禁止されているので、残念ながら動物の写真はない。でも、チャンコロ(中国人)がかまわず、フラッシュで写真を撮りまくっていた。この野郎、また南京大虐殺しちゃうぞ!ハイエナのえさにするぞ! ところで、鹿や、インドサイにシマウマ、ハイエナなど、いろいろな動物が暗闇のなかにいる。ちょうどトラムから近いところに、えさが置いてあるので、それを食べている姿をみることができる。鳥目の人はだめだろう。イーストロッジで途中下車したら、右奥のキリンを見に行くといい。まクリーチヤー・オブ・ナイトショーじかでキリンやシマウマを観察できる。そのあと、徒歩で小動物などを観察できるコースもあるので、ひまな人はチャレンジしてみるといい。そのほか、イーストロッジでは、軽食(ホットドックと酒類)を販売しているちんけな売店などもある。後半の見学のため、再度、トラムに乗車した。後半は前半にくらべて、バクなどやや大型の動物が多い。マレートラも寝ていたが見ることができた。トラムを下車したところの左側にに、一日8時9時10時の三回催される、クリーチヤー・オブ・ナイトショー(600人収容)の会場がある。先着順のため30分くらい前から並んで入場する必要がある。暇の人はぜひ体験してみるといい。

入口でもらった日本語のパンフレットによると、広さは40ヘクタール、夜行性の動物が900頭130種が生息している。(本当に数えたのかうそくさいが) 注意事項に『お子様がライオンなどのところに迷い込まないように注意ください。』と書いてあるが、大人だって迷い込んだら危ないだろうが! まあ、期待していたよりよかった。意外にまじかに動物が観察できる。普通の動物園と違って檻や柵は目に入らないようにつくってあるので、自然の中をトラムで走っているような錯覚に陥る。一度くらいは体験してもいいだろう。

ジョン&クリスナイトサファリにさそったが、彼らはは、DFS(免税店)で日本女性をサファリして、フィッシングするからと断られた。成果のほどはわからないが、なんだかわからないやつらだ。

80 Mandai Lake Road  6269- 3411  NIGHT SAFALI(ナイトサファリ)

ツアーで見学したい人は 参加しているパッケージツアーで申し込むか、現地の観光会社 グリーンホリデーJTB シンガポール店 などに連絡すれば、日本語で対応してくれる。料金は、夕食付で100ドル前後(約7000円)だ。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

2. bb1.jtb.co.jpでJTBの旅行パンフレットをゲットだぜ  [ bb1.jtb.co.jpでJTBの旅行パンフレットをゲットだぜ ]   2006年12月13日 23:01
bb1.jtb.co.jpはJTBパンフレットサイト!
1. bb1.jtb.co.jpでJTBのパンフレットを入手(bb1.jtb.co.jpとは)  [ bb1.jtb.co.jpでJTBのパンフレットを入手(bb1.jtb.co.jpとは) ]   2006年12月02日 00:03
旅行の行き先を決める際、旅行会社のパンフレットを見て決める人が多いのではないでしょうか。インターネットで予約する時代なんだから、パンフレットもインターネットで見れれば・・・という方には、このサイト「bb1.jtb.co.jp」がおすすめ。

この記事へのコメント

4. Posted by chitan   2007年01月20日 20:07
3月にシンガポールにはじめて行きます!
とってもとっても参考になりました。ありがとうございます。
ツアーのオプショナルなどで行くと好きな物が食べられないし値段も割高なので自分の足で行きたいと思っています。
でもちょっと不安でしたがこの記事に出会えて大変助かりました。
コピーして持っていきます。
沢山歩くようなのでトラムで見学でも構いませんよね?
3. Posted by chitan   2007年01月20日 19:56
3月にシンガポールにはじめて行きます!
とってもとっても参考になりました。ありがとうございます。
ツアーのオプショナルなどで行くと好きな物が食べられないし値段も割高なので自分の足で行きたいと思っています。
でもちょっと不安でしたがこの記事に出会えて大変助かりました。
コピーして持っていきます。
沢山歩くようなのでトラムで見学でも構いませんよね?
2. Posted by 管理人   2006年05月03日 01:38
4 今回はゴールデンウィークでしかも週末でしたので、歩いて回るには混み過ぎてました。次回トライします。。ジョン&クリスは、動物園はどうも興味ないみたいです。日本女性がたくさんいるなら行くと思いますが。。
1. Posted by Kiasu   2006年05月03日 00:52
ナイトサファリお勧めは歩いて見て回ること。ものすごく探検しているような感覚を味わえます。

ちなみに子供のいる我が家では動物園のほうがいいみたい。とにかく歩くので覚悟していかないととんでもない目にあいます。ジョン&クリスも一緒に連れて行ってやりたいなあ。過酷な動物園。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
オンラインウォレット口座開設
仮想通貨取引所 BXONE
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
ベラージオのクチコミ
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ