<$OGP$>

2008年02月04日

イスラエル突入記 ゴルゴタの丘&聖墳墓教会編5

悲しみの道嘆きの壁をあとにして、我々は、ゴルゴタの丘に向った。

途中、イエスキリストがローマ総督ピラトに死刑を言い渡され、十字架を背負って歩いたゴルゴタへの道(悲しみの道)を歩いた。

 

 

ヴィア・ドロローサ(Via Dolorosa)ヴィア・ドロローサ(Via Dolorosa)=悲しみの道は、細く、全長1キロメートル

この付近は今も昔も繁華街で大勢の人でごったがえしている。

 

 

悲しみの道2両側の店は、観光客向けのお土産屋が中心で客引きもすごい。。

スリもたくさんいそうだ。。

 

 

イスラエル兵やっとのことで、聖墳墓教会の前庭に到着した。

イスラエル兵が完全武装で警戒している。

 

 

聖墳墓教会 入口イエスキリストが十字架に磔にされたのがこのゴルゴタの丘だが、そこに聖墳墓教会が建っている。丘に記念碑でもあるのかと思っていたのがぜんぜん違った。

 

 

塗油台入口を入ると、まず塗油台がある。一畳ほどの赤い大理石板は、十字架から降ろされたイエスキリストに香油を塗ったといわれる場所だ。信者がこの台に列をつくって接吻している。

 

 

ゴルゴタの丘へゴルゴタの丘そして、その左側に狭い急な階段がある。ここを上がると、イエスキリストが磔になった場所(ここがゴルゴタの丘)が出現する。

 

 

蝋燭蝋燭をそなえる人が絶えない。。

種馬M君も神妙な顔で蝋燭をそなえていた。。

 

 

イエスキリストの墓階段から降りて、真っ直ぐ進むと、そこ大きな建造物があらわれる。これが、イエスキリストの墓だ。

狭い内部にも入ることができるが、長い長い列に並ぶ必要がある。

 

 

イエスキリストの墓の天井天井のフレスコ画天井のフレスコ画が綺麗だ。

 

 

 

U君!聖墳墓教会からでて、前庭で休憩したが、ウジムシU君は、さっそく ナンパした女性たちの記念撮影をスケベそうな顔で引き受けていた。

『聖墳墓教会(Church of Holy Sepulchre)』
開園時間 8:00−日没ころ 無休 入場無料 

 

ヤッフォ門我々は、ヤッフォ門からエルサレム旧市街から脱出した。

 

 

 

ダビデの塔ヤッフォ門を出ると、左手には、ダビデの塔がある。

紀元前20年にヘロデ王がエルサレム防衛の目的で要塞を建てた。

 

 

城壁ダビデ王がこの塔から、部下のウリヤの妻バテシバの沐浴を覗き見したということでこの名前がついているらしい。が、うそ臭い。

 

 

 

こうして、エルサレム見学が終了した。すこし駆け足だった。もっとゆっくり見学したいところだ。

次は、死海見学、、遊泳だ。。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 恋愛心理テスト  [ 恋愛心理テスト ]   2008年02月05日 03:02
恋愛心理テスト

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
オンラインウォレット口座開設
仮想通貨取引所 BXONE
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
ベラージオのクチコミ
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ