<$OGP$>

中国 深セン日帰り日記

2010年01月13日

シンセン 潮州料理『潮江春(深セン喜来登酒店)』4

シェラトンホテルさて、中国平安を見学後、昼食に突入した。

シェラトン シンセン フーティエン ホテル=深セン喜来登酒店

5Fにある大規模中華料理店(潮州料理)



個室
フィリップ証券さん
の手配で、個室が予約してあった。







スープ前菜スープからはじまり、







前菜揚げ豆腐次から次へと食事が登場した





牛肉カキのチヂミ







一品ボール








エビ鶏肉







野菜料理炒飯







ハタデザート







いちおう、一人150元でと注文したらしいが、てんこ盛りの料理だ。

料理のオンパレードをご覧ください。

とても全部食べることはできなかった。

香港でこれほど注文すると500HKドル以上はとられるだろう。

シンセンは物価も安い〜〜〜〜〜

 


潮州料理『潮江春(深セン喜来登酒店)』 0755(2399)8333
福田区金田南路大中喜来酒店5楼
営業時間 10:00-22:30


*↓香港の情報ならコチラ↓*


 にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ人気ブログランキングへ中国関連ブログランキングへ
 

FX6000009 at 14:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

シンセン 会社訪問ツアー 『中国平安(コード2318)』(フィリップ証券)3

中国平安シンセンを出国してから専用バスで15分で、

本日最初の訪問会社『中国平安(コード2318)』に突入した。




外は、あいにくの大雨だ


シェラトンホテルシェラトン シンセン フーティエン ホテル=深セン喜来登酒店
の目の前のビルにある。






中国平安自社ビルではないが、専用のレセプションが1Fにある。

ここでフィリップ証券の方が入館手続きを済ますと、






入館証入館証
が配布された。







中国平安会議室に案内された。







ペットボトル中国平安のネーム入りのペットボトルが置いてあった。







副主任『中国平安』副主任
の担当者が登場して、会社概要を説明してくれた。

通訳の人をあらかじめフィリップ証券さんが、準備してくれた。



専門用語になるとちょいとへんな通訳になるが、まあなんとかわかる。

保険、銀行、ファンドなどを複合して販売している(総合金融サービス)ことが強みだと説明していた。

掛け捨ての死亡保険より、年金型の投資ファンドが主力商品のようだ。

ちなみに、

掛け捨て生命保険は、年間4000元前後の掛け金(約5万円)

死亡保険金は、20万元前後(約200万円)だそうだ。

人の命は、日本より格段に安い。

規模は、生命保険会社としては、中国人寿保険(2628)に次ぐ、

国内第2位(14%)

損害保険業界でも3位(11%)だ。

ソルベンシーマージン比率(支払余力率)は、

中国人寿保険よりも高く約230%だ。

中国の人口13億人、保険加入者2億人〜3億人足らず、

今後の潜在成長率が大きい。

などなど、期待できそうな銘柄だ。

オフィス簡単な質疑応答のあとで、

会社を見学した。





シンセンの街並み休憩室からシンセンの街が見えたが、近代的で、区画整理もばっちりだ。






コンベンションセンターこちらは、コンベンションセンターだが、

その右端に見える青のプレハブのところに、

『中国平安』の自社ビルを建築中だ。



完成後は、そちらに移転するとのことだった。

現在の株価は 70.00HK  (2010.1.12)だ。

試しに、500株ほど購入してみた。

中国平安』(2318)
15F,Galaxy Center,Fuhua Road, Futian District, Shenzhen


ところで、中国人通訳のひとに、シンセンの平均給与を聞いたみた。

月給が約4000元〜5000元(約6万円) 安い!

『中国平安』の窓から遠くに見えるところにあるマンションは、

3LDK(100平米)で、家賃は約3000元で
高いほうのマンションだそうだ。。

*****************************************
香港に渡航しなくても、

日本でフィリップ証券香港口座を無料開設する
裏技がある。



香港在住で海外投資お役立ちガイ

わんちゃいくんに、聞けば

無料で紹介してくれる。(問合せ info@kaigai-guide.com )





*****************************************


*↓香港の情報ならコチラ↓*

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ人気ブログランキングへ中国関連ブログランキングへ
 

FX6000009 at 00:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年01月12日

シンセン 会社訪問ツアー『フィリップ証券』 4

上環のプレーボーイSくんに、

フィリップ証券のシンゼン会社訪問ツアーに

参加しませんかと誘われて、、

スパンスパン王子と参加することにした。

集合時間:    2010年1月11日 午前8時20分
集合場所:    フィリップ証券(香港)オフィス
              11/F., United Centre, 95 Queensway, Hong Kong
              香港金鐘道九十五號統一中心十一樓

出発時間:    午前8時30分

訪問企業1:  中国平安(コード2318) 午前9時30分―11時
昼  食:    潮江春
訪問企業2:  万科(コード200002) 午後2時−3時30分
訪問企業3:  東江環保(コード8230) 午後4時30分−6時
解  散:    フィリップ証券(香港)オフィス 午後7時30分

参加費用 500HKドル(パスポート持参)


統一中心集合場所は、MTR金鐘駅(アドミラリティー)をおりて

D出口から出ると正面に




エスカレーター統一中心(ユナイテッドセンター)
というビルがある。

そのエスカレーターを3Fまで上がり、




フィリップ証券そこからエレベーターで11Fのところにある。

すでに、貧乏くさい格好をした投資家が、6名ほど集合していた。





貸切バス統一中心(ユナイテッドセンター)ビルの下に貸切バスが到着していた。

シンセンの企業訪問は、往復バスで移動する。




香港出国30分ほどで、シンセンに到着!

香港出国手続きのため、バスを下車した。





バス出国手続きを済まして、また同じバスに乗車する。

シンセン入国手続きの場所に移動する。






シンセン入国手続き5分ほどのところにあるが、渋滞で、15分ほどかかった。

ここで、入国手続きに突入だーー






シンセンやっと シンセンに突入できた。

そしてバスに乗車して、







バス本日一番目の訪問会社 中国平安(コード2318) に向かった。

香港は、日本と同じ、左側通行なのだが、シンセン右側通行だ。



香港のバスなので、外車のように、逆ハンドルになる。

怖いのは、乗車口が、歩道と逆側になり、乗り降りの際に 

車にひかれそうになる。

シンセンは、香港と違って、片道4車線以上の道路がたくさんあり、

町もででかい。

続く、、、


*****************************************
香港に渡航しなくても、

日本でフィリップ証券香港口座を無料開設する裏技がある。


香港在住で海外投資お役立ちガイ

わんちゃいくんに、聞けば

無料で紹介してくれる。(問合せ info@kaigai-guide.com )




*****************************************


*↓香港の情報ならコチラ↓*


 にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ人気ブログランキングへ中国関連ブログランキングへ



 

FX6000009 at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年11月20日

深セン 日帰り旅行(ニセモノショップ&マッサージ編)part24

ニセモノ屋香港上海銀行で人民元口座を開設した帰りに、噂のニセモノ百貨店の『羅湖商業城』に、突入した。入口から客引のババアに連行されて、『Sonian watch and leather shop』という店に行くとなった。

そのビルの1Fはほとんどすべて、ニセモノショップだ。

 

店内客人はお土産にローレックスなどのニセモノをゲットしようとしていた。店内に入ると、商品は、スーツケースの中にビニール袋に入れて、保管したある。店にある本物のパンフレットを見ながら、欲しい型式を言うと、ローレックスの定価100万円以上のニセモノが出てきた。

いくらか聞くと、1600HKドル(約2万4千円)ここでは、HKドルが通用する。

ニセモノウオッチ高い!!!!!!!それはないだろうというと、800HKドルになった。帰ろうとすると、いくらなら買うのかと言われたので、一応100HKドル(1500円)といった。それはないだろうと、言われたが、客人は、フランクミューラーも買うからといって、二つで200HKドルといったが、それは、だめだといわれた。。。

15分くらいのやり取りで、2個で450HKドル(1個225ドル)でまとめた。

店長一個3300円だ。もっと粘れば安くできたかもしれないが、めんどくさい。でも最初の1600HKドルというのはなんだったのだろうか???

店の女店長は、お会計のあと、ニッコリ写真にポーズまでとっていた。

 

ニセモノグッツ店『Sonian watch and leather shop』8233-8288
中国深圳市羅湖商業城1樓1054号(大快活後門)

店員は北京語しか話せないので、購入時は身振り手振りだ。しかし、帰るふりをすると、どんどん値引きしてくるので、演技が大切だ。歌舞伎役者にでもなったつもりで、見栄でも切ってやると、思わず安値が出てくるかもしれない。とにかく深圳(シンセン)では粘りがたいせつだ。

しかし、こんな大規模スーパーでどうどうとニセモノを販売している国中国は最低だと再認識した。購入しているほうも悪いが。

交通樓ニセモノショッピングはそこそこにして、帰国のために、『羅湖商業城』から陸橋で、駅構内につながる『交通樓』というビルに向った。

 

 

三島口岸大酒樓三島口岸大酒樓 店内小腹がすいていたので、ビルの左手にあった『三島口岸大酒樓』に突入した。でかい食堂のような中華料理店だった。

 

 

ビール孜然豆角炒腩肉英語も日本語も通じない、ビールもわからない。やっとのことで、ビールとつまみ1品『孜然豆角炒腩肉』28元を注文した。

なぜか、大瓶2本でてきた。

 

人民元マイタンは、75元(1200円)だった。100HKドルで支払うと、おつりは、人民元でかえってきた。人殺し毛沢東の顔入りなぼろぼろの紙幣だ。もちろん香港では使えない、、、人民元切り上げまで大切に保管しとくか!

『三島口岸大酒樓』0755-8234-4222
中国深圳市羅湖區口岸交通樓2樓
営業時間6:00-24:00

金福名美甲足浴店食堂の出て左奥には、足裏マッサージ屋『金福名美甲足浴店』があった。ニコニコ迎え入れられたが、言葉が通じない。店内に多数の店員がいたが、独り、カバのようなデブが、マッサージをしていた。これが、オーナーのようだ。

オーナーだけは、英語がわかる。いくらか聞くと、足裏マッサージ1時間で25HKドル背中肩のマッサージ1時間で25HKドルだ。

店内え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜約400円?!!!!!香港の10分の一くらいだ。

同時に足裏マッサージと背中肩のマッサージをしてくれる、王様になった気分だ、しかも両方で800円くらいだ。

マッサージ師は10名以上いるのだが、客は我々2名だ。日本人とわかると、なにやら、へらへら話しかけてくる。わからねんだよ!!

金福名美甲足浴店 にっこり!日本語でしゃべれっつうの! 客もあまりいないのに、店の店員はなぜか楽しそうで、ニコニコしている。あほうか!お前ら。

『金福名美甲足浴店』0755-8234-5208
中国深圳市羅湖區口岸交通樓2樓B交17-18号
営業時間は不明!

 

出境旅客清前行出国カウンターそろそろ5時を過ぎたので香港に帰還することにした。マッサージ屋から直進して左側の『出境旅客清前行』 の標識にそって出国カウンターに向った。

 

出国カード出国カウンターの反対側の壁に出国カードを記入するところがある。ボールペンはない。

出国カードパスポートを提示するとすぐに深圳から出国できた。

 

 

シンセン免税集団その後、深圳(シンセン)免税集団という、免税店の看板が出てくるが、特に買うものも無い人は、さらに直進して、行きに渡った深圳河をまた渡ると、外国人(日本人も含む)は左側から、左に曲がって香港に入国カウンターにすすむ。

 

 

自動入国カウンター香港人香港IDカードを持っている人は直進して、自動入国カウンターから入国する。

香港IDカードを所有していると本当に便利だ。出入国でかなりの時間を節約できる。

しかし、連れが、日本から来た観光客の場合は、待たなければばならないので、意味が無いが。。。。

『九廣東鐡』チケットカウンター人民元そして、さらに直進すると、帰りの『九廣東鐡』のチケットの販売所がある。ここで、ためしに、人民元で支払おうとしたが、やはりだめだった。香港ドルしか利用できない。

オクトパスカードを持っている場合はそのまま改札に向おう。

支払い機械ファーストクラス階段で、ホームに下りると、手前がファーストクラスだ。オクトパスカードの場合は乗車の前に、専用の機械で支払うことを忘れないようにしよう。(行きのホームにはそこらじゅうに支払い機械があったが、こちらでは、1箇所しかないので(ほかにもあると思うが見つけられなかった)、ファーストクラスに乗車する行列に並んで、乗車直前に機械に通すしかない)

帰りも3分から5分おきに、列車は出発しているので、座れない時は、次の列車を待ったほうがいい。

こうして深圳日帰り旅行は終りをつげた。



FX6000009 at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(4)clip!

2006年11月19日

深セン 日帰り旅行(人民元口座開設 編) part14

東京からの客人と深圳(シンセン)の銀行に人民元の口座を開設するために、日帰りで、出かけることにした。 香港の香港上海銀行開設法は⇒こちらを参照

日本人ならば、15日以内ならば、ビザはいらない(カナダ兄弟の場合はビザが必要だ)

両替も不要だ。深圳(シンセン)の周辺では、香港ドルがマカオのように、利用できる。しかし、現在の為替レートは1HKドル=1.0018人民元なのだが、町中では、1HKドル=1人民元で計算されるので、ちょいと損するかんじだ。もちろんおつりの中国元は香港で使用できない。

『九廣東鐡(中間道)』九廣鐡路(KCR)まず、MTRで尖沙咀駅を下車して、F出口の『九廣東鐡(中間道)』(KCR East Raik)の看板を目印に移動しよう。

深圳(シンセン)へは、九廣鐡路』(KCR)という鉄道で移動することになる。

チケットオフィス徒歩5分くらいで、チケットカウンターに到着する。オクトパスカードを所有していない人はここで、チケットを購入しよう。

深圳(実際には、終点は羅湖駅で、そこで出国し、200メートルほど徒歩で移動し入国管理ビルで手続きをして深圳に突入する。)までは、普通席で36.5HKドルだが、ここは、ファーストクラス73HKドルを購入したい。

一等席普通席所要時間は約45分くらいなので、普通席はステンレス(写真右)の座席なのできつい、ファーストクラス(写真左)ならソファーの座席だ。といっても自由席だが、、

 

九廣鐡路(KCR)入口時刻表オクトパスカードを持っている人は、改札に直接向おう。改札の正面に時刻表があるが、4分前後の間隔で、羅湖駅行きが出ているのであせる必要はない。

 

羅湖ファーストクラス自動改札で入場したら、左奥がファーストクラスなのでそちらに地下1Fのホームに降りよう。1番線、2番線があるが、どちらでも羅湖駅行きなので、問題ない。

 

 

自動券売機オクトパスカードで入場した人は、ホームにあるファーストクラスの自動券売機にカードを接触させて料金を支払ってから乗車しよう。普通席に乗車して、ファーストクラスとの連結部分にあるチャージ機にオクトパスカードを接触させて、入場することも可能だ。しかし、ちょろまかして、万が一車掌に見つかると、大人は、500HKドル、子供は250HKドルの罰金だ。
(ちなみに、このときは、車掌は来なかった)

 

車窓『九廣東鐡(中間道)』の尖沙咀駅から、12個目の駅が終点の羅湖駅だ。
列車から景色を見ていると、だんだん、マンションなどの間隔が広まり、九龍や香港島とはまったく違う景色が展開してくる。、

 

 

車窓2九廣鐡路特に、9個目の駅『太和』を越えると、車窓からは山や林だけに変化してくる。

終点の羅湖駅右側が降り口だ。

 

改札右前方に進もう。改札をMTRのチケットまたはオクトパスカードで通過すると、出国カウンターだ。左は外国人専用だ。左端に出国カード記入コーナーがあるのでここで記入して順番を待とう。(ポールペンはないので持参しよう)

 

 

自動出国ゲート右側が香港スマートIDカードを持っている人の出国カウンターだ。自動出国ゲートになっているのでIDカードを入れて、指紋を照合すればすぐに出国できる。
ちなみに出国カウンター外国人用のカウンターが左から1〜11 香港移民カウンターが12〜58 かなりの数の出国カウンターがある。香港IDスマートカードを所有していれば、数分で出国できる。客人は外国人枠なので、30分弱待つことになった。

シンセンへ!出国カウンターを出ると合流して、『往深圳』 と書いてある看板に沿って直進する。(この前後の場所は撮影禁止らしいが、隠し撮りした)

 

 

深セン河入国カード小汚い深圳河にかかる橋を渡ると、今度は入国カウンターだ。

左側のテーブルでカードに記入しよう。ここでもボールペンはない。

 

入国カウンターへ入国カウンターそしてめでたく、深圳に入国だ。ここは、15分くらいで通過できた。

 

 

 

広場羅湖商業城まっすぐ直進すると広場のような、ところにでる。右側が羅湖商業城(写真右)だ。このショッピングアーケードで日本人女性はほとんどの買い物(ニセモノブランド)を済ませるようだ。

 

深圳は治安が悪いので、このビルから出ないほうがいいという話だ。

しかし、わたしたちは、HSBC(香港上海銀行)の深圳支店(プレミアムカウンター専用)人民元の口座を開設するという任務があるので、止む無く広場を直進した。しかし、かなり綺麗で治安の悪い様子はなかった。だいたい、襲われてから治安の悪さに気づくのが相場なので、なんともいえないが、、、、

地下道シャングリラホテル目的のHSBC(香港上海銀行)は、シャングリラホテル(写真右中央)の右隣にある。駅から真正面に見えるがかなり遠い。

 

 

地下道HSBC深セン支店200メートルほどすすんで、エスカレーターで一段さがりさらに、200メートルほど直進し、突き当たりを右にまがり、地下道(写真左)を進み、その先を地上にあがると、左手に目的のHSBC(香港上海銀行)が現れる。

HSBC応接さっそく、支店(プレミアムカウンター専用)に突入した。口座をオープンしたいと言うと、すぐに応接に通された。服装は昨日同様、短パン、Tシャツだ。もちろん、相手の銀行員は背広で決めている。

この支店はプレミアアカウント専用だが、口座開設するときはだれでも利用できる。口座開設後はインターネットバンキングを利用するので問題ない。

ここでも必要な書類は、日本からの客人は、パスポート国際免許証だけだった。

テレフォンPINナンバー封書私は、香港上海銀行キャッシュカードと、香港ID、念のため、香港上海銀行から毎月郵送されてくる、ステートメントを見せると、なんなく口座開設できた。

しかし、手際は悪く、口座開設に1時間以上待たされた。その場で入金もできる。日本円、香港ドルのままでも入金できるし、人民元に両替して入金することもできる。試しに、人民元に両替して20万円ほど入金してみた。

カード!日本からの客人は、手持ちの現金があまりなかったので、その日は1円も入金しなかったが、口座は開設できた。後日、日本から送金すればいい。

しかしさんざん待たされたあげくに、テレフォンバンキングのPIN番号の封書(写真左上)と、海外から振り込むときの注意書き(A41枚) 香港上海銀行のような外資系の銀行はキャッシュカードを発行することができないので、そのかわりに、口座番号が手書きでカード書かれた、二つ折りのちゃちな紙(写真左)を渡されただけだった。 通帳はない。

 インターネットバンキング登録&利用法下記にまとめて記載した。

本当にこれで、人民元口座が開設できたのか不安になった。

こちら深圳では、プレミアアカウントの最低預入金額が40万HKドル(約600万円)と香港より少額で済む。(香港は1500万円からだ)

人民元口座を開設して、人民元で預金すると、将来人民元切り上げがあった場合、利益を享受することができる。。。のだが、中国共産党政府は、かりに切り上げを実施した場合はそれによって利益を得た人々に税金をかけて、利益を圧縮すると言われているそうだ。。。
これは、あくまでも、予測なので、夢を買うつもりで、余剰資金で人民元預金をするのもいいだろう。歴史の証言者になれるかもしれない。あくまでも自己責任で投資してください。

500万円人民元預金をしていた場合、30%切り上げられたら、650万円くらいになるということだ、、、これは、日本円が360円から今の、118円前後になっているのと、しくみは同じだ。でも切り上げ前後は外貨への両替ができなくなる可能性もあるので、余裕資金で投資することが肝要だ。

香港上海銀行 深圳分行 755-8233-8016
2/F, China Resources Building
No.5001, Shennan Road East, Luohu District, Shenzhen 518010

口座開設後、あたりの町をうろうろしていると、証券会社の前にさしかかった。赤のジャケットを着た、セールスマンが、ビルの前で、客引きだ。東京からの客人が、あまりにもしつこいので『うるせえな〜』と日本語で言うと、急に、顔色を変えて、顔(ガン)を飛ばしてきた。これが、深圳(シンセン)でなければ、こんな、ちゃんころ(中国人)すぐに、皆殺しにしてやるのだが、なにせ、まわりは、ちゃんころ(中国人)ばかりなので、無視してその場を逃れた。

つづく、、、、、、、⇒ニセモノショップ&マッサージ編

【インターネットバンキング登録&利用法】
だいたいは香港上海銀行の香港口座と同じだ。
まず、翌日以降に

香港上海銀行 中国のホームページにアクセスしよう(香港上海銀行の香港とはアドレスが違うので注意)⇒こちら  

↓↓続き↓↓

続きを読む

FX6000009 at 11:08|PermalinkComments(0)TrackBack(14)clip!
オンラインウォレット口座開設
仮想通貨取引所 BXONE
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ