<$OGP$>

2013年01月12日

日本料理『岡田和生』紅磡(ホンハム)鉄板焼5

注)2016年4月30日で閉店

K.O.Dining Groupの イタリア料理中華料理は試してみたので、

ちょいと日本料理『岡田和生』を覗いてみることにした。。

なんとオーナーの名前がレストランの名前になっている。




















入口右側には6名ほど入れる寿司カウンターがある。

その先には懐石料理コーナー、、オープンキッチンになっている。





















テーブル席も完備




















きらびやかな通路を通り抜けると、




















そしてその奥に、鉄板焼きコーナー(8名)がある。。



















メニューは1コース(鉄板焼き懐石)のみ、、1680HKドル

メインの肉をプレミアム近江牛ステーキにすると+800HKドル追加だ

さっそく 小鉢 蟹と蕪酢漬け和えものが登場した



















前菜は

9日間熟成させたスモークサーモン低温調理で

サーモンが口の中でとろけるようだ。。



















ちなみに ホタテのソテーと木ノ子のリゾットを選択することもできる。



















スープは和風ブイヤベース  

エビ、ヒラメ、イカがしっかりしたダシで仕上がっている。




















お次は海鮮、、、新鮮な食材の登場だ!

スパン王子が好きそうなダイ穴女史の真っ黒なアワビ???

まだぴくぴく動いている。


















シェフの腕の見せ所!



















アワビの蒸し焼き





















アワビのかわりに、鰤大根 山椒ソースを選択することもできる。

このブリも最高の味付けだ。。



















トマトと水菜のサラダ フォアグラ入り 

口直しにさっぱりした食感がいい。。



















お待ちかね、、プレミアム近江牛ステーキの登場だ。

4人前で400グラム、、量は控えめ、、



















炭火焼で調理される!!




















今夜はちょいと重めに、、

フランスの赤ワインChateau Giscours Margaux 2003を注文した。




















ミディアムレアーの近江牛が塩のテーブルにのせられて登場。。

わさび、ゆず塩、ガーリックソース、梅昆布、お好みでいただく。

個人的には梅昆布がおすすめ、、




















シェフ特製ガーリックライス

釜で炊かれたご飯が美味しい、、白米で食べたいくらいだ



















最後に料理長の今村祐史がご挨拶登場。。。























ここで、会員制barのChairman's Cellar  に移動してデザートをいただいた

生演奏中だ〜〜〜〜〜



















完熟メロンが美味しい、、、



















予算としては一人3000HKドルくらいだ。

サービスもよく、料理も美味しく丁寧なのでマイタン日記的のは星5つだ!



日本料理『岡田和生852-3746-2722
九龍紅磡環海街11號海名軒5樓 
営業時間 火〜金   18時〜23時 

     土・日   12時〜15時 18時〜23時




*↓香港の情報ならコチラ↓*
 
中国関連ブログランキングへ

香港マイタン日記姉妹サイト!

マイタンファミリーずっぽし日記も毎日更新中→こちら

マイタンファミリースタッフブログ⇨こちら


このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
オンラインウォレット口座開設
仮想通貨取引所 BXONE
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
Twitter プロフィール
フォロー大歓迎です!
月別アーカイブ