2009年10月04日

カンボジア突入記 バンテアイ・スレイ(シェムリアップ)4

日の出を見たあと、朝食を少し早目にすませて、

8時にホテルを出発した。

そして、午前中に残りの遺跡をすべて観光してしまうことにした。

最初の目的地、バンテアイ・スレイに直行だ!!


スラ・スラン途中、車からスラ・スランという、

バンテアイ・スレイの東側に広がる巨大な聖池が見えた。




東西700メートル 南北300メートル の人工池 王族の沐浴の場所だ。

その次は

プレ・ルーフ遺跡プレ・ルーフ遺跡だ。

961年 建築 ヒンズー教

こちらも車窓から見学だ。

 

バンテアイ・スレイホテルから1時間ほどで、バンテアイ・スレイに到着した。

1914年に発見された小さな遺跡だ。

1931年に修復され現在の形になった。



建物全体に広がる浮き彫り彫刻と、赤色砂岩のレリーフが印象的だ。

967年建築 ヒンズー教


東楼門東楼門2東楼門からまず侵入しよう。







参道参道
の先には、小さな中央祠堂が見える。

両側にはシヴァ神の象徴であるリンガをかたどった石柱が並んでいる。




図書館手前の左右にある建物は図書館だ。







中央祠堂左側から中央祠堂を一望できる。







第二周壁の門第二周壁の門

最も保存状態がよく美しい






聖水を浴びるラクシュミ―聖水を浴びるラクシュミ―

第二周壁の内側に施されたレリーフ 

象がヴィシュヌ神の妻、ラクシュミ―に祝福の水をかけている。


中央北塔中央北塔

この塔には、

東洋のモナリザフランス人 アンドレ・マルローの盗掘事件で有名な、

東洋のモナリザがある。




第二周壁の門第二周壁の門

猿の兄弟げんか 





中央祠堂中央祠堂

ちいさいが、造形は繊細だ。





バンテアイ・スレイ池の手前からは、撮影ポイントだ。












カンボジア突入記 バンテアイ・スレイ






都市部から車で、1時間ほど離れている、この付近では、

電気、水道、ガスなどは来ていない。

自給自足生活だ。

高床式住居高床式住居は、蛇の侵入を防ぐためだそうだ。

家賃はいくら?と聞くと、無料という答えが返ってきた。


子供もほとんど裸足、学校もなさそうだった。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビットコイン
ビットコインのお財布を無料で作成しましょう! 簡単安心!ビットコイン取引所 coincheckbitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
おすすめ海外旅行保険
損保ジャパン日本興亜 新・海外旅行保険OFF!
Profile
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
Twitter・MIXI始めました
カテゴリー
ベラージオのクチコミ
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ