<$OGP$>

2008年12月19日

マカオ ヘリコプターで突入!!5

ピンク師匠マカオ世界遺産を征服しに行くことにした。

マカオ世界遺産は、22か所の歴史的建造物と8か所の広場これを全部で1つの世界遺産として登録されているのだ。

10時に上環のマカオフェリー乗り場に集合した。あいにく土曜日で、フェリーは1時間30分待ちだった。

ヘリコプターチケット売場ならば、、ヘリコプターでマカオに突入することにした。

フェリーチケット売り場の右側に、ヘリコプターのチケット売り場がある。

 

 

香港⇒マカオ 9時〜22時30まで30分おきに

マカオ⇒香港 9時30分〜22時59分まで30分おき

に運航されている。

マカオまでの飛行時間は16分間だ。定員は8名だ。

気になる料金だが、片道2200HKドル(約2万6千円)(金・土・日・祝日は200HKドルプラス)

体重計??チケットカウンターの下に体重計みたいなものがあるが、ここに、手荷物をのせないといけない。

15lbs(約6.8キロ)までは、無料
15lbs超〜25lbs(約11.3キロ)までは、 追加料金800HKドル
25lbs超〜60lbs(約27.2キロ)までは、 もう1名分料金
その後 45lbs(約24.2キロ)毎に   1名分の料金が加算

飛行コースは、香港島からランタオ島を右手に見ながら飛行してマカオに到着する。

われわれは、10時30分のチケットを購入した。値段も高いせいか、がらがらだった。

西橋(WEST BRIDEGE)ヘリ専用入口西橋(WEST BRIDEGE)から入場すると、

フェリーの場合は、右側から入るが、ヘリコプターの場合は、

 

左端を通過する。そこで再度荷物を体重計のようなものに載せる。

ヘリ専用エレベーターそして、出国手続きは普通に行う。そして、フェリーの場合は、そこからエスカレーターで

さらに1階下がるが、ヘリコプターの場合は、そのまま右端のエレベーターから3Fにあがる。

 

ラウンジ入口そこに、ヘリコプター乗客のラウンジがある。

そこで、荷物のチェックと重量計にまた荷物を載せる。

そして、ラウンジに突入した。

 

ラウンジ内部ラウンジはあまり広くはないが、パソコンが2台置かれていて、

飲み物(ノンアルコール)、軽食、アイスクリームなど

無料でサービスされる。

 

BlogPaint耳栓マカオの入国カードも、タイプで打ちこんで渡してくれた。耳栓も配られる。

時間になると、エスカレーターでヘリ乗り場まで案内される。

 

ヘリポートヘリポートにはすでにヘリコプターが到着していた。

あっという間に、空中散歩のはじまりだ。

 

 

九龍半島ランタオ島九龍島の高層マンションがすぐに小さくなって行く。

ランタオ島も すぐに右手に見えてきた。

 

ターボジェット途中で、3隻のターボジェットを抜かしていった。なんとなく快感だ。

 

 

 

新マカオ・タイパ橋ヘリポートそして、マカオ最長の新マカオ・タイパ橋が見えてきた。もう少しで到着だ。

ヘリポートが眼下に見える。

 

そして、あっという間にマカオに到着してしまった。

エスカレーターで出国ゲートに向かった。

土曜日ということで、出国ゲート長蛇の列だった。

しかし!!! へりの乗客は、右手の専用出国ゲートから並ばずに出国できるのだ。。

タクシー乗場なんなく出国して、タクシー乗り場へ、

普段ならここでも 長蛇の列なのだが、すぐに出国できたので、並ばずに乗車できた。。 

 

 

10時30分のヘリコプターに乗り、マカオでタクシーに乗車して、

最初の目的地の カモンエス公園に、11時6分には到着していた。

SKY SHUTTLE 空中快線』 2108-9898



このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
オンラインウォレット口座開設
仮想通貨取引所 BXONE
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
Twitter プロフィール
フォロー大歓迎です!
月別アーカイブ