<$OGP$>

2006年11月20日

深セン 日帰り旅行(ニセモノショップ&マッサージ編)part24

ニセモノ屋香港上海銀行で人民元口座を開設した帰りに、噂のニセモノ百貨店の『羅湖商業城』に、突入した。入口から客引のババアに連行されて、『Sonian watch and leather shop』という店に行くとなった。

そのビルの1Fはほとんどすべて、ニセモノショップだ。

 

店内客人はお土産にローレックスなどのニセモノをゲットしようとしていた。店内に入ると、商品は、スーツケースの中にビニール袋に入れて、保管したある。店にある本物のパンフレットを見ながら、欲しい型式を言うと、ローレックスの定価100万円以上のニセモノが出てきた。

いくらか聞くと、1600HKドル(約2万4千円)ここでは、HKドルが通用する。

ニセモノウオッチ高い!!!!!!!それはないだろうというと、800HKドルになった。帰ろうとすると、いくらなら買うのかと言われたので、一応100HKドル(1500円)といった。それはないだろうと、言われたが、客人は、フランクミューラーも買うからといって、二つで200HKドルといったが、それは、だめだといわれた。。。

15分くらいのやり取りで、2個で450HKドル(1個225ドル)でまとめた。

店長一個3300円だ。もっと粘れば安くできたかもしれないが、めんどくさい。でも最初の1600HKドルというのはなんだったのだろうか???

店の女店長は、お会計のあと、ニッコリ写真にポーズまでとっていた。

 

ニセモノグッツ店『Sonian watch and leather shop』8233-8288
中国深圳市羅湖商業城1樓1054号(大快活後門)

店員は北京語しか話せないので、購入時は身振り手振りだ。しかし、帰るふりをすると、どんどん値引きしてくるので、演技が大切だ。歌舞伎役者にでもなったつもりで、見栄でも切ってやると、思わず安値が出てくるかもしれない。とにかく深圳(シンセン)では粘りがたいせつだ。

しかし、こんな大規模スーパーでどうどうとニセモノを販売している国中国は最低だと再認識した。購入しているほうも悪いが。

交通樓ニセモノショッピングはそこそこにして、帰国のために、『羅湖商業城』から陸橋で、駅構内につながる『交通樓』というビルに向った。

 

 

三島口岸大酒樓三島口岸大酒樓 店内小腹がすいていたので、ビルの左手にあった『三島口岸大酒樓』に突入した。でかい食堂のような中華料理店だった。

 

 

ビール孜然豆角炒腩肉英語も日本語も通じない、ビールもわからない。やっとのことで、ビールとつまみ1品『孜然豆角炒腩肉』28元を注文した。

なぜか、大瓶2本でてきた。

 

人民元マイタンは、75元(1200円)だった。100HKドルで支払うと、おつりは、人民元でかえってきた。人殺し毛沢東の顔入りなぼろぼろの紙幣だ。もちろん香港では使えない、、、人民元切り上げまで大切に保管しとくか!

『三島口岸大酒樓』0755-8234-4222
中国深圳市羅湖區口岸交通樓2樓
営業時間6:00-24:00

金福名美甲足浴店食堂の出て左奥には、足裏マッサージ屋『金福名美甲足浴店』があった。ニコニコ迎え入れられたが、言葉が通じない。店内に多数の店員がいたが、独り、カバのようなデブが、マッサージをしていた。これが、オーナーのようだ。

オーナーだけは、英語がわかる。いくらか聞くと、足裏マッサージ1時間で25HKドル背中肩のマッサージ1時間で25HKドルだ。

店内え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜約400円?!!!!!香港の10分の一くらいだ。

同時に足裏マッサージと背中肩のマッサージをしてくれる、王様になった気分だ、しかも両方で800円くらいだ。

マッサージ師は10名以上いるのだが、客は我々2名だ。日本人とわかると、なにやら、へらへら話しかけてくる。わからねんだよ!!

金福名美甲足浴店 にっこり!日本語でしゃべれっつうの! 客もあまりいないのに、店の店員はなぜか楽しそうで、ニコニコしている。あほうか!お前ら。

『金福名美甲足浴店』0755-8234-5208
中国深圳市羅湖區口岸交通樓2樓B交17-18号
営業時間は不明!

 

出境旅客清前行出国カウンターそろそろ5時を過ぎたので香港に帰還することにした。マッサージ屋から直進して左側の『出境旅客清前行』 の標識にそって出国カウンターに向った。

 

出国カード出国カウンターの反対側の壁に出国カードを記入するところがある。ボールペンはない。

出国カードパスポートを提示するとすぐに深圳から出国できた。

 

 

シンセン免税集団その後、深圳(シンセン)免税集団という、免税店の看板が出てくるが、特に買うものも無い人は、さらに直進して、行きに渡った深圳河をまた渡ると、外国人(日本人も含む)は左側から、左に曲がって香港に入国カウンターにすすむ。

 

 

自動入国カウンター香港人香港IDカードを持っている人は直進して、自動入国カウンターから入国する。

香港IDカードを所有していると本当に便利だ。出入国でかなりの時間を節約できる。

しかし、連れが、日本から来た観光客の場合は、待たなければばならないので、意味が無いが。。。。

『九廣東鐡』チケットカウンター人民元そして、さらに直進すると、帰りの『九廣東鐡』のチケットの販売所がある。ここで、ためしに、人民元で支払おうとしたが、やはりだめだった。香港ドルしか利用できない。

オクトパスカードを持っている場合はそのまま改札に向おう。

支払い機械ファーストクラス階段で、ホームに下りると、手前がファーストクラスだ。オクトパスカードの場合は乗車の前に、専用の機械で支払うことを忘れないようにしよう。(行きのホームにはそこらじゅうに支払い機械があったが、こちらでは、1箇所しかないので(ほかにもあると思うが見つけられなかった)、ファーストクラスに乗車する行列に並んで、乗車直前に機械に通すしかない)

帰りも3分から5分おきに、列車は出発しているので、座れない時は、次の列車を待ったほうがいい。

こうして深圳日帰り旅行は終りをつげた。



このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

4. 中国で一番人気のスポットは?  [ 世界遺産の世界 ]   2007年10月20日 17:48
世界遺産:黄龍の自然環境は守られるか中国情報局ニュース - Chinaいま中国で最も人気の高い観光地となっている四川省の九賽溝と黄龍を訪れた。1992年に世界自然遺産に登録されてから世界の注目を浴びるようになったが、なにせ四川省の省都である成都からバスで約10時...
3. 日帰り温泉情報バンク  [ 日帰り温泉情報バンク ]   2007年09月27日 15:03
東京の日帰り温泉についての情報を発信しているブログです。是非見に来てくださいね。
2. アニヤハインドマーチ英国航空ファーストクラス専用トラベルバッグ  [ アニヤハインドマーチファンサイト ]   2007年05月05日 01:15
アニヤハインドマーチ英国航空ファーストクラス専用トラベルバッグ故ダイアナも愛したANYA HINDMARCH(アニヤハインドマーチ)と英国航空とのコラボレートによって生まれたトラベルポーチ【非売品】です。実はこちらの商品は、人気エアラインとしても知られる英国航空のファ...
1. 国内旅行節約術  [ 国内旅行・海外旅行の豆知識 ]   2006年12月14日 15:07
こんにちは!突然のトラックバック失礼します。よろしければ旅行の節約術について情報交換しませんか?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
オンラインウォレット口座開設
仮想通貨取引所 BXONE
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
Twitter プロフィール
フォロー大歓迎です!
月別アーカイブ