<$OGP$>

2010年03月03日

日本 HSBCプレミア 口座開設方法5

HSBCプレミア今日は、HSBC香港の話ではなく、

日本のHSBCプレミアの口座開設方法だ。






口座開設後翌月から3カ月は口座維持手数料は無料だが、

1か月の平均残高が1000万円を下回ると、

翌月20日ごろ5,000円の口座維持手数料が

引き落とされてしまうが、

申込は、来店でも郵送でもできる。

来店の場合は、免許証だけでできるが、

郵送の場合は、本人確認書類が、2点必要になるこちら

HSBCプレミア(日本)のATMでは24時間無料で入出金できるが、

台数は少ない。

でも、ゆうちょ銀行 セブン銀行でも引き出すことができる、

月5回までは無料

それ以降は、1回につき105円かかる。

海外のHSBCのATM(約17,000台)で現地通貨が無料で引き出せる。

海外でPLUSのマークのついたATM(約100万台)も無料で利用できる


日本でHSBCプレミアを開設すれば、日本に居ながらにして

世界各国で残高0円でもプレミア口座を開設することができる。

海外ファンドを購入する資金を日本から

海外のHSBC支店に送金する時威力を発揮する。

事前に、日本と香港のHSBCに口座を開設しておけば、

HSBC海外本支店に送金する場合
手数料無料。。なので、

(日本の銀行なら通常5000円〜1万円)かかる。

ちなみに、日本国内送金も10回まで無料(10回以降は150円)

たとえば、日本円のまま、

HSBCプレミア(日本)
HSBC香港に送金して、

USドルや香港ドルにインターネットバンキングで両替すれば、

格安の手数料で交換できる。

海外ファンドの購入資金として利用できるのだ。


なにも、海外ファンドで運用する場合、身体に巻いてきたり、

手荷物に忍ばせて香港に持ち込まなくても、

正当な手段で送金して、日本に海外送金したとき、

税金申告すればいい。

たとえ運用益の20%税金が徴収されても、

10%で運用したとすれば、8%は享受できる。

日本の銀行の場合は、
 
『今なら チャンス!1年定期0.58%(税引き後0.46%)』

などというあほくさい広告を見るが、、、

ちゃんと申告したとしても、海外ファンドで運用したほうが、

何十倍も有利だ。。

日本のHSBCプレミアの口座開設は簡単で、

インターネットバンキングも日本語なので、 



お助け支店支店長HSBC香港 お助け支店 支店長
の出番はなさそうだ。

HSBC香港の口座開設は、

お助け支店 支店長までこちら




HSBCプレミアの日本支店に口座開設すると、

日本で、HSBCの香港、シンガポール、ニュージーランド、アメリカ

の口座開設ができる。(2010年3月現在)


HSBCプレミアセンター
営業時間 月ー土 午前9時ー午後7時
       日    午前10時ー午後6時(銀座、神戸支店のみ)
丸の内支店、赤坂支店、広尾支店、銀座支店、横浜支店、
池袋支店、神戸支店

*窓口による現金・証券類の取扱時間
               月ー金 午前9時ー午後3時

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村   


 

 

 *↓香港の情報ならコチラ↓*
 
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ人気ブログランキングへ中国関連ブログランキングへ
にほんブログ村 

 



このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
オンラインウォレット口座開設
仮想通貨取引所 BXONE
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
Twitter プロフィール
フォロー大歓迎です!
月別アーカイブ