<$OGP$>

2009年09月29日

カンボジア突入記 アンコールトム 南大門4

朝8時、ホテルロビーに集合!

専用車で、アンコールトム見学に出発した。

バイクタクシー舗装してあるといっても、ガタガタな道だ。信号もほとんどない。

バイクタクシー(3,4名乗り)がたくさん走っていた。



アンコールワット
アンコールトムは、カンボジアの2大観光地なのだが、

午前中は、アンコールワットが逆光になるので、

午前、アンコールトム 午後 アンコールワット 見学というのが、定番だ。

チケット売場アンコール遺跡の手前に、ゲートがあり、

入場券を販売している。5時〜19時





カメラ写真はその場で撮影されて、窓口で料金を支払う。3分ほどで、入場券は交付される。






1日券 20USドル
3日券 40USドル
7日券 60USドル

カンボジアの物価にしては、かなり高い入場料だ。


入場券
カンボジア人以外は全員必要だ。各遺跡の前には、係員がいて顔写真を入念にチェックするので

インチキはできない。



アンコールトムに向かった。

アンコール=都 

トム=大きい  

アンコールトム=大きい都 ということになる。

アンコールトムは、アンコールワットより100年ほどあとの12世紀末から13世紀初めに建設された。アンコール王朝最盛期の遺跡だ。

アンコール遺跡群はヒンズー教が多い中

宗教:仏教(観世音菩薩) だ。

  
周囲3キロ四方の環壕と高さ8メートルの城壁に囲まれている。アンコールワットより4倍以上大きい。

南大門前の道まず南大門に到着した。ちょうど週末、しかも日本のシルバーウィークということもあって

南大門は、一方通行なので、大混雑だ。




南大門
の手前で車から下車して、写真撮影だ!!

神南大門の前の欄干は、乳海攪拌の神話をモチーフに 左側は、






阿修羅右側が、阿修羅が、54体ずつ立ち並んでいる。






南大門南大門
の高さは、25メートルで、3メートルのハスの王冠を飾り付けた観世音菩薩の四面仏塔が





南大門拡大!東西南北を向いて4体ある。







とにかく、アンコールトムは、顔だらけの遺跡なのだ!

南大門の裏側一方通行の南大門をくぐった。どこから見ても
同じ顔、顔、顔だ。





また車に乗車し、
1.5キロメートル先のアンコールトムの中心 バイヨンに向かった。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
オンラインウォレット口座開設
仮想通貨取引所 BXONE
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
Twitter プロフィール
フォロー大歓迎です!
月別アーカイブ