<$OGP$>

2009年06月22日

海外FXのすすめ!5

日本では、阿呆な木端役人が急に決めたFXの倍率規制(レバレッジ規制)で、

FX会社&投資家を含め相変わらず大騒ぎだ。

2004年の金融商品販売法の施行 以降 FX会社を免許制にしたわけだが、

その当時は、金融庁も小泉・竹中の規制緩和政策に乗っかって、ずいぶん緩い法律を施行したのに

口の曲がった麻生政権になって、急展開、、リーマンショックもあって、

今度は信託保全、ロスカットルールの義務化おまけに倍率規制(レバレッジ規制)

時の政権によって、あっちこっちにルールが変わってしまっては、おちおち投資もできない。

おまけに、2009年1月2日からは、日本でFX取引をすれば、その詳細が全部、お役所に報告されているのだ。

いまの税制では、なぜか、店頭FXは、最大50%の税率損益の繰越もできない。

それに比べ クリック365、大証FXなど取引所FXは、先物崩れの会社や潰れそこないの証券会社など

ろくでもない会社ばかり加盟しているというのに、

最高税率20%、損益の繰越もできる。。。

あまりにも、不公正税制だ。取引所は多額の手数料を加盟会社から徴収しており、加盟会社はいくら取引量を増やしても収益はあがらず、

取引所=役人に、収益が落ちる仕組みだ。

こんな阿呆な国でFXをするのはやめたほうがいいだろう。。やればやるほど役人が潤うだけだ。

海外FX会社で 取引すれば、

1、倍率規制もない 

2、税務署に支払調書も提出されない。

3、クレジットカードで入金できる

4、日経225などの、CFD取引も同一口座でできる。

5、追証ゼロ(ロスカットが徹底している)

この際、FX取引は海外に引っ越ししたらどうだろう。

海外FX会社を紹介しているサイトがある。

口座開設の代行もしてくれるようだ。⇒ 海外FXお役立ちガイド

 



このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

したらば掲示板限定シリーズ三部作雑記:【国際】 伊当局、邦人2人を拘束 13兆円相当の米債券押収 在ミラノ総領事館、身元など詳細を確認中 - 名無しさん@十周年 - livedoor Blog(ブログ) 金融商品を売りまくって最後は炸裂! 大量購入の金融機関は税金による公的...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
オンラインウォレット口座開設
仮想通貨取引所 BXONE
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
Twitter プロフィール
フォロー大歓迎です!
月別アーカイブ