<$OGP$>

2009年06月24日

映画『真夏のオリオン』5

真夏のオリオン久々に邦画『真夏のオリオン』を日本で鑑賞した。

太平洋戦争末期 沖縄近海で、伊77潜水艦米軍駆逐艦との壮絶な争いを描いている。




 

数年前 役所広司主演の『ローレライ』という潜水艦ものの映画を見たが、めちゃくちゃな内容で幻滅した。

今回も潜水艦ものということで、あまり期待していなかったが、

なかなかの出来上がりで感動の作品だった。

玉木宏もなかなかの熱演だった。

ただ、なんとなく、

眼下の敵第二次世界大戦のイギリス駆逐艦とドイツ・Uボートとの戦いを描く戦争映画 

ロバート・ミッチャム主演『眼下の敵』(1957年)に ストーリーが似ていた。

まあいか、

 

ところで、隣の席に 大阪人バカップルが座っていた。

むしゃくしゃポップコーンを食べ、大阪弁ででかい声で話していた。

むかつくんだよ!ゼイロク野郎、くそ大阪人静かにしろっつうの!

すっとこどっこい! お前ら大阪から出てくるんじゃねえよ!

大阪のちんけな青空映画館でフーテンの寅さんでも見てろっつうの!

バカヤロー!!!!


真夏のオリオン予告

 
眼下の敵


このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by 魂魄の狐神   2010年10月04日 22:10
1 最近、愛国を唱えることがブームになっているようで、それは喜ばしいことではあるのであるが、中には愛国をレジャー感覚で唱えるような者もおり、かうしたことを危惧している。石原チョン太郎(この根拠は、我のブログを参考のこと)に端を発する、レジャー保守というのは、ためにならぬ。君は襟を正して鑑賞すべき映画に、隣の観客が鬱陶しかっただのと文句を言う。このレベルの低さはどうにかならぬか。君の文章には天下国家を語る者のとしての品格が欠けているように見受けられる。それから君は、づこかの有名料理店で食事をしたの、飛行機の一等で遊びに出かけたのとひけらかし、他人を貧乏人呼ばわりしている。硫黄島で、沖縄で斃れた英霊の苦しみは、フランス料理や会席料理などをベロベロと平らげる者には判るまい。我は体調上の理由で無収入にありぃ、ブロバイダーへの支払いも厳しいが、他民族から日本を守るためのブログを、毎日更新している。金のない生活など少しも苦ではない。君は、我のような貧しき愛国者に思いを致したことがあるか?金を持っていることが悪いことではない。いかに金を使うかを判らずに湯水のやうに浪費するものを薄ら馬鹿であるというのだ。君は薄ら馬鹿でいつづけてはいけではない。まずは、我のブログを参考に、真の愛国者とは以下に行動すべきか、考えて見ることをお勧めする。きついことを言ったが、日本と日本人を憂えるものとして、言わせていただいた。
1. Posted by 五十田   2009年06月24日 09:47
大阪人の件、同感。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
オンラインウォレット口座開設
仮想通貨取引所 BXONE
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
ベラージオのクチコミ
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ