2006年11月26日

香港 海鮮酒家『新星』 銅鑼灣4

C出口銅鑼灣廣場2季節の上海蟹を食べに銅鑼灣の海鮮酒家『新星』にでかけた。

場所は銅鑼灣C出口『信和廣場』から左に進み、銅鑼灣廣場2の左側をまっすぐすすんで、次の陸橋のかかる道を右折すると大きな看板が目に入る。

新星 看板新星 入り口1Fの受付で、人数を言うと、2Fの店内に通される。相当大きな店だ。開店は6:15だが、すでに香港人で賑わっている。

予約しようと昼間に電話をしたが、英語は通じない、1Fの受付でもだめだ。

ちょいと心配だったが、メニュー広東語、英語、そして、かなりめちゃくちゃだが、日本語の表記もあるので注文はなんとななる。

お目当ての上海蟹(香港では、大閘蟹)は、月-木 28HKドル(約440円)
金-日 38HKドル だ。かなり安い。というか、こんなに安くて沢蟹のような蟹がでてきたらどうしようかと心配になった。時代廣場上海料理『滬江飯店では、280HKドル、 鯉魚門海鮮料理『龍門海鮮酒家でも110HKドルだった。。。

 

まわりの香港人は、みな着席すると、前菜がわりに上海蟹を2杯ぺろりと食べていた。

ワインセラースペインワインワインを注文しようとすると、入口付近にある巨大なワインセラーから選んでくれと言われた。香港の中華料理屋にしては、立派なワインセラーだ。しかし100HKドル前後の手ごろなワインがたくさん陳列してあった。今日はスペインの赤をチョイスした。88HKドル(約1400円)だった。

上海蟹解体はさみ西芹海蜇 蜜汁猪軟骨上海蟹を解体するはさみ身を押し出す棒が用意された。

ちょいとしたつまみを注文した。西芹海蜇 蜜汁猪軟骨はそれぞれ、18HKドルだ。

 

海味什野菜焚上海蟹水炊きのような野菜料理も注文したがなかなか旨い。海味什野菜焚58HKドル、

そうこうしていると、上海蟹の登場だ。値段のわりに大きい。

 

上海蟹足まず、足をハサミで解体して、棒で身を押し出して、いただく。うまい!!

そのあと、本体を甲羅をぱかっと開いてみそをいただく。。足はそれほど身がないが、甲羅の部分には身がしっかりとはいっていた。

 

蛋白海老炒飯そして、締めは蛋白海老炒飯 68HKドルだ。

今日のマイタンは2名で385HKドル(約5600円) 安上がりだった。

 

 

海鮮酒家『新星』2838-2186
銅鑼灣謝斐道440号駱克大廈1樓
営業時間 6:15-

青衣、深圳などに7つの支店がある。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ★暖かい水炊きのシーズンですね  [ トレンディーなキーワード ]   2006年12月02日 22:05
師走でそろそろ寒くなってきましたね。 カロリーも軽めでヘルシーな水炊きをおいしく頂きましょう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビットコイン
ビットコインのお財布を無料で作成しましょう! 簡単安心!ビットコイン取引所 coincheckbitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
おすすめ海外旅行保険
損保ジャパン日本興亜 新・海外旅行保険OFF!
Profile
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
Twitter・MIXI始めました
カテゴリー
ベラージオのクチコミ
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ