2008年12月17日

香港登山 マクリホース ステージ64

歩道橋マクリホース ステージ5に続いて、ステージ6に突入することにした。

大埔公路の歩道橋を渡ると、ステージ6が始まる。綺麗な公衆便所もある。

 

ダムこの近辺からは、野ザルが多数出現する。このエテ公が意外に凶暴なので注意しよう。

九龍水塘をせき止めるダムを渡る。

 

 

舗装された金山路そこからは、しばらくなだらかな舗装された金山路(Golden Hill Road)をひたすら歩く、、

 

 

 

ちんけな滝標離柱 M117 の先に、石梨貝水塘から九龍水塘に流れるちんけな滝が左手に出てくる。

 

 

 

ライオンロックとビーコンヒルここいらへんで、右手を見上げると、

いままで、歩いてきた獅子山(ライオンロック)筆架山(ビーコンヒル)が遠くに見える。こんなに歩いてきたのかと、、

 

 

さる!子ざるその先には、野ザルが、多数出現してきた。可愛い子ザル、、、そして、毛繕いをする猿たち、、

 

 

そこに、きた〜〜〜〜〜 

金玉さるひときわでかい

金玉を持ったボスザル(通称 まっき〜〜猿)だ。

 

 

のそのそと、メスザルの背後から近づき、手当たり次第にバックから挿入していた。子ざるの相手をしている雌ザルでもなんでもありだ、 『私はサルになりたい。』⇒こちら

標識さらに、舗装された道路の行軍が続く、標離柱 M121 を過ぎると、左手に標識が出てくる。

 

 

 

山道急坂この標識のところから、右手の坂道を登り始める。ちょいとわかりにくいので、気をつけよう。

ここからは、結構 下半身にきつい 坂道の連続だ。

 

城門水塘標離柱 M123をすぎると、眼下に城門水塘が見えてくる。

 

 

 

トーチカ側面トーチカトーチカだ〜〜〜〜 

 

 

 

トーチカ内部この付近は、

1936年に構築された九龍半島中央部一帯の要塞線(イギリス名:ジン・ドリンカーズ・ライン)なのだ。

 

 

トンネルトーチカの奥に侵入した。コンクリートで頑丈に構築されたトーチカはいまでも使えそうだ。

数百メートルは続いているトンネルは、当時を物語っている。

 

 

急坂このトーチカを 若林中隊挺身突入により、イギリス軍の255高地を奪取して、開戦6日で九龍半島を攻略したのだ。

このトーチカの先の急坂を降りると、その登山道の両側に塹壕が点在する。

 

危険侵入禁止の立て札があちこちにある。

 

 

 

塹壕その1個に侵入を試みた。以前来た時、若林東一中尉の写真が貼ってあった塹壕だ。

 こちらをぜひ参照

 

 

若林東一中尉ところが、心ない ちゃ〇ころに 無残にはがされていた。

ほんまに ちゃ〇ころはあかん

 

 

ステージ6終了さらに下ると、標離柱 M124 がこのステージ6の終わりをつげる。。

 

 

 

BBQそこには、大きなBBQエリアが現れる。綺麗な公衆便所もある。

 

 

 

城門水塘ここから、帰るには、BBQエリアを通り抜けて左手に進む。右手に見えるのは、城門水塘だ。

 

 

 

ミニバス15分ほど道なりにすすむと、バス亭に到着だ。ここは終点なので、たくさんバスは停車している。

16時 行軍は終了した。

行き先は、すべて、MTRの荃灣行きなので、乗車しよう。3.9HKドル 20分ほどで、到着だ。

MTR路線図MTRに乗車して、路線図を見た、。 黄大仙から荃灣まで、相当歩いたんだなあと実感した。、

 

 

 

マイタン大賞2008の投票がお済みでない方は⇒投票はこちら



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
FX6000009 at 06:32│Comments(0)TrackBack(0)clip!香港登山記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビットコイン
ビットコインのお財布を無料で作成しましょう! 簡単安心!ビットコイン取引所 coincheckbitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
おすすめ海外旅行保険
損保ジャパン日本興亜 新・海外旅行保険OFF!
Profile
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
Twitter・MIXI始めました
カテゴリー
ベラージオのクチコミ
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ