<$OGP$>

2007年03月21日

霧島温泉郷 『鳥遊ぶ森の宿 ふたり静』3

霧島温泉郷からすこしはなれたところにある、離れ5棟だけという閑静な温泉旅館だ。オープン(2006年5月)してまだ1年弱なので施設も綺麗だ。

それぞれ部屋には特徴があり、

花の音、森の音、鳥の音、水の音、風の音 という名前がついている。

わたしは、和室、ベッドルーム、切石内湯、水風呂、露天風呂、サウナ室 が、ついている鳥の音という部屋を一休を通じて予約した。

夕朝食付きで一泊一室 57,800円 

チェックインは15:00 チェックアウトは11:00

入口霧島温泉郷から少し離れた場所にあり、国立公園内ということで、案内板がなく、途中で旅館に電話しながらやっと目的地に到着した。

駐車場への道は狭く、車が5,6台やっと駐車できるほどのスペースしかない。

 

鳥の音駐車場からフロントへのみちは、石段になっていたので、スーツケースは旅館の人に持ってもらった。まあスーツケースで温泉に来る客もいないだろう。

こじんまりとしたフロントで手続きをすると、部屋に案内された。途中も砂利道なので荷物を運んでもらった。。

 

こたつ回転ドア部屋は純和風で、こたつが用意されていた。忍者が出て来そうな回転式のドアを通り抜けると右手に洗面所、左手にはベッドルームがある。

 

寝室内湯その先には内湯サウナが完備されていた。サウナは通常24時で終了だが、希望すれば朝まで利用できる。

 

 

サウナ露天風呂そして、内湯のドアから外にでると、水風呂と、さらに引き戸の先には小さめだが、露天風呂もある。これらがすべてこの部屋専用で利用できる。

 

露天風呂最近オープン(2007年2月)したばかりの24時間利用可能な露天風呂もある。これは、敷地内の小高い場所に作られていて、5,6人はらくらく入れる広さだ。

 

 

使用中露天風呂内部共用だが、予約制ではなく、露天風呂に行く途中の札を使用中して自由に入ることができる。露天風呂から霧島連山や桜島を見たい人は、食事前か早朝に利用したい。

 

食事処部屋食夕飯は食事処でいただく、6時あるいは、6時30分のどちらかで予約できる。

食事処は、個室になっている。モダン懐石ということで、和洋折衷の懐石料理だ。

 

オードブル焼酎は 森伊蔵 グラス1500円、魔王 グラス700円などを飲んだが、東京で飲むより安い。

食前酒の梅酒ゼリー 
オードブルは、舌平目と海老のパートピロ、サラダ仕立て
ズワイ蟹と白菜のミルフィーユ仕立て(キャビアと共に)
キノコとからし菜のおひたし 
煮穴子の天婦羅

お造りスープお造りは とろ鮪 真鯛、ボタン海老 ウニ、サラダ

スープ
クリームチャウダースープ サフラン風味マルセイユ風

 

鹿児島県産牛ヒレ網焼きステーキ茶碗蒸し牡蠣あろしの茶碗蒸し、柚子胡椒餡かけ

お口直し
とろろそばの山葵菜いくら掛け
メイン料理
鹿児島県産牛ヒレ網焼きステーキ みぞれ酢ソース

お茶漬けデザート松茸に、ちりめんジャコのだし茶漬け梅の香り 香の物

小布施栗のモンブランに小豆アイス 小さなフルーツを添えて、

というフルコースだった。

部屋に戻り、満天の星を見上げながら露天風呂に入ったが最高の気分だった。

朝食!湯豆腐朝食(写真左)は、8時30分と9時30分のどちらかを選択できる。また食事処でいただく。

10時30分ころチェックアウトすることにした。

 

しかし、会計をしようとしたが、クレジットカードが使えなかった。香港から日本に来ていたので、あまり日本円の持ち合わせがない。もちろん香港ドルで支払うことはできない。。あとで振込みでいいと言われてほっとした。しかし逃げられたらどうするんだろうか!!!

インターネットももちろん使えない。部屋にある電話は内線なので、ダイヤルアップの利用はできない。たまには、こういうのんびりした時間をすごすのもいいかと思った。

霧島温泉郷 『鳥遊ぶ森の宿 ふたり静
 〒899-6603 鹿児島県霧島市牧園町高千穂3620-4
 TEL0995-78-3161 FAX0995-78-8083



このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
オンラインウォレット口座開設
仮想通貨取引所 BXONE
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
Twitter プロフィール
フォロー大歓迎です!
月別アーカイブ