<$OGP$>

観光

2010年03月18日

マカオ 『エアマカオ』 新規就航 2010年3月28日 タンク将軍に朗報!5



おそろしい!

あの 投資の神様正義の味方 夜の帝王  タンク将軍が、

香港に、いや、マカオに進駐してくる。⇒ずっぽしサウナ

『ちょっと、、日本じゃ、タンクがすぐに満杯、マカオで空っぽにするで』

と電話がかかってきた。


目的はずばり、、マカオでタンク空っぽ作戦だ!

スパンスパン王子スパンスパン王子空いてる??マカオ案内してもらわんとな』

『海鮮料理とか、飲茶はどうします??』




『そんなもんいらんよ!! マカオでずっぽし!それだけよ〜〜〜ん』

香港は、素通り、、、、マカオへ直行!!

『今回は、マカオで2泊、、最低6発はできるな!』

タンク将軍の鼻息は荒い!

ところで、

2010年3月28日より、成田-マカオ直行便の、新規就航
する。

エアマカオ

週3便  火・木・日

タンク将軍のために、できたような、路線だ。

『これで、毎週マカオに突入できるな!』




便名     区間    出発時間/到着時間      曜日
 
NX828 マカオ-成田    9:00/14:25      木/日
 
NX827  成田-マカオ    15:30/19:15     木/日
 
NX828  マカオ-成田   9:30/14:55       火
 
NX827  成田-マカオ   15:55/19:45      火
 


ビバマカオという路線もある

ZG280便 成田21:00−−−01:20マカオ
ZG281便 マカオ14:30−−−19:45成田

運航曜日は、水曜と土曜の週2便

タンク将軍『タンク将軍と行くマカオずっぽしツアー2泊3日』

5月以降、、毎月企画しているそうだ。



申込&お問い合わせは⇒こちら!!!

 

 *↓香港の情報ならコチラ↓*
 
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ人気ブログランキングへ中国関連ブログランキングへ
にほんブログ村 

 

 



FX6000009 at 10:54|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2009年09月15日

マカオ ワンボックスカー貸切 半日ツアー3

ヘリマカオにヘリコプターで突入したが、

マカオのタクシーは狭いのと、英語もろくに通じない場合が多いので、




貸切観光ワンボックスカー
を利用することにした。

5人でもゆったりと座れる。

マカオ入国ゲートの付近でうろうろしているおやじに、適当に声をかけた。

首からカードのようなものをぶら下げているおやじが、もぐりではなさそうだったので交渉した。

おやじは、自分の車の写真やマカオの地図をみせて、

マカオ3時間観光で、1200マカオパタカ(約14,000円)だ。

と言ってきた。換算レートは香港ドルと同じだ。

ポルトガル料理『フェルナンドに最後行くので、そのあと、マカオフェリーターミナルまで送れ!!

というと、、、いやそうな顔をしながら、1500マカオパタカならいいと言われた。

まあ、タクシー2台で移動するのはたいへんなので、OKした。

ワンボックスカーおやじの車まで、徒歩で移動した。

天気は快晴!香港よりマカオは暑い! 炎天下に放置された車の中は灼熱地獄だ!




しばらくクーラーで冷やしたが、ぜんぜん効果がない。10年以上たったおんぼろワンボックスカーだった。

そのまま、乗り込み汗だくで移動開始だ。

最初に訪れたのは、

観音像『観音像』

孫逸仙大馬路に面した出島にある観音像は、高さ20メートル、重さ50トン





台座は、ハスになっている。  しかし! 暑いので車内から見学した。

次!

媽閣廟世界遺産の『媽閣廟』とその前にある『バラ広場』だ。






バラ広場一度、ピンク師匠と見学したこともあるので、クーラーがガンガンに聞いた売店でビールを飲んで休憩していた。

詳細⇒こちら


次!!

ペンニャ教会『ペンニャ教会』(西望洋聖堂)

世界遺産ではないが、ペンニャの丘に建つ教会だ。





ペンニャ教会内部1622年に建立された航海の安全を祈る聖地だ。







マカオタワーリスボア方面
教会前の広場からは、マカオタワーやリスボア、


中国大陸そして中国大陸まで一望できる。






ちゃんころちゃん〇ろが結婚の写真撮影をしていた。景色を見学していると撮影のじゃまになるからどけと言われた。

ふざけんじゃないぜ、ちゃん〇ろ! くそブスな花嫁だった。

次!

セナド広場『セナド広場』

コロニアル風の建物と石畳、いつもの風景だ。

広場の隅にある『義順牛〇公司』(女へんに乃)に突入した。


牛乳プリン
マカオ牛乳プリン
の店だ。

16マカオペセタ(約200円)で、冷たい牛乳プリンで 一息いれた。

とにかく暑い!、、、、

次!

聖ポール店主堂跡『聖ポール店主堂跡』(大三巴牌坊)

マカオでもっとも有名な世界文化遺産だ。

17世紀にイエズス会が建てた。




日本人殉教者長崎を追われた日本人キリシタンもここで、殉教している。

裏にある、地下聖堂(納骨堂)の入口には日本人殉教者の名簿もある。





カタコンベ骨骨も展示されている。










天主教藝術博物館天主教藝術博物館
の内部に突入だ。、








殉教者の絵日本人キリシタンが描いた長崎で十字架に貼り付けにされたキリシタンの絵も展示されている。

内部はエアコンが効いていてうれしい。。




ということで! 市内観光は終了した。

長瀬先生!腹ごしらえにポルトガル料理『フェルナンドに突入した。

いつもの料理とワインを注文した。



5時30分ころに突入したが、ほぼ満席で、6時ころ来たお客は待たされていた。

予約のできない店ということで有名だったが、どうやら予約ができるようになったようだ。

今度から予約してくることにしよう。。クレジットカードは利用不可だ。


ポルトガル料理『フェルナンド』の詳細⇒こちら!!

いつ来てもうまい店だ。。

 



FX6000009 at 01:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年08月06日

マカオタワー 世界一 バンジージャンプ4

香港に客人が日本からやってきた。高校時代の同級生だが、

実際に飲んだのは始めてだった。まあ、高校の卒業式以来という不思議な関係だ。

客人が来ると最近は、VSOP(ベリースペシャルワンパターン)なおもてなしをしてしまう。

初日は、鯉魚門という海鮮料理街で、海鮮料理を食べて、

2日目は、シティホールのワゴン式飲茶か、、

元気のいい友達が来ている場合は、最後の締めは、マカオだ!!!

今回も、マカオに突入することにした。しかし、客人のほかに、最近、マカオにはまっている

あのホモオダホモオ君ピンク師匠も飛び入り参加だ!!!

どうせ、十八サウナずっぽししたいためについてきたのだろう。。

ところが、今回は、違う、マカオタワーでバンジージャンプをするのだと気合いが入っている。

ホモオダホモオ君は、バンジー体験者だが、ピンク師匠は、バンジー処女、、しかも高所恐怖症だという。

大丈夫なのだろうか、、私は、そいうところで命を懸けたくないので、撮影部隊にまわった。

マカオフェリーの乗り方や、カジノずっぽしサウナ情報は、いままでのマカオブログを参考にしていただきたい。⇒マカオ情報はこちら

チケット売り場マカオフェリーターミナルからタクシーで15分ほどで、目的地のマカオタワーに到着した。

入口右側で、バンジージャンプの受付をしている。友人も含め3名で挑戦することになった。

 

入場券売り場で、タワーに上るだけだと、85マカオパタカ(1200円)だが、

バンジージャンプをするとなると、1288マカオパタカ(約1万8千円)(入場料、特製Tシャツ、認定書、会員証含む)かかる。

さらに、記念写真+CD+DVD がつくと、1888マカオパタカ(2万6千円) だ。

結構高いが、世界で一番高いところ(地上233M)から飛び降りるバンジージャンプだからしょうがない出費か、

再チャレンジカード気力財力がないとできない遊びだ。

一度支払をすますと、あとで、びびって飛べなくても料金は帰ってこないので注意

ただし1回飛ぶと、2回目、3回目は半額の488マカオペセタ 4回目は無料だ。

←カードを終了後もらえる。

 

 

バンジー受付早速マカオタワーのエレベーターに乗車した。否が応でも緊張感がはしる。。

58Fのメイン展望台で乗り換え、61Fのデッキ式展望台でエレベーターを降りると右側にバンジージャンプの受付がある。

 

 

サインここで、万が一死んでもかまいませんというような書類にサインさせられる。

 

 

 

バンジー特製Tシャツここでバンジー特製Tシャツに着替える(更衣室も完備) このTシャツを着ていれば、飛んだあとに、写真をもらいに、タワーのエレベーターに無料で乗車できる。

 

 

安全装置装着そして、バンジージャンプ用の安全装置を着用する。

ここで、総重量が110K以上だと失格だ。そんなデブは今回いなかった。

 

会社の友人に BBEF MAN(ビーフマン)と呼ばれる、肥満体のひとがいるのだが、

今日は来ていないので安心だ。マカオタワーからバンジージャンプしたら、タワーが倒れるかもしれないのでいなくてよかった。

命知らずの3人衆3名とも 表情がひきつっている。。でも笑っている。。

突然のにわか雨で、待たされることになった。。こういう時間がなかなかいやなものだ。

簡単に飛びおり方のレクチャーを受けると、さて、本番だ。。。少しずづ前に進み両手をひろげて、、

あとは、背中をポンと押されて、まっさかさまに落下だ、、、飛んでいるというより、落下しているといった

ほうが、正確な描写だ。。

あっと言う間の出来事で、うまく撮影できなかった。。撮影している方も足元がガラスなので何とも言えず怖い。

ピンク師匠のバンジージャンプ↓

ホモオダホモオ君のバンジージャンプ↓

マカオタワーの下にあるマット一人飛ぶのに、15分〜20分の時間がかかる。

3人飛び終わるのに、約1時間だ。

飛び降りたあとは、タワーの真下のマットにゆっくりと降下する。

マカオタワーの真下から撮影に成功!!


スカイウォークXちなみにマカオタワーの外側を歩きまわるスカイウォークXというバージョンもある。

こちらは、388マカオパタカ(約5500円)とお手頃だ。こちらは財力がなくてもOKだ!

 

ところで、BEEF MAN(ビーフマン)がみつけたマカオの貴重ばサイトを紹介しよう。。すばらしいホームページだ

その名も ⇒ マカオマンゾク』  

あの十八サウナもばっちり!女の子の写真入りだ システムも料金もバッチリ掲載!

おっと、、、本まである。『マカオ 香港 夜遊び地図』

マカオ香港夜遊び地図―現地人が案内する「安心MAP」 (C’s Mook 62)

さっそく、20冊注文してしまった。。完璧なガイドブックだった。

お勧めの一冊だ!

 

 

マカオタワー』  
営業時間    月−金 11:00−19:30
               土・日 10:00−19:30
電話           853−9988−656

バンジージャンプの営業時間
月ー金 11:00−18:00
 土・日 10:30−18:00

以前のブログ⇒マカオ半日観光(マカオ攻略法) vol.3 マカオタワー

料金がすごく値上がりしているのに驚いた。



FX6000009 at 21:20|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2006年10月25日

マカオ半日観光(マカオ攻略法) vol.3 マカオタワー3

マカオタワーギア灯台見学のあと、タクシーを見つけることができずに、ふもとまで徒歩(約10分)で降りることにした。そこでタクシーをひろって、マカオタワーにむかった。10分ほどで到着だ。あまり近すぎて、マカオタワーの全景を撮影することができなかった。

チケットカウンターまず正面のチケットカウンターでチケットを購入しよう。大人70MP(約1000円)だ。

 

 

 

アトラクションカウンターチケットカウンターの右側では、、スカイウォーク、マストトラム、スカイジャンプのアトラクションの受付もしている。命知らずの人は挑戦してみよう。

どうしても試してみたい人は料金等は、下記を参照してください。↓

 

スカイウォーク『スカイウォーク』 には2種類あって
スカイウォークX
地上233メートルのタワーの外側の手すりもなにもないところを歩く。真上にあるレールから下げられたロープが身体に繋がれているだけの状態
証明書、会員証、特製Tシャツ込みで 238マカオパカタ(約3600円)
証明書、会員証のみ  198マカオパカタ(約3,000円)

スカイウォーク 
地上216メートルの屋根付きの屋外通路の歩行だ。全天候型なので雨天でも可能だ。

証明書、会員証つき  160マカオパカタ(約2400円)

『マストトラム』
マカオタワーについている全長100メートルの梯子を上るアトラクションだ。のぼりくだりの所要時間は2時間だ。

証明書、特製Tシャツ込み  688マカオパカタ(約1万円)
2名の場合1人588マカオパカタ 3名の場合1人488マカオパカタ
だ。

『スカイジャンプ』
地上233メートルからのジャンプだ。
証明書、会員証、特製Tシャツ込み 588マカオパカタ(約9000円)
体重120キロ以下、年齢10歳以上 


宮島!チケットを購入したら、右側のエスカレーターから降りていく、なんと、日本の町を再現している。宮島の鳥居から始まりだ、
三波春夫『東京五輪音頭』 の歌が流れていた。つまずきそなった。 歌詞が笑える。

 オリンピックの 顔と顔
 ♪ソレトトント トトント 顔と顔〜〜   なんじゃこりゃ!!

雷門歌舞伎町 そして 浅草の雷門もある。マカオタワーへは、歌舞伎町一番街を通過していかなかればならない。

さすがに、ピンサロや、ファッションマッサージなどのピンク街はなかった。残念だ。

出前一丁出前一丁記念撮影そのかわりに、出前一丁ラーメンコーナー(ラーメン歴史資料館)があった。

香港人はラーメンが大好きだ。しかも、出前一丁が一番ポピュラーなブランドだ。このコーナーにもたくさんの香港人がいて記念撮影までしている。

郵便ポスト四大ラーメン?!郵便ポストまであるが、実際に利用はされていない。

勝手に日本4大風味ラーメンとして、博多、横浜、函館、札幌になっているが、本当にそうなのだろうか????


北海道サッポロ次は北海道コーナーだ。

札幌、函館、小樽などの町の写真が並んでいる。でも石原裕次郎記念館はなかった。

 

「顔出しパネル」日本でよく遊園地である記念撮影用「顔出しパネル」がたくさんおいてある。

マカオタワーに登る人は皆、このくだらない日本町を通ることになる。しかし、これが日本だと思われても困るぜ!

 

スカイタワーエスカレーター入口メイン展望台やっとのことで、マカオタワーのエレベーター入口(写真左)に到着した。

58Fメイン展望台まで数十秒で到着だ。

 

59Fからの景色足元のガラス窓360度パノラマ展望台からは、マカオの景色を眼下見ることができる。足元がガラス越しの場所では、安全とわかっていても足がすくむ。 

 

 

61F受付デッキ式展望台61Fの板張りのデッキ式展望台にも行った。スカイウォークスカイジャンプを体験する人はここで、準備をする。

 

 

スカイウォークXすでにスカイウォークXを楽しんでいる若者3人がいた。カメラを向けるとポーズまでとっている。

かなり大胆な若者で周囲を走り回っていた。

 

 

マカオタワーからの夜景そろそろ、日が暮れてきた。夕暮れ時のマカオタワーからの眺めも最高だ。カジノのネオンが綺麗に見える。


マカオタワーは夕暮れ時に訪れるのがいいかもしれない。

 

へんてこTシャツエレベーターに乗って降りようとすると、へんてこりんなTシャツを着たちゃんころ(中国人)に遭遇して。『フジンフウシン』なんじゃこりゃ!! 夫人が風疹にでもなったのか!

きもいTシャツだ。これでもおしゃれだとおもっているのか?あほ!


そろそろ腹が減ってきたので、夕飯にポルトガル料理を食べに行く事にした。 続く。。。。

 

 



FX6000009 at 01:05|PermalinkComments(0)TrackBack(4)clip!

2006年09月27日

香港 マカオ(澳門)日帰り潜入記 part33

またまた、週末にマカオに行くことになった。毎週のようにマカオに進入している。しかし、今回は日中に行くことになった。いままで何回となくマカオに突入しているが、昼間訪れるのははじめてだ。

あやしい旅行社10時にマカオフェリー乗り場クリス&ジョンと待ち合わせをしたが、金曜日朝7時半まで飲んでいたというクリスは、当然、寝坊だ。電話をすると家で寝ていた。10時35分のフェリーのチケットを購入していたが、クリスが二日酔いで真っ青な顔をしてあらわれたのは10時45分すぎだった。その間、ジョンと、マカオフェリーチケット売場の周りにある。あやしい旅行社の撮影に成功した。

呼び込みのおじさんがいるので、コッソリ撮影した。

怪しげな広告しかし、「マッサージ+ ほんばん」の看板には笑ってしまった。ジョンになんでおかしいのかと聞かれて、英語で説明するのもばかばかしかった。しかし、2人の日本人のおじさんが、真剣な顔をして客引にいろいろ質問している姿も滑稽だった。。

 

 

ターボジェットチケットそれはともかく、クリス&ジョンと10時35分のフェリーチケットを持って強引にフェリー乗り場にむかった。週末はどの船も満席なので、一瞬まずいかと思ったが、なんとかどさくさにまぎれて11時のフェリーに乗船することができた。⇒ターボジェット詳細

乗船する直前に、チケットに赤いシールのようなものを貼られるがこれが、船内の座席番号だ。

e-Channelところで、2006年9月12日からちょっと、スマートIDカードを所有していると出入国が便利になった。e-Channel』というサービスが始った。香港出入国の際に、用紙に記入しなくても、専用の出入り口にIDカードを通して、指紋を機械にかざすだけだ。週末などはマカオの出入国は観光客で非常に混雑しているが、これなら、並ばなくてすぐにイミグレーションを通過できる。

天気が、悪く船が相当揺れた。1時間でマカオに到着すると、お決まりのポルトガルレストラン『フェルナンドス』にタクシーで向った。タクシーのオヤジは、英語がまったく通じなかったのでジョンが中国語で場所を説明してやっと出発だ。マカオタクシー詳細

このタクシーのおやじよく見ると、相当なジジィだ。制限速度以下の40k前後でとろとろ走っている。しかも、2車線の道路の真ん中を!!しかも遠回りしていつもと違う橋を渡っている。むかついたので、蹴りをいれようかと思ったが、アクセルを踏む足が震えている。。。完全にモウロクしているようだ。あまりプレッシャーをかけて、心臓麻痺で死なれた困るので止めておいた。

マカオの海クリス&ジョンも乗車中は黙っていたが、下車したとたんに、日本語で「おじ〜〜いさん ノーグッド!too slow ! 馬鹿やろ〜」と叫んでいた。まだ私が料金を支払っているのに、

なんとか『フェルナンド』に到着した。右手をみると海がひろがっているではないか、しかし、天気が悪く、水も汚くにごっていて景色も最悪だった。天気のいい日の夕方は綺麗らしい。。

丸焼きの豚店先のバー夜も行列の店だが、昼も行列だった。脇のバーでサングリアを飲みながら、順番が来るのをまった。

暇だったので厨房に忍び込み、豚の丸焼きを撮影してきた。結構グロテスクだ。

料理はいつものを注文したので前回を参考にしてほしい。。詳細⇒こちら

フェルナンデス 入口ポルトガル料理『フェルナンド』RESTAURANTE FERNANDO
電話番号 882264 予約不可
営業時間 12:00−21:30
Praia de Hac Sa No.9 Coioane, Macau
澳門路環黒沙海灘9號



FX6000009 at 10:27|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!
オンラインウォレット口座開設
仮想通貨取引所 BXONE
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
ベラージオのクチコミ
Twitter プロフィール
香港・周辺諸国のグルメ、観光、投資などいろいろな情報を毎日アップします
月別アーカイブ