2006年08月21日

マカオ潜入記part2  カジノ 『サンド・カジノ』 金沙娯楽場4

おっと、香港に帰国しようかと思ったが、そこは、マカオに来たからには、やはり、カジノに行かねばならないだろうということで、23時からカジノに突入した。

サンド・カジノ 金沙娯楽場マカオのカジノはリスボアが有名だが、今回は、2004年にオープンした最新のカジノ、サンド・カジノ(金沙娯楽場)に突入した。ホテルに併設しているカジノが多いのだが、サンド・カジノはカジノ専門だ。建物は金色でけばけばしく、マカオフェリーからも見える。フェリー乗り場からはタクシーで5分だ。

 

ゲームの種類は、ラスベガスなどと全く同じだが、大小(BIG & SMALL)というゲームがあるのが特徴的だ、雰囲気はルーレットのようなものだ、3つのサイコロの合計の大小、4〜10は小、11〜17は大 で合計数を当てるゲームだ。

営業時間はどこのカジノも24時間営業だ。入場料はもちろん無料だが、18歳未満は入場できない。マカオのカジノはドレスコードがないので、ラフな格好の人も多い、大きな荷物は持ち込めないのでクロークに預ける必要がある。

カジノ入口の手荷物チェックカジノの入口では、空港並みの警戒だ。そこで、手荷物のチェックを受けてカジノに突入だ。カジノ内は撮影禁止なので、こっそり撮影した。

13年前にマカオのカジノに来た時は、短パンランニングチャンコロ(中国人)でいっぱいで、煙草の煙が充満してくさくて、内部も薄暗く小汚かった。ラスベガスとくらべて、チープでダーティなイメージがあった。

巨大シャンデリアサンド・カジノ1Fしかし、ここ数年で相当マカオもリニューアルされ激変したようだ。そして、中に入ってびっくり!サンド・カジノは、ラスベガスのように、とてもゴージャスで、巨大だ。、そして、ひどい格好の顧客はいなかった。

 

カジノ2Fカジノテーブル1Fはゴージャズな装飾とカジノ、2Fは全フロアーがカジノだ。3F、4FはVIPルームとレストランなどがある。

さっそくジョンとカジノに突入した。

 

カウンターバーカジノのバーでウイスキーをロックで飲んだ。安い、1杯25HKドル(約400円)だ。賭け事だけにお金を使ってほしいということか!年代もののスコッチも1杯85HKドル(約1200円)で飲める。通常のバーの3分の一くらいの価格だ。

 

ブラックジャックにトライしたジョンは1000HKドルを掛け金にして、1時間ほどで、10倍の1万HKドル(約15万円)に増やした。テーブルの女性ディラーは負けすぎで、厳つい男性ディラーにチェンジした瞬間にジョンはゲームからリタイアした。勝ち逃げだ。

換金所すぐに換金して上機嫌で退散だ。かなり酔っ払ってジョン『ズッポシ』『コ〜マン』『ポコチン』とでかい声でそこらで叫びまくりだ。よく見ると日本人が結構回りにはいるではいか、みんな振り返ってみている。やばすぎだ。

 

 

マカオ免税店ホテルからタクシーで、マカオフェリー乗り場に向った。もう深夜1時30分を過ぎている。小さな免税店がフェリー乗り場にある。ワインはかなり、たくさん手ごろな値段で販売されている。

 

 

ポルトガルワイン『ダン』1983年物ポルトガルワイン(ダン Dao)124HKドルを購入した。20年物のワインが、2千円程度で購入できる。かなり重めのワインだった。

日本では、もちろん手に入らない。30年物200HKドル(約3,000円)ちょっとだ。

その後、フェリーに乗船した。深夜2時ずぎにもかかわらず、満員だった。

怒濤の日帰りマカオ侵攻作戦はやっと終った。

 

ブログを書き始めてから、約7ヶ月が経過しましたが、おかげさまで、10万アクセスを突破しました。いつもご愛読ありがとうございます。これからも、日本人としての誇りをもって、周辺諸国のちょんじん(朝鮮人)ちゃんころ(中国人)を、滅多切りにして正論を書いていきたと考えております。

すくなくとも戦後数十回と日本は、周辺諸国に謝罪し、ODAなどの援助という名の戦争賠償を支払った(中国に対しては、3兆円以上の援助をした)。もう大東亜戦争の問題は解決済みだ。これ以上、一切謝罪すべきではない。いくら謝罪しようが賠償しようが、やつら野蛮人は考えを変えようとしない。調子にのるだけだ。

それどころか、竹島不法占拠尖閣列島の不法資源開発日本の領海へ無許可での海洋調査反日映画の作成放映、等々、指摘すればきりがないほどの、日本に対する敵対行為に対して、断固として抗議すべきだ。このような敵対国家に対する援助は即刻中止すべきだ。消費税を上げる前に中国への援助を全面廃止すべきだ。

マスコミも公共の電波を使用して、自らの国を批判するのではなく、支那人朝鮮人の日本に対する横暴を断固として非難すべきだろうが。。。だいた、マスコミが大嫌いな言論統制をしているのは、中国だ。日本で言論の自由を制限したらどれだけ騒ぐんだ、筑紫とか古館とかの阿呆は、はやく辞めちまえ!

一党独裁、選挙もない、言論の自由がない全体主義国家、共産国家、核兵器を保有する軍事大国の中国、徴兵制があり、70万人(予備役380万人)の軍隊を保有し、600億ドル以上の軍事費を支出している韓国(日本は自衛隊員は24万人、予算は480億ドル) こんな、馬鹿野郎な国がなんで、日本のことを軍国主義と呼べるんだ。頭悪いなやっぱり、お前らは!

ということで、今後ともよろしくお願いします。

Click here to find out more! ↓中国人(ちゃんころ)に告ぐ!〜教科書問題〜↓



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビットコイン
ビットコインのお財布を無料で作成しましょう! 簡単安心!ビットコイン取引所 coincheckbitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
おすすめ海外旅行保険
損保ジャパン日本興亜 新・海外旅行保険OFF!
Profile
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
Twitter・MIXI始めました
カテゴリー
ベラージオのクチコミ
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ