マカオフェリー

2009年09月19日

香港⇔マカオ  2か所のフェリー乗場3

マカオに行くには、フェリーに乗らなければならないが、

上環(香港島)と九龍の2か所から発着している。

マカオフェリーターミナルのほうが、24時間運航していて、

10分ほど乗船時間も短く、揺れも少ないので、お勧めだ。

すいているのは、チャイナフェリーのほうだが、

【香港島 上環】

港澳客輪埠頭マカオフェリーターミナル)⇒詳細

MTR港島線上環(ションワン)駅D出口直結

15分毎に発着

料金 片道134Hドル〜176HKドル

時間 50分前後

24時間運航

【九龍島】

中国客運埠頭(チャイナフェリーターミナル)⇒詳細

中港城MTR尖沙咀駅A1出口を出て海防道を進み廣東道に到着したら右折。
海港城を通り越して中港城(China Hong Kong City)というビルにある。




30分毎に発着

料金 片道133Hドル〜175HKドル

時間 60分〜75分

営業時間 7:00〜22:30

 

アフィリス パートナー募集

FX6000009 at 09:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年07月23日

マカオ(澳門)日帰り潜入記  ターボジェット4

ターボジェットカジノも含めいろいろな意味で、マカオ(澳門)観光は、人気のスポットだ。今回は仕事で訪問したので、観光はできなかったが、マカオの往復だけレポートしよう。

まず、マカオへは、フェリーで行くことになった。香港島の地下鉄MRTで終点(といっても中環(セントラル)から一駅だ)の上環(ションワン)で下車すると、地下通路でつながっていて、徒歩5分くらいで、マカオフェリーターミナルに到着する。ここから、ターボジェットという高速フェリーでマカオへ約1時間の旅だ。

ターボジェットは15分〜30分おきに、24時間運行されている。チケット売り場で、まずチケットを購入する。週末などは、混み合っているので、事前に購入しないと、待たされる。電話予約2921-6688できるようだ。

料金は 7時〜18時まで平日は138HKドル(240HKドル)
    7時〜18時まで土日祝日は150HKドル(256HKドル)
    18時15分〜朝6時まで 172HKドル(271HKドル)
カッコ内はスーパークラスだ。下船するとき優先的に降りれるほか、シートが若干広めだ。上記は片道料金で、香港⇒マカオの料金だ。マカオ⇒香港の料金は、すべて4HKドル高い 1HKドル=約15円

ターボジェット チケットカウンター東橋(EAST BRIDGE)10箇所くらいあるチケット窓口には、その上部に乗船可能な時間が表示されているので、すみやかにチケットを購入しよう。、その右側の東橋(EAST BRIDGE)から進入して、しばらく歩くと、イミグレーションがある。香港に入国した時にもらった出国カードにサインして通関する。

イミグレーションフェリーに乗る左手前に、係員がいるので、そこで、普通席の場合は小さい数字の書いてあるシールを、チケットの半券と交換でもらう。これが、座席の番号だ。友人と一緒の場合は、チケットを一緒に渡せば、隣同士にしてもらえる。
ちょいと早めに行ったほうが、好きな座席をゲットできる。なるべく窓際のほうが、景色はいい。

 

普通席普通席は、飛行機でいうとエコノミー席のようにせまい。

座席も倒すこともできない。通路側の席のほうが窮屈でなくていい。

 

 

スーパークラススーパークラスは、前方にあり、座席もゆるりとしていて、眺めもいい。
100HKドル(約1500円)高いので、どちらがいいかは、財布と相談してきめるしかない。

船内では、売店もあるので、ビールやジュース、おつまみなど購入することもできる。カップめんを注文して食っているやつが多かった。

景色船内でマカオへの入国カードが配られるが、ボールペンなどはないので、持っていったほうがいい。

昼間で快晴だったので、マカオまでの景色も最高だった。しかし、単調な景色が続くのですぐに寝てしまった。あっという間の1時間だ。

下船すると、入国カウンターで手続きをするが、これが意外に長蛇の列だ。のんびりスタンプを押しているので時間がかかる。とっととマカオ入国下船してカウンターに急いだほうが、時間を節約できる。HONG KONG RESIDENTS(香港居住者)VISITORSの カウンターがあるが、VISITORSから入国する。

実は、マカオは13年ぶりでその当時5回ほど訪問したが、いつも夜ばかりだったので、昼間に入国するのははじめてだ。昼はこういう景色だったのかと、あらためて堪能した。一緒に行った香港人が、13年前とは、全然違うだろうと言われたが、夜のネオンしか知らなターミナルロビーいので、なんとも答えられなかった。

マカオは中国に返還されたはずなのだが、通貨はパタカ(Pts)という、なさけない名前の紙幣が流通している。でも香港ドルと同価値(1パタカ=1HKドル)で、HKドルがそのまま利用できるので、両替する必要はない。ただし、パタカを香港ドルに両替しにくいので、使い切って出国するようにしたい。おみやげにするなら別だが、、、、

フレンドシップ・ブリッジ入国すると、ロビーでタクシーの客引きが、ひつこく付きまとってくるが、これはたぶん ぼったくりの運ちゃんなので、無視したほうがいいだろう。

ターミナルを出ると左側に、マカオに3つある大きな橋の一つ、フレンドシップ・ブリッジだ。ふゅにゃふゅにゃした橋だ。真っ白の橋で、フェリーからもよく見える。

歓楽街

200mくらいあるくと、ヤオハンデパートが左手にある。そしてその先は、有名な歓楽街だ、昼間のため、ぱっとしないが、確か夜になると、ネオンがぎらぎらだ!記憶が正しければ、上から下まですっぽしマッサージ&サウナの建物だ。

とりあえず、今回のマカオレポートは残念ながらここまでだ。

 

海老!そのあと会議をして、7時ころにマカオフェリーターミナルに戻ったが、フェリーが結構満杯で、1時間近く待たされた。することもないので、ターミナル内の中華料理屋で海老をつまみにビールをのんで出航を待った。

帰りも1時間、同じように、マカオでの出国手続き、そして香港での入国手続きを済ませて、移動時間のほうが長いマカオ2時間滞在の旅は終了した。


マカオ裏情報!!
香港のマカオ行きのフェリーターミナルがあるビルの上のほうには、○○○旅行社、という看板を出した旅行会社が、乱立しているしかしよく見ると、どうもいかがわしい女性の写真がウインドウに張り出されている。香港人に聞くと、マカオでのズッポシマッサージのチケットを販売しているそうだ。そして購入すると、なんとマカオ往復のチケットを無料でもらえるそうです。元気のある人はぜひトライしてもらいたい。一人=1500HKドル(約2万2千円) 

マカオ風俗情報はこちらに詳細があります。⇒マカオ風俗体験記!

ヘリコプターで16分の旅!                                           ヘリ・エクスプレス!そして、金はあるが、時間のない人に、お薦めなのが、ヘリコプター(12人乗り)でマカオに突入する方法だ。マカオフェリーチケットカウンターの右隣でチケットを販売している。30分おきに飛行している。マカオフェリーの屋上から発着する。マカオ側もフェリー乗り場の横だ。

マカオまでは、16分だ。金額は片道1800HKドル(約2万7千円) ちと高い!
9時30分〜22時59分まで運行
インターネットからの予約も可能だ。
ヘリ・エクスプレス』2108-9898

 参考⇒ マカオ タクシー事情 

      ポルトガル料理『フェルナンドス』   カジノ 『サンド・カジノ』 金沙娯楽場



FX6000009 at 00:31|PermalinkComments(1)TrackBack(6)clip!
ビットコイン
ビットコインのお財布を無料で作成しましょう! 簡単安心!ビットコイン取引所 coincheckbitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
おすすめ海外旅行保険
損保ジャパン日本興亜 新・海外旅行保険OFF!
Profile
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
Twitter・MIXI始めました
カテゴリー
ベラージオのクチコミ
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ