<$OGP$>

シンガポール洋食

2006年06月06日

シンガポール レストラン『イクイノックスコンプレックス』5

イクイノックスシンガポールで一番高い地上230メートルのところ、SWISSOTEL THE STAMFORDと同じ建物の最上階70Fにあるレストラン『イクイノックスコンプレックス』にいった。宿泊者は、そのままエスカレーターで70階まで上がれる。それ以外の人はフロントの左奥の専用エレベーターで一機に70階に突入だ。

レストランから見える眺望はさすがに綺麗だ。6時30分から夕日を眺めながらの食事がお薦めだ。夕日から夜景にかわる瞬間が、ボートキーなんともいえない。窓際の席がもちろんいい。窓際は予約できないので、開店と同時に行って確保したほうがいい。レストランへは、階段を1階おりて入店するのだが、窓が大きく、地上に吸い込まれる感じで、高所恐怖症の人はちょっと怖いかもしれない。

ボートキーや、カジノ建設予定地金融街などを眼下に見ながらの食事だ。日が暮れるに連れて、ボートキーのレストランの光が点々と浮き上がって見えてきて幻想的だ。天気がよかったせいか、海も沖のほうまで、見渡せた。無数のタンカーが停泊しているのが見えたが、ミニカーのように小さくみえる。

村上世彰あの『村上ファンド』の欽ちゃん似のおっさん、(よく見ると石坂浩二にも似ている)もここで食事したのだろうか。。。いまは、檻の中のようだが、

東京からの客人が1996年ものの高級なワインを持ってきてくれたので、40ドルで持込した。ワインリストを見ると結構な値段がしたので、持込したほうが安上がりだ。
ホワイトアスパラのプロモーションをしていたので、さっそく注文した。やわらかくてなかなか美味しかった。料理はていねいな仕上がりで、上品だ。量もそこそこで、わたしたち日本人にはうれしい。

パンホワイトアスパラこの国はデザートは、こってりしたチョコレート系が多いのだが、めずらしくさっぱり系の盛り合わせでこれも美味だった。

 

 

メイン持込ワインおまけに、JCBカードで支払うと15%ディスカウントになる。金額がはるだけに、お得なサービスだ。訪れるかたはぜひこの特典を利用しない手はない。
結局 二人で280ドル(約2万円)ですんだ。料理の内容、眺望も含めて、割安だと思う。

デザートドリアンホール服装はスマートカジュアルということだったが、短パンのおやじもいた。まあ シンガポールはそういう国だ。しかし、先日東京からの客人が、ラッフルズホテルに短パンで侵入しようとしたところ、入口でつまみ出されたそうだ。シンガポールもラッフルズホテルだけは別格なので気をつけよう。

私は、25年前学生時代に、パリのエッフェル塔のフレンチレストランにジャージで突入しようとして、10メールくらい離れたところからボーイがすっとんできて、 『ノン〜〜〜〜』といってつまみ出されたことがある。まあ、その時、ドイツのフランクフルトで、日本ハムから海外に転勤していた日本人と町でばったり会い意気投合して飲み歩いたのだが、いくら学生の海外旅行とはいえ、ヨーロッパをそのジャージで歩き回るのはやめたほうがいいと言われたのを思い出した。

Equinox Complex』  6837 3322
Swissotêl The Stamford 2 Stamford Road
営業時間 ランチ 月ー土  12:00−2:30 ハイティ 月ー土 15:00−17:00 日 15:30−17:30 ディナー 月ー土 18:30−23:00 日 19:00−23:00                               

 



FX6000009 at 00:11|PermalinkComments(0)TrackBack(46)clip!

2006年06月01日

シンガポール イタリア料理『Il Lido』3

Il Lido入口最近、東京からの知人がどかどかやってくる。おかげで外食続き、苦手なローカルフードの食べすぎか、どでかい口内炎ができて、毎日高熱にうなされている。
消毒して薬をぬっても拡大するばかりだ。それはともかく、 週末の昼食に、ちょっとリッチなイタリアン、今年2月にオープンしたばかりの 『Il LIDO』(イル リド) にでかけた。

場所はセントーサ島のセントーサゴルフクラブ内の豪華なクラブハウスにある。タクシーを降りて、すぐ右側の通路を歩いていくと突きレストランからの景色当たりにある。すばらしい眺望のレストランだ。海に浮かぶタンカーや、ゴルフ場が眼下に一望だ。

オープンしたばかりだが、ディナーはなかなか予約をとるのも難しい。ウィークディなら、30ドルのランチセットがおすすめ、ウイークエンドは設定がないので、アラカルト80ドルまたは、150ドルのコースからチョイスすることになる。

レストラン店内店内のインテリアや、テーブル、椅子もおしゃれにコーディネートされている。店外もいいが、昼間は暑そうだ。窓際の席がお薦めだ。

前菜、パスタ、そして昼から ワイン(白&赤)を注文した。東京からの大事な客人と一緒だったので、奮発してみた。

料理の味もグッド、 デザートにティラミスを注文したが、これもなかなかOKだった。 よ〜しと 食後酒もたのんだ。。。と、、 『そのパン前菜時、歴史は動いた!!』じゃなくて、、ウェィトレスがいきなり、グラスを飛ばしてきて、デザートワインを2杯分 しっかり、あびてしまった。。シンガポールジェットボート状態だ。。。ドッキリカメラかと思った。。
ウェィトレスが結構、へらへらしているのには、むかついたが、マネージャーが出てきて、びびって謝罪してパスタティラミスきた。。。
同行者の某有名ブランドバックも被害を受けたが、これもなんとか修理か弁償をしてくれるそうだ。途中、外人と対等に渡り合うために、喧嘩好きのK君に電話に出てもらい攻撃してもらったが、状況がよくわからないだけに、ちょっぴり不完全燃焼だったようだ。

ワイン付きバック代金はサービスすると、、、言われて
内心、ニッコリ、これだけ食べて飲んで、いくらしたのかわからないが無料だった。たぶん600ドル(約4万円)は超えていたと思う。こんなことなら、もっと高いワインを注文しとくんだった。

ということで、景色も料理も最高のイタリアンレストランでしたが、正確な料金は不明です。。たまには、ゴージャスにいいのでは、、、シンガポールジェットボートの帰りに行けば、ワインを浴びてもOK! うまく浴びれれば、料金無料です。

Il LIdo(イル・リド)
27 Bukit Manis RD.Sentosa Golf Club 6866−1977
営業時間  11:00−24:00 無休



FX6000009 at 10:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年05月13日

シンガポール フレンチレストラン『Saint Julien』3

Saint Julienシンガポール 高級フレンチレストランSaint Julienに行った。
場所はフラトンホテルの隣の一軒家だ。ANDERSON BRIDGEESPLANEDE DRIVEの間にある。

6時30分開店時間に予約して行ったが、店内では、あの焼鳥KAZUと同じくミーティング中だった。入口のバーでシャンパンを飲んで待たされた。この国のレストランはミーティングが好きなようだ。7時ころに席に通された、川沿いにある店は全面ガラスで、席オイスターからは、ドリアンホール(エスプラネード・シアター)リッツカルトンホテルなどの建物の景色がいい。夕暮れ時は特に綺麗だ。

このレストランは雰囲気もいいが、はっきりいって料金は高い。コースの料理は280法別鵤暇円)料理別にワインをグラスでいただくコースだと400法別鵤核円)する。もちろん、ボトルでワインを注文しても高そうだ。そこで、今回はワインは持ち込みで出かけた。持込料は40だ。

BeefTartarおすすめは、オイスターだ。3種類のオイスターがあるので、それぞれ1個ずつ注文した。だいたい1ピース10ドルほどだ。料理はコースだと食べ切れそうになかったので、アラカルトで注文した。
Saint Julian特製Beeftartarは意外にさっぱりしてなかなか美味しかった。
チーズの種類も豊富だった。くせのあるチーズがお薦め

メインはラムラックにしたが、これもOKだった。

LambRack

デザートSOUFFLEていねいなつくりでおいしかった。

パーティで貸しきられることも多いので、事前に予約したほうがいい。窓際の席を希望しよう。

 

 

チーズドレスコードは長袖のシャツと長ズボンならOKだ。くれぐれも短パンTシャツでは行かないように。

ワイン持込でも、二人で400ドル(約3万円)はする。

Saint Julien』 6534-5947
 N0.3 Fullerton Road, #02-01/02  The Fullerton Water Boat House

 

デザート

海外生活奮闘記(シンガポール・香港)創刊!購読者には素敵なプレゼント!があるかも。。



FX6000009 at 01:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2006年05月05日

シンガポール イタリアンレストラン『SISTINA PIZZERIA』

SISTINA以前、パンパシフィクホテルの3Fにある、ZAMBUCAという シンガポールでは高級なイタリアンに行ったが、その時に、名前とアドレスを登録したら、後日、ワイン会の招待メールが来た。20名前後で、レストランで料理に合わせたワインを6種類サーブされる。

料理&ワインで79法別鵤鏡蕷漾砲澄6縮H省で参加して見た。

 

SISTINA店内今回は、ホーランドヴィレッジのイタリアンレストラン SISTINA』 6476-7782 で開催された。。7時30分に集合だが、だれも時間通りには来ない、適当だ。

 

食前酒とつまみを飲み食べしながら、結局8時すぎに、会ははじまった。主催者のおやじが、どうでもいいようなあいさつをして、白ワイSISTINA1ンからはじまる。となりに白人夫婦が着席した。もう8年もシンガポールに住んでいるようだ。でもこのワイン会にははじめて参加したと言っている。二人ともワインを飲まずにがんがん食べている。何のために来たのだろうか? 

次から次に料理だ出され、ワインもグラスでどんどん出される。一番はじに座ったのだが、ちょっとグラスを飲み干すと、どんどん注いでくる。2時間くらい、だったが相当飲んでしまった。

SISTINA2


 

しかし、すごい弩デブの毛唐(白人)女性が来ていた。椅子がミシミシいっている。腕も胴ほど太い、隣に座られなくてよかった。真ん中に座ったがその向こうに5,6人の人がいるのだが、その百貫デブの影で見えない。ワイングラスがおちょこのようだ。

SISTINA3チャンコロ(中国人)も来ていたが、ワイングラスを鷲掴みで、飲んでいる。おまえら、ピーチクパーチク言ってないで、飲茶でも食ってろっつうの!

ところで、ここの通りには、ほかにも、フレンチや、インド料理の店があり、ランチでもディナーでもそれなりに楽しむことができる。オープンエアの店が多いのも特徴だ。涼しい日なら外もOKだ。雰囲気もなかなかよかった。3件イタリアンレストランが並んでいるが、不思議だが、グループ店(Michelangelo's restaurant group)だ。

デザートイタリアンレストラン SISTINA』 6476-7782
44 Jalan Merah Saga

ちなみに、左隣は
Michelangelo』 6475-9069
道をへだててその隣が
ORIGINAL SIN』 6475-5605 
 


シンガポール―ショッピング・グルメ編



FX6000009 at 00:43|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

2006年04月30日

シンガポール フラトンホテル『TOWER』3

フラトンホテルがんがん回転する回転ドア!おいおい子供が挟まるだろ〜〜あぶねえな
そこを入って左奥にあるホテルフラトンの 一Fにある TOWERにランチにK君といった。
ランチブッフェ42ドル(約3千円)を試してみた。
料理はまあまあというところか?とても全ては、食べることができない。

オイスターデザートは充実している。
まあ相当腹をすかしていかないと、元は取れないだろう。
最初ソファーのテーブルに案内されたが、どうみてもテーブルとソファの間が、30CMくらいしかない。子供用じゃないのか、シンガポーリアンがいくら小柄といっても。それでも無理して座ったが、ほとんど反り返って、身動きが取れない。よくみると、ソファーだけが、動くのだ、うしろにカバみたいな、頭のわるそうな毛唐(外人)が座っている。こいつが、動かしたに違いない。思いっきり押し返したが、びくともしない。すごいデブだ。あきらめて席を移動した。窓際のいい席だ、最初からこちらに案内しろよ!すっとこどっこい。
フラトン ビュッフェそれにしても昼間っから、気取った女が、大勢で来てわざとらしい笑顔を振りまきながら、このランチブッフェを楽しんでいる。自分では、綺麗と思っているんだろうが、もうババアだ。いいかげんにしろ〜〜〜
帰り際、さっきのでかい外人はまだソファに座っていた。迷惑なやつだ。そしてあの子供席に、はげあがったチンチクリンのちびな日本人が座って食事していた。そいつには、ちょうどいい席のようだった。どこにもいるな、ちんちくりんの日本人。

 

フラトン デザートフラトンホテル 
 住所 1 Fullerton Square Singapore 049178
電話 (65)6733-8388

1919年に建てられ最近まで中央郵便局として使用されていた建物の内部を改装してオープンした最高級ホテル、ボートキーやマーラインオンに徒歩で行ける。日本からの観光の時に利用がお薦め

ところで、日本に侵攻中のK君は、毎日、六本木で豪華にシャンペンジャンケンイッキをしているようだ。そのため、シンガポールの夜は平和だ。つかの間の休戦だ。週末はN君のために、ふりかけの買出しに出かけているようだ。

シンガポール〈2006~2007年版〉



FX6000009 at 00:09|PermalinkComments(1)TrackBack(6)clip!
オンラインウォレット口座開設
仮想通貨取引所 BXONE
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
ベラージオのクチコミ
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ