<$OGP$>

2006年06月12日

香港 潮州料理『新光潮州菜館』(灣仔)4

新光潮州菜館今日は私の香港の師匠 MR.CCMと再会した。トーローワン ソゴー ン〜ゴイ!』とタクシーの運ちゃんに叫んだ。コーズエイベイの日系スーパー『そごう』で待ち合わせだ。まるで銀座のソニービルの前で待ち合わせと同じノリだ。人がたくさんいる。もうほとんど中国人と化しているCCMさんだ、なかなか人ごみのなかから見つけ出すのはたいへんだった。一番中国人ぽい顔をしている男性が入口で立ち尽くしていた。それがCCMさんだった。

蟹三葉虫前日にローカルなシーフードレストランに行きたいとリクエストしておいた。そこは、香港在住12年のCCMさんだ、まかしておけとばかりに、コーズエイベイの『新光潮州菜館』に常連のような顔で入店した。

店の入り口には、三葉虫のような巨大な蟹などがならんでいる。注文す蟹料理ると、そこから運んできて、調理してくれる。

飲み物はビール以外は、ワインや紹興酒がちょこっとあるだけだ。どうやら、食べるところで、飲むところではなさそうだ。 メニューも広東語だ。

シンガポールのシーフードとはまったく違う味付けで、スパイシィでないのがうれしい。CCMさんが、なれた広東語でおすすめを注文し巨大シャコてくれた。

蟹は本当に美味しかった。シャコ(写真左)を注文したのだが、日本の寿司屋ででてくる小さいシャコを想像していた。店員が3人で1匹でOKだといわれて、へんだなと思ったが、出てきてびっくり、お化けのような巨大なシャコがでてきた。ニンニクで味付けされている。これもまた美味だった。

 

牡蠣入りチヂミ牡蠣のチヂミ(写真左)のようなものも、なかなかいける。タイでも食べたが、こちらで取れる小さい牡蠣がたくさん入っている。

あんまり勢いよく注文しすぎて(ワインに紹興酒)、3人で1800HKドル(約3万円)ほどした。普通に食べれば、この半分くらいで済むそうだ。マイタン(お勘定)をしたら、オーナーが手を叩いて喜んでいた。馬鹿にされてるのかと延髄蹴りをくらわしてやろうかと思ったが、CCMさんによると、開店早々、縁起のいい客だということらしい、でも 結局 かもられているということだ。。ふざけんなよ、馬鹿野郎!ちゃんころ野郎!

いつもなら、ここで、得意のCCM(スペシャルマッサージ)に突入なのだが、最近 CCMさんは、CCMに通いすぎで、腰を痛めているらしく、いつものように、目はきらりと光らなかった。
おとなしく、CCMさんの行きつけのバー『SEED』に泣く泣く行った。。
たまには、休息も必要だ。

『新光潮州菜館』2572-0830
Shop D,405-419 Lockhart Road,Wanchai,Hong Kong
営業時間 17:00−5:30
場所はSOGOの裏手からワンチャイにまっすぐ歩いて7分くらいのところだ。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
仮想通貨取引所口座開設
仮想通貨取引所 BXONE
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
ベラージオのクチコミ
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ