<$OGP$>

2006年07月26日

香港 北京料理『鹿鳴春』Spring Deer Restaurant(尖沙咀)3

鹿鳴春旅行雑誌には必ず、紹介される北京料理の有名店『鹿鳴春』2366−4012に客人と行って見た。場所は九龍サイドの尖沙咀を下車してホリディインゴールデン・マイルホテルの前のMody.RDを200Mほど行った右側にある。1Fには、ださいお土産屋があり、その奥の階段を上がった2Fにある。細長い店内は、まだ時間が早かったせいか誰もいなかった。

 

コース料理コース料理2がらがらでちょっと心配になったが、日本語のメニューもある。本語を話す店員もいる。4人だったが、アラカルトで注文するほどまだ、香港に精通していないので、JCBカードを提示すると、手ごろな料金でコース(3人前コース約500HKドル、4人でも十分の量だ)を提供してくれる特典を利用した。

北京ダック北京ダック2もちろん、北京ダックも含まれる。日本では、北京ダックを5切れほどで、5千円〜1万円もする店もあるが、香港では、1匹丸ごとでてきてもそんな高い値段はしない。どこでも、300HKドル以下だ。(4000円前後)また、皮の部分だけでなく肉の部分も食するのが、香港式北京ダックだ。

店内あっという間に店内は満杯になった。不思議なことに、全部、香港人で日本人は
いなかった。とにかく騒がしい、こちらもがんばってでかい声で話さないとかき消されそうだった

白ワインを注文したが、常温で生ぬるく、あまり美味しくなかった。料理はまずまず、久しぶりの北京ダックだったが旨かった。

入口値段はワインを3本も頼んだが、4人で1000HKドルだ。(約1万5千円)だ。かなり安上がりだ。ガイドブックによく載っているので、いかにも高級な北京料理の店と思いきや、入口からして、へんてこりんなお土産屋を通り過ぎていかねばならず、店内もシンプルで一見してローカルっぽい店だった。

『鹿鳴春』Spring Deer Restaurant 2366−4012
営業時間 12:00−15:00 18:00−23:00 無休



このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
オンラインウォレット口座開設
仮想通貨取引所 BXONE
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
ベラージオのクチコミ
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ