2009年09月30日

カンボジア突入記 アンコール・ワット (シェムリアップ)5

アンコール遺跡周辺いよいよ アンコールワット見学だ。

暑い日中は、ホテルのプールで一休み、15時にロビーに集合だ。

ホテルから15分ほどで、アンコールワットに到着だ。

アンコール=都

ワット=寺院  の意味だ。







アンコール・ワット
は、12世紀前半に30年かかって建設されたヒンズー教の寺院だ。

アンコール遺跡群のなかで、アンコール・ワットだけが、西側を向いている。

これは、国王の墓として機能していたからだそうだ。

四方(東西1.5キロメートル 南北 1.3キロメートル)を幅190メートルの環壕に囲まれたアンコールワット

アンコールワット環壕昔はワニがたくさん生息していて外敵から寺院をまもったそうだ。

まず、入口の西参道付近で車を降りた。




アンコールワット中央祠堂右側手前から、撮影すると、中央祠堂が見える。






修復済み堀堀の右側は修復が済んで一直線だが、







未修復の堀左側は、未修復のためがたがただ。




西楼門と参道西楼門に向って参道(長さ540メートル 幅12メートル)をまっすぐすすむと、






七つ首の蛇ナーガ石畳の途中の欄干に 七つ首の蛇ナーガがある。






ヴィシュヌ神西楼門の南側には、ヴィシュヌ神が立っている。






中央祠堂西楼門をくぐると、そこから、中央祠堂が目に飛び込んでくる。






歯を出して笑っている女神右後ろに振り返ると、アンコールワットに2000あるといわれる女神像のなかで、1体だけ、歯を出して笑っている女神に出会える。





図書館参道の両側にある建物は、図書館だ。

アンコール遺跡では、中心の建物の手前の両側には図書館がある場合が多い。





聖池の前でさらにすすむと、両側に聖池といわれる水たまりがある。

左側が撮影ポイントだ! 



池に逆さにうつった中央祠堂が綺麗だ。5つの塔もこの位置から撮影できる。

『ラーマーヤナ』左側の第一回廊西から突入した。







壁画この西面の壁画は、『ラーマーヤナ』と言われ、監禁されたシーター姫をラーマ王子と沙流郡のハヌマーンが救い出すという神話が描かれている。日本の昔話 桃太郎と似ている。




王様の風呂西塔門をくぐると、左右にちょいと深い正方形のくぼみがあるが、これは、王様の風呂だったようだ。





第二回廊右側の第一回廊と第二回廊の間の広場にでた。

その先の階段から中央祠堂に突入だ。





中央塔への階段地上から65メートルの中央塔は現在修復中で、入場するこはできない。






中央塔しかし、かなり急な階段で、中国人や韓国人はよく落ちるとガイドは説明していた。






時間は、5時になっていた。とにかく暑い、もうろうとしてきた。もっとゆっくり見学したかったが、ここいらへんでリタイアすることにした。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビットコイン
ビットコインのお財布を無料で作成しましょう! 簡単安心!ビットコイン取引所 coincheckbitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
おすすめ海外旅行保険
損保ジャパン日本興亜 新・海外旅行保険OFF!
Profile
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
Twitter・MIXI始めました
カテゴリー
ベラージオのクチコミ
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ