<$OGP$>

2020年01月04日

キャセイパシフィック航空 ビジネスクラス搭乗記 A330−300 香港→マレ(モルジブ)1

年末年越しに究極の楽園!モルジブに突入することにした。。

香港からはキャセイパシフィック航空で

モルジブ・マレ国際空港へ直行便がある。。

CX601  香港発 17時35分 マレ着 21時20分 

飛行時間6時間45分 香港との時差 3時間

搭乗口が70番ゲート(一番遠い所にある)ということで

63番ゲート付近にある


いつも午前便で利用しているのでメニューがイマイチだったが

午後便だと色々なメニューがあり、さらに充実していた。。

キャセイ




















搭乗時間になったので70番ゲートに向かった。。

この並び??69番 71番 70番???

順序がめちゃくっちゃやないか〜〜バーロー

キャセイ

















すぐに搭乗が始まった、ビジネスクラスは1:2:1の配列

A330−300でファーストクラスの設定はない。。。

キャセイパシフィック

















一応フルフラットになる機材だ、、

キャセイパシフィック

















中長距離線ということで、ベットのセット付き!

でもスリッパはなし、ベットメイクも自分でするしかない


キャセイパシフィック


















ウェルカムシャンパンとしょぼい機内アメニティ

キャセイパシフィック

















ヘッドフォーンと水!!!


キャセイパシフィック






















そのほか電源類はこんな感じです〜〜〜

キャセイパシフィック






















離陸すると綺麗な夕日が目に入った〜〜

機内はエコノミーを中心に年末年始をモルジブで過ごそう

という貧乏っぽくはない日本人でいっぱいだった。。

日本から香港経由でモルジブに移動しているようで

長時間の乗り継ぎでクタクタな表情だった。。

ジジィ&ババアが大半、、


キャセイパシフィック
















入国記入書類とファストトラック(入国優先レーン)

チケットが配布された。。

結局のところ、ファストレーンの方が混雑していて

一般のレーンから入国した。役に立たなかったぜ

現地でビザの申請にホテルの予約票や

帰りの搭乗券が必要だとか事前情報があったが

特に手続きは必要なく

到着するとスイスイ出国できて何もいらんかった。。

バーロー

キャセイパシフィック

















しばらくするとドリンクのサービスがずっぽし開始された


キャセイパシフィック
















キャセイもCEOが変わりビジネスクラス以上の食事も

改善されたというニュースで期待して搭乗した〜〜

確かにメニューのチョイスも増えていい感じかな!!

キャセイパシフィック

















あまりお腹も減っていなかったがチキンをオーダーした

ところが、これが想像を絶する不味さで、、唖然とした

バーローーーーー

キャセイパシフィック

















フルーツで口直しだ、と言っても硬くて美味しくなかった

キャセイパシフィック















ウィスキーをかっくらい、、

マレ国際空港に到着するまで熟睡した。。

バーローーーーーーーー

続く〜〜〜↓↓↓ こちら

ジュメイラヴィッタベリ(Jumeirah VITTAVELI)まで
豪華水上ボートで25分

Airport Main Rd, Male 22000 モルディブ
+960 332-3506



ランキングに参加中〜
ずっぽしクリックしていただけると超嬉しいです

 ↓↓↓



これは便利なオンラインウォレットです!ぜひ開設しましょう
 ↓↓↓

仮想通貨取引所 BXONE


香港マイタン日記メルマガ登録は→こちら






このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
オンラインウォレット口座開設
仮想通貨取引所 BXONE
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ