<$OGP$>

2009年10月18日

ベトナム進軍記 戦争証跡博物館 ホーチミン5

ベトナム ホーチミンに行ったら、必ず訪れてもらいたい場所だ。

戦争とは何かを考えさせられる場所なのだ。

戦争証跡博物館ドンコイ通りから車で15分ほどのところにあるこの戦争証跡博物館は、建物の周囲に

ベトナム戦争で使用された兵器、内部は、戦争当時の写真が展示されている。



入場料は15,000ドン(約75円)
 


最低2時間くらいは時間をかけて見学したいところだ、

12時〜13時30分は昼休みで閉館されているので気をつけよう。

さっそく、入口で入場券を購入した。日本語パンフレットがあるのでもらって行こう。

突入するとすぐ右側に

M.48 A3 TANKアメリカ軍 M.48 A3 TANK が ガツンと登場だ!

第2次世界大戦後の米軍の主力戦車だ。愛称はパットンだ!



さらに奥には、

M.41 TANKM.41 TANK だ  M.48 より小型の軽戦車だ。

最大速度は、70キロだ





175mm 自走砲M107次は、175mm 自走砲M107だ! 

最大射程32,700メートルだ!





A-1 SKYRAIDER 一番奥には、ダグラス社のA-1 SKYRAIDER 

米海軍の爆撃・雷撃兼用艦上攻撃機







戦闘機中央に戻ると、左側に戦闘機






A-37 FIGHTER-BOMBER 右側には A-37 FIGHTER-BOMBER 







UH-1Hヘリコプター そして、ベトナム戦争といえば、

ヘリコプターだ!!!!

UH-1Hヘリコプター 



日本の陸上自衛隊でも採用されている。

そして、この二つの特殊爆弾!

CBU-55B爆弾左側が、500メートル半径内の酸素を消滅させる CBU-55B爆弾

右側は、重さ7トン半径100メートルのすべてを

破壊する地震爆弾BLU-82 だ。

そして、博物館の内部に侵入した。

べトコン1Fから見学を開始したが、目を覆うような写真の数々、

頭と手だけになったベトナム兵の持ち上げる米兵





ソンミ村大虐殺ソンミ村大虐殺
 504名の村民が機関銃で虐殺された事件だ。

この事件に関係した米国軍人は、いずれも釈放されている。




逃げまどう少女川を渡る家族あまりにも有名な写真の数々、、






2Fにあがると、日本人写真家が撮影した写真もあり、日本語の説明もある。

引きずられる死体トンネルに潜んでいるべトコンに手りゅう弾を投げつけ殺害後、引きずり出している写真もある。





赤旗日本共産党
の赤旗の宣伝チラシもある。

聖教新聞はなかった。






べトちゃん&ドクちゃんベトちゃん&ドクちゃんも!!







枯葉剤散布枯葉剤散布!


数時間後にはジャングルが、丸裸に




枯れたジャングルアメリカ軍は、ベトナム戦争中 7900万リットルのダイオキシンや枯葉剤を散布した。






奇形児その井戸水を飲んだ親からは、どんどん 奇形児が生まれた。






『SCARS OF THE VIETNAM WAR』
というコーナーでは、

枯葉剤遺伝子異常目を覆いたくなるような

写真の数々が展示されていた。

顔が、変形してしまった人、




目がない子供目がない子供、

手段を選ばない作戦が生んだ悲劇だ。





鼻が変形戦争のむごたらしさが、、ここからは伝わってくる。






戦争証跡博物館の外には、

タイガーゲージ(虎の檻)ベトナム戦争時代の負の遺産 

コンダオ島にあったタイガーゲージ(虎の檻)が 再現されている。




拷問の数々政治犯などが収容され、

さまざまな拷問で、多くの 囚人が命を落としている。




ろう人形独居房がろう人形とともに再現されいる。







ギロチン処刑に使われた ギロチン

虐待された人々の写真も展示されている。





戦争証跡博物館 39302112
ホーチミン市第3区ボーバンタン通り28番
見学時間 7:30−12:00 13:30−17:00
年中無休



このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
オンラインウォレット口座開設
仮想通貨取引所 BXONE
KaitekiTV
“kaiteki”
Facebook
facebook の友達申請は誰でもどうぞ!メッセージを一言お願いします

facebook_icon
カテゴリー
Twitter プロフィール
フォロー大歓迎です!
月別アーカイブ