2009年09月29日

カンボジア突入記 アンコールトム バイヨン 他 4

南大門から1.5キロのところに、バイヨンがある。

アンコールトムの中心にあるバビヨンは東向きに建設されている。

アンコールトム
























バイヨン右から回り込み、死者の門方向から突入した。

第一回廊北から本殿に侵入した。




バイヨン中央には、高さ42メートルの本殿がそびえたっている。








バイヨン壁画東西160メートル 南北140メートルの第一回廊を北から東に時計回りに壁画を見学した。








中国人?兵隊壁画は、当時の 戦争の様子や、庶民の生活が描写されている。






未完成壁画東門から先は、壁画は、未完成だ。おそらく 王様が死んだか、 戦争で描けなくなったか

それはわからない。






本堂へ向かう階段中央本堂東門から中央本殿に登っていく。。

かなり急な階段なので、注意して行こう。





撮影スポット登りきると、窓から顔を出しての撮影ポイントだ。

間抜けな観光客が記念撮影している。






三連菩薩像3つの菩薩の顔を撮影できるポイントもある。









クメールの微笑みクメールの微笑みと言われる観世音菩薩もここにある。







中央本堂を降りて次の見学地

バプオンバプオン

11世紀中ごろ建設 ヒンズー教

中央祠堂に続く200メートルの参道だ。




参道の下参道の下にもぐると、高さ2メートルの円柱の柱が印象的だ。

中央祠堂は修復中で入場できない。




次は、

象のテラス象のテラス

12世紀末に建設

王宮前の広場に面した長さ350メートル 高さ3.5メートルのテラスだ。



勝利の門
東向きに建設されていて、勝利の門にまっすぐ道がのびている。









カンボジア アンコールトム 象のテラス






王様専用の門次は、象のテラスから後ろの王様専用の門をくぐり、しばらく歩くと








ピミアナカスピミアナカス
が、出現する。

11世紀初頭、ヒンズー教




3層の基壇を組み上げ上部に回廊と祠堂を配置する寺院だ。

『天上の宮殿』と呼ばれていた。

男池ピミアナカスの北方に王家の浴場である2つの池がある。

大きい池が男池で、小さい池が女池。




次は、

プリアパリライプリアパリライ

12世紀初頭

アンコールトム王宮の北側にある小さな遺跡。ほとんど崩壊しそうだった。



こうして、12時過ぎに、アンコールトムの見学は終了した。


ところで、

遺跡を見学中、裸足の子供が、扇子を片手に1ドル、、1ドルと言って、

近づいてきた。あまりかわいそうなので、1ドルあげると、

日本語『ありがとう、』といって去っていった。

すると、裸足の子どもたちが、どんどんよってくるではないか。。

こちらでは、1ドルは相当の大金みたいだ。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビットコイン
ビットコインのお財布を無料で作成しましょう! 簡単安心!ビットコイン取引所 coincheckbitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
おすすめ海外旅行保険
損保ジャパン日本興亜 新・海外旅行保険OFF!
Profile
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
Twitter・MIXI始めました
カテゴリー
ベラージオのクチコミ
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ