<$OGP$>

2014年02月12日

アブラハムプライベート 控訴せず 判決が確定!5

平成26年1月20日、東京地裁は我々に対してアブラハムプライベート

不特定多数のマスメディアに事実無根の名誉毀損のメールを配信したとして

損害賠償金を合計130万円

(平成24年5月30日から年5分の割合で利息も支払う)支払うことを

命じた。。。アブラハムの我々に対する名誉毀損の反訴はすべて棄却された。

アブラハムの全面敗訴だ。。

アブラハムの高岡くんは当然、控訴してくると思っていたが、なにもせず確定

その間、新役員体制など発表して、

法廷でやりあったあの池田くんも解任してしまったようで、

それどころではないのかもしれない。

当方の弁護士からアブラハムの代理人弁護士に連絡したところ、

損害賠償金を約2年分の利子も含め全額支払うということだった。

あっけない結末になった。。。

まあ、すでに平成25年10月11日 

関東財務局から非常に重い

行政処分(6か月の業務停止命令、業務改善命令)が下され

戦意を喪失してしまったのだろうか、、

無数に立ち上げたステマサイトも次々と閉鎖されているようだ。。

アブラハム被害者の会 公式サイトなども立ち上がっているが、、

アブラハムから日本で認可されていない無登録金融商品のフレンズや

ハンサードを購入した被害者は救済されていない。

誇大広告

毎月5万円の積立で1億円が貯まるなど

虚偽による契約

ハンサードからキックバック(販売手数料・年間管理費)を貰っていないと
中立を装い実は海外口座で報酬を受け取っていたさらに、顧客からは業界最安値とうたい約1%の年間管理費を2重取りしていた

など、アブラハムの行為はめちゃくちゃで断罪されるべきだ。


弁護士ドットコムのサイトにはアブラハムの被害者の叫びが書かれている

先日、アブラハムプライベートバンクという投資会社が、金融庁からの業務停止命令を受けました。
3か月前からこの会社の「いつかはゆかし」という積立を始めています。当初から誇大広告だったり、知人を入会させれば1万円貰えるとか、とにかく会員を増やすように言われていたりして、不安に思いました。しかし、担当者からの大丈夫という説明を受け、積み立てを始めました。契約書も複写とかではなく、約款や、解約の時の事などの書面もなく、解約のことについては口頭でも説明を受けませんでした。

続き


アブラハムは営業再開に向けて新役員などを発表しているが、

まずは、ハンサードなどの無登録金融商品を販売した投資家へ

積立金、助言報酬、入会金、カード手数料などの

返還をするべきではないだろうか

また、海外の銀行で受け取ったハンサードなどのキックバックの

日本への納税などをきっちり済ます必要があるだろう。脱税の疑いもある


これからもアブラハムから目が離せそうにない、、、


しかし、裁判が終了して一番迷惑しているのがこの人だ!!

さんしん亭


























アブラハム名誉毀損裁判の判決文を読みたい方はご連絡を!!

ハンサード詐欺契約事件の訴訟にも役立つかもしれません。

全文をメールにて公開します〜〜〜マスメディアの方も大歓迎です。

みんなで悪徳業者のアブラハムプライベートを糾弾しましょう!

問合せ先→
Email: hkmaitan@gmail.com

香港マイタン日記姉妹サイト!

マイタンファミリーずっぽし日記も毎日更新中→こちら

マイタンファミリースタッフブログ⇨こちら
スパン王子の俺タコ日記→こちら



このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
オンラインウォレット口座開設
仮想通貨取引所 BXONE
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
ベラージオのクチコミ
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ