<$OGP$>

シンガポール一般生活

2006年04月20日

シンガポール ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』&寿司『白石』

Esplanade Theatreシンガポール ミュージカル『WEST SIDE  STORY
柄でもなく、ミュージカルに出かけた。『ウエスト サイド ストーリー』だ。シンガポールの通称ドリアンホール(Esplanade Theatre)で上演されている。シェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』の現代版といったところか。4月7日〜30日まで。走る走る舞台を所狭しと男が走る。しまった劇団『オカマ』かと思ったが、途中からはちゃんと女性も出てきた。日本でも上演されるそうだ。チケットが、シンガポールでは140ドル(約1万円)だが、日本では1万4千円くらいするそうだ。チケットもネットで2列目をゲットすることができた。(チWest Side Storyケット販売⇒SISTIC シンガポールのイベントや映画などのチケットはこのサイトで、購入して、最寄の受取所で受取ることができる。)
シンガポーリアンがわかってもいないのに、ぎゃぎゃ盛り上がっていたが意外にすいていた。そういえば、このミュージカルは某U○B銀行主催のため、N君は無料のチケットを持っていたが、くれなかった。K君も週末 ナイトサファリに行ったのだが、N君は会社の無料券をたくさん持っているのに譲ってくれなかったそうです。N君はこうした無料券はお持ち帰りしたKTVの女性だけにに配布している。困ったものだ。これだけ、ブログで良く書いてやっているのに。

寿司屋『白石』そのあとに、リッツカルトンホテル寿司屋『白石』にいった。
刺身も鮨もさすがにレベルが高い。よく言えば、鈴木阿久利 悪く言えば エテ公のような顔をしたマスターがいる。たまたま きどった老夫婦がカウンターにいた。キンキの煮付けを注文して、『マスター どこで取れるんだい』気取るんじゃねぇよ海でとれるにきまってるだろうが、となりのババアもガマ蛙がくしゃみしたような顔しやがって、なだ万の店長と知り合いだとかくだらねえことをいって得意になっている、ふざけんなよ。そのきたねぇ顔洗って出直して来い!馬鹿野郎! 高級な寿司屋にはこういう、鼻持ちならな刺身の盛り合わせいやつが時々いるのが難点だ。
二人で500ドル(約3万5千円)一人2万円は覚悟して来店しなければならないでしょう。鮨の内容や値段はよし田と双璧だ。古典的な寿司屋がいい人は『白石』のカウンターがいいかもしれない。

『白石』 6338-3788
7 Raffles Avenue、#03−01/02、The Ritz Carlton 

さざえの壷焼



FX6000009 at 00:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年04月14日

シンガポール日本大使館&チャンギエアポート&『鞭打ち刑』3

日本大使館シンガポール日本大使館に行った。署名証明をもらうためだ。最近ブログのために出かけるときは、デジカメは必須だ。今日も充電よろしく出陣だ。大使館前で撮影すると、入口にいる黒っぽいガードマンが、撮影禁止だと制止してきた。ざまーみろ、撮影しちまったよ〜〜馬鹿野郎。。。
と言うことで大使館に潜入した。入口で首からへんなものをぶら下げろといわれた。ダサい。これもちゃっかり撮影した。なんだか月末だったからかもしれないが、若干混んでいる。だいたい、田舎の郵便局じゃあるまし、昼休みまでとっている。ふざけんなよ〜〜
ビジターしかも、とろい大阪弁のおやじが前にいたので、署名証明を取るのに30分以上もかかった。しかも26法別鵤隠牽娃葦漾もとられた。ぼりずぎじゃねぇか?むかつく〜〜

そのあと、高島屋のお気に入りの萬陽マッサージにいった。スペシャルではなくてノーマルだ。高島屋の3F紀伊国屋にもいった。ここは、リャンコートより巨大だ。でかすぎてなんだかかわからない。日本書のセクションは左奥だが、下手な田舎の本屋よりでかい。頭の悪そうな、日本人のがきが 漫画の立ち読みをしている。ブログの本を一冊購入してすぐにひきあげた。本屋にはあまりいい思い出がない。でも今日はクリスがいないので、ゆっくり本を選べた。

チャンギその後、チャンギエアポートにいった。市内からはタクシーで30分弱、20ドル(約1400円)だ。以前、もっと安い方法はないのかと、日本から来る馬鹿者に聞かれたことがあるが、20ドルくらい払えないなら、シンガポールなんかにくるんじゃねぇよ、この貧乏人!!
空港では、至る所で、農協(百姓)の海外旅行でもあるまいし、車座ができている。いずれも帰国する日本人を万歳!とかいって送り出している。みっもないからやめろよ、だいだい、こちらの人間は、シンガポールに来ることを、来星、日本に帰ることを、離星といってチャンギ出国いるやつがいる。へんてこりんな日本語つかうんじゃねぇよ!星に行くなんて、死んだやつだろうが、縁起でもない。馬鹿野郎! じゃ〜香港はシンガポールより近いから、来月とか離月とか言わせようか、このすっとこどっこい! 来星(ライセ〜〜〜) 北朝鮮のキムジョンイルじゃあるまし。マンセ〜〜と同じだろうが、

よく日本から暇人なやつがシンガポールに遊びに来る。いつも迎えに行くのだが、23時〜24時に飛行機が到着する。ここで気をつけなくてはいけなのが、手荷物だ、成田空港で買ったと思われるANAてっちゃんやJALの袋を不用意にぶるさげていると、チェックされる。私もN君に頼まれて、高い焼酎を3本買ってきていきなり捕まった。無税で持ち込めるのは、1本までだ。2本分は課税される。でもいいかげんで、いくらしたか聞かれて、本当は1本5000円くらいしたのだが、1本1000円というと、50%税金とられるので、2本で1000円とられた。 いいかげんだ。それにしてもN君は、いつも焼酎やら、レトルト食品を買ってきてくれとたいへんだ。K君が日本からきたときは、スーツケースの半分以上N君のレトルト食品だ。なんだかよくわからない。どこでも売っているだろうが、、あと日本から、元プロレスラーのてっちゃん(写真左)という大柄なおっさんが遊びに来た時も、一発で捕まった。タバコを山ほど持ち込もうとしたのだ。というより、明らかに密貿易人のような、格好をしていた。でも税関に連行される途中で、係員の目を盗んで、隣のドアからでかい身体で抜け出してきた。本当の脱税行為だ。この国はなんでもありだ。ただし捕まると鞭打ちだ〜〜気をつけよう。ちなみにシンガポールはタバコの持ち込みはできません。街中で購入することはできますが。

鞭打ちところで、シンガポール鞭打ち刑はハンパじゃないそうです。鞭といっても、実際は棒に釘が刺さっているようなもので、2,3回で、お尻の骨までこなごなになるそうです。途中で気絶すると、残りは後日に延期されるそうです。以前、車に落書きしたアメリカ人の子供が鞭打ち刑になったようです。てっちゃんやばいですぞ。刑罰を受けた人はほとんど歩けなくなり車椅子生活だそうです。パラリンピックにでも出場するか!


アンメルシンブラスター DX (20枚×3箱)
鞭打ちの後にすっきり 冷湿布はいかがですか!!



FX6000009 at 00:10|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2006年04月11日

シンガポール 『ラクビー7』 &『蔵の中』1

ラクビー7シンガポールでラクビー7が開催された。ラクビー7は、前後半7分の試合なので、あっという間に終わる。しかも7人なのでがんがん点が入る。がぜん盛り上がる。K君ジョン&クリスと観戦に出かけた。先週香港で、ラクビー7のあとジョン&クリスと飲みに行って、オタケビ事件に巻きこまれた直後だったので、いやな予感がしたが。
香港と違って、シンガポールではあまりラクビーの人気はなく、スタジアムもがらがらだ。
到着するなり、尿瓶のような容器に入れられたビールをがぶ飲み尿瓶だ。
日本VSシンガポールがはじまった。まわりは、むかつくシンガポーリアンばかりだ。『ニッポン イチバン』『ジャパン ナンバーワン』とがんがん叫んでやった。試合は54−0 一方的な日本の勝利だ。ざまあみろ。香港でも56−0だったようだ。やめちまえ、やっている意味ねえだろ〜馬鹿野郎!『ノーモア シンガポール』『シンガポール シット!』『マイコロニー シンガポール(シンガポールは日本の植民地だ!)』と叫びまくってやった。ジョンが危険だとおびえていた。スタジアムにはマリリンモンローやマスク54−0に変装したアホがいっぱいいた。
ハーフタイムのような、休憩時間に、ヤングマンが流れた。全員で『YMCA』と 踊っている。どこにも西城秀樹みたいなあほがいるんだな。。どうやらYMCAは万国共通のようだ。

そのあと、危険だったが、綺麗なママさん(写真左下)のいる日本居酒屋『蔵の中』に突入した。もうべろべろに酔っ払っている。
『やまかけ〜〜』入口から叫んでいる。山かけマグロの『ヤマカケ ダケクダサイ』ジョン&クリス『もずく』も好きだ。これも『ま○ラクビーjohn&criげ、クダサイ!!』と絶叫している。特製ソーセージを『ち○ぽクダサイ』と注文して、ママさんが、テーブルでカットしてくれるのだが、『イタイヨ〜〜イタイヨ〜』股間を押さえて叫んでいる。もうだめだ。しまいに、ウーロンハイの中に、もずく刺身わさびを投げ込んで 『特製 ウーロンハイ』のイッキがはじまった。じゃんけんに負けたやつが飲むのだ。『ださなきゃだめよ じゃんけんぽん!』もうまわりのお客は香港同様どんどん帰っていく。完全な営業妨害だ。
トイレに行く時は、各自、グラスを持っていった。置いておくとなにをママさんされるかわからない。 オタケビ事件はシンガポールでも継承された。そのあと、KTVジョン&クリスは消えていった。

 

 

ヤマカケソーセージ
 

 

 

もずく

やまかけクリオ



FX6000009 at 00:27|PermalinkComments(1)TrackBack(3)clip!

2006年04月03日

シンガポール航空&香港出張3

シンガポールエアーラウンジ入口日曜日から急遽、香港に出張になった。私は、航空会社はANA(全日空)SQ(シンガポール航空)を利用する。もともと、ANAのマイレージに加入しているので、そのスターアライアンスの関係でSQを利用することが多い。今回もSQだ。チャンギ空港では、SQはターミナル2だ。(ちなみにANAはターミナル1)ラウンジラウンジバーラウンジも広くて豪華だ。
カナダ3兄弟クリスはSQのスチュワーデス(最近はフライトアテンダントとかわけのわからない呼び方をしているみたいだが)のあの
寝巻きのような制服(写真左下)が好きだ、すぐにおしりをさわれるからだと言っているが、本当にさわったら捕まるだろうが!

SQアテンダント地下足袋搭乗すると、すぐにウエルカムドリンク(シャンパン)が出てくる。日本の航空会社はANAもJALも通常離陸するまでは出ない。機内食もランチだったが、写真のように豪華だ、ANAは給食のように、いっぺんにお盆で出される。ひとつ文句があるとすれば、日雇人夫地下足袋(写真右上)のような、へんてこりんなスリッパだ。小学校のときに運動会の徒競争でよく履いたが、思わず機内をダッシュしようかと思ったぜ。SQ866(1:30分発)はちなみにがらがらだった。

ランチ1ランチ3香港まで4時間の空の旅だ。SQは機内で上映されている映画も多種多彩だ。
とりあえず、物議をかもしている『ゲイシャ』を見ることにした。なんだか、千代とかいう貧乏な漁師の子供が売られて、芸者になるまでの辛気臭い話だ。『おしん』のように暗い話だった。            途中で3回も寝てしランチ4ランチ5まいなんだかわからなかった。役所広司や渡辺謙も出演していた。カナダ3兄弟がこの映画の影響で、日本の芸者に会わせろとうるさい。そこらへんにはいなんだと説明した。石和温泉や月岡温泉のズッポシ芸者の話をすると喜んでいた。              
                          

 

空港では、HSBCのATMで香港ドルを調達して、めんどくさいのでタクシー(香HSBC ATM赤色タクシー港島に行くには、赤色のタクシーを利用)で宿泊先のグランドハイアットホテルに向かった。ホテルまで480香港法別鵤沓娃娃葦漾だ。40分くらいで到着だ。
ホテルは今回スタンダードのダブルで、1泊2840香港法別鵤緩3千円)だった。香港のホテルはどこも高い。ハーバービューで眺めは最高だ。  ホテルでせっかくゆっくりしているのに、クリス&ジョンが泥酔状態で電話してきた

ゴールドカード私は、たまたま HYATT GOLD PASSPORTを持っているので、出張の時 グランドハイアットを利用することが多い、ポイントでアップグレード無料宿泊ができたり、プレゼントがもらえたりするのでお得だ。また日本のコールセンターで全世界(含む日本)のグランドハイアットホテルが予約できるので便利だ。ぜひ会員になっておきたい。(無料)

今回は、まあまあの部屋だった。しかし、いつも思うのだが、インターネットの接続料金が高い。1分4ドルで一日上限が160ドルグランドハイアット香港1グランドハイアット香港2だ。(約2400円)ぼったくりだろうが!しかしどうしようもならない。



FX6000009 at 03:23|PermalinkComments(1)TrackBack(1)clip!

2006年03月18日

シンガポール電気製品事情3

K君K君がデジカメを購入するので一緒に出陣した。
フナンセンター(日本の秋葉原)に行ったがあまり無かった
帰りのエレベーターで 突起物に頭をぶつけてプッツン  

こんなところをでっぱらさせておくなこの アホー



リャンコートの明治屋の上にある電気屋に突入

ソニー デジタルカメラ サイバーショットT7 ブラック /SONY Cyber-shot DSC-T7 -B

ソニーの激薄 デジカメ(510万画素 DSC-T7-S)
665ドルで購入
(約4万6千円)約100g 奥行き15mmだ。1Gのメモリーサービス 
ジョン! でもジョン(写真左)も昨年購入したが、520ドルだったそうです。やられた〜〜〜

つるっぱげ割引だそうです。許してやってください。
でも ドラゴンスパ 一回分です。悲しいですね (N君ご用達のスペシャルサービス付スパ)

シンガポール電気製品事情

こちらの電気製品は日本より約半年遅れで、入荷され販売される。
このK君のカメラも去年の4月に日本で発売されたが、シンガポールでは、12月ころから発売された。(現在日本では安いところでは、4万円くらいで販売されている)

あと、炊飯器も、日本で当たり前のIHは、1社の製品しかない。 しかも旧式 しかし、日本から電圧の高い電気製品を持ってくるのは、変圧器を購入する必要があるので、できれば避けたい。。

チェアーマッサージ器も 日本の最新式のものは、ない。1世代前のものが、日本より高い値段で売買されている。40〜50万かな (日本では、最新型のものが、33万円くらい)

女性の必需品 イオン式くるくるドライヤー(くるくるパーではない)も発売されていない。しかもイオン製品は、電圧が高いので日本で購入してきても変圧器を相当大きなものにしないと、使用できない。

ストーブやコタツは売っていない。必要がないからだ。

食器洗い機もあまり種類がなくでかい。でも こちらの外人は、アマサン(といっても寺の尼さんではない。お手伝いさん)が安く雇用できるので必要ないのだ

たいていのものは売っているのだが、本当の意味での新製品は販売されていないことがある。でも生活に困ることはない。シンガポーリアンもそれで、生活しているのだから。

シンガポールに暮らす

続きを読む

FX6000009 at 14:16|PermalinkComments(1)TrackBack(2)clip!
オンラインウォレット口座開設
仮想通貨取引所 BXONE
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
ベラージオのクチコミ
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ